ブログパーツ Twitter

« カゼひいた | トップページ | Windows7ベータ版をインストール »

2009.01.09

Windows7へのために...

「カゼ」はすっかりよくなりました。
(インフルエンザではありませんでした。)

さて、Microsoftの次期OSであるWindows 7の、

パブリックベータ版のダウンロードが始まりますね。

英語版が9日からで、日本語版が13日からだそうです。
(英語版のWindows 7のページはこちら。)
※1/11追記
日本語版も同時にダウンロード開始になっています(下の追記を参照)。

もちろん「ベータ版」ですから、普段使用しているPCにインストールなどは、

やらないほうがいいことはわかっています。

でもいじってみたい!

というときに当然考えつくのが、

仮想マシンにインストール

です。

webで調べてみたところ、どうやら「Virtual PC 2007上で7は動く」ようです。
(流出したプレベータ版を動かした報告がいくつか見つかりました。)

そこで私も準備することにしました。

Virtual PC 2007 SP1のインストールです。
※SP1でないVirtual PC 2007は導入済。

「SP1」自体はずいぶん前に出ていることは知っていたのですが、

これまで入れていませんでした。

7の実行にSP1が必須なわけでもないように思いますが、

入れておいたほうがトラブルの可能性は減るだろうと思い、

今回インストールしました。

インストール自体はすぐ済むのですが、途中で、

「保存していない設定が破棄される」旨の警告だの、
(文言ははっきり覚えていません)

「エクスプローラが動いているから止めろ」だの、
(文言ははっきり覚えていません)

メッセージが出ます。

ちなみに、エクスプローラをメッセージ中のプロセスIDを参照して停止すると、

Vistaのタスクバーが消えました...
(シェルのエクスプローラなんか止めさせるなよ!-インストール終了後にCtrl+Alt+Delから再起動してOK。)

今のところ、今までの仮想PC(Win2000)に問題は起きていません。

7のダウンロードですが、おそらく13日にはかなり混雑するでしょうから、

実際に7を試せるのは数日あとになるかな?

個人的には、「フォルダの表示設定をWindowsに勝手に変えられる」のが

改善されていることを期待しています。

結論:VMWareに浮気しようか考え中...


・1/10追記

英語版ダウンロード、予想通り大混雑で、提供延期だそうです。

「Windows 7」β版、アクセス集中でダウンロード提供に遅れ

こりゃ、日本語版も「確実」だな。
(日本語版を待つより、英語版に日本語パックをいれてみようかな。)


・1/11追記

英語版ダウンロードのページが再開されています。

Get the Beta

ダウンロードする言語を選択する部分に、

「Japanese」

があるんですけど...


・1/12追記

ITMediaの記事によると、公開期間・件数に制限があるようです。

Windows 7 β、ようやくダウンロード開始

> Microsoftは当初、β版のダウンロード数が250万件に達したら公開を打ち切る予定だったが、ユーザーの関心の高さを考慮し、向こう2週間(1月24日まで)はダウンロード数が250万件を超えても公開を続けることにしたという。

ダウンロードはお早めに。

« カゼひいた | トップページ | Windows7ベータ版をインストール »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カゼひいた | トップページ | Windows7ベータ版をインストール »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ