ブログパーツ Twitter

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009.01.27

京阪電車の新ロングシート

旧暦でも新年(26日)になって、気持ちも新たにがんばりたい!んだけどなぁ...

京阪電車が従来からの車両に、新しいロングシートを投入してきているようです。
※これを書いている現在、京阪のサイトに関連の情報は見つけられませんでした。

今日帰宅するとき、京阪淀屋橋駅から特急に乗りました。
(時間帯によっては、ロングシートの車両が特急としても使用される。)

電車が入ってきてすぐに目に付いたのが、

シートの背もたれの部分につけられた、座る位置を示すような模様。
(従来のシートは全体が1色で模様なし。)

「おや?」と思いながら車内に進んでみてびっくり。

座る位置ごとにシートにはっきりわかる「くぼみ」が付いている!

完全独立ではない、いわゆる「バケットシート」になっていたのです。


これは大歓迎です。

7人がけのロングシートに隙間だらけで5人で占領していたり、

明らかに2人座れるだけのスペースが開いているときにその真ん中に座ったり、

などとマナーの悪さが目につくのはどこも一緒。

座りたいときにそのような光景を目にすると、がっかりします。

「座る位置の自由」がある場合は、その自由に対する「責任」が当然あるわけで。
(「1人でも多く座れるように詰めて座る」のもその1つですね。)

その責任を果たせない、あるいは「果たすつもりがない」のであれば、

自由のほうが制限されていくというのは、よく知られているはずなんだけれどなぁ。


以前に何かで読んだところによると、

ロングシートをバケット化やセパレート化すると、

電鉄会社に抗議の電話が殺到するとか。

確かに体の横幅のサイズが大きい方々は、窮屈な思いをすることになるでしょう。

窮屈でも座れるだけいいじゃないかと思うんですけどねぇ。

窮屈でイヤより、立たされるほうがもっとイヤなんじゃないの?


今回のロングシートが、ゆくゆくは全ての車両に設定されるのかは、

わかりません。
※最初に書いたように、これに関する発表などが見つけられない。

これによって、今まで座れなかった人が1人でも多く座れるようになりますように。

結論:ちょっとした譲り合いで心がほっとすることって、ありませんか?

2009.01.24

Windows 7の続報 と Mac OS X

カゼはなおったみたい、です。
(「眠くなる風邪薬」がよく効いたようです。)

さて、お待たせしました。

Windows 7の続報とMac OS Xに関する話題

です。
(お待たせした割には、たいした話ではありませんよ。)

まずはWindows 7から。

「なぜ名前が7なのか」というときに言及される、バージョン番号を確認してみました。

Windows 7のバージョンは6.1
(あちこちで言及されているとおり、「6.1」なんですね。)

個人的には、「Vistaに対する『Vista 3.5』が出て欲しい」と思っていたので、
(「3.5」とは、Windows NT(NT 3.0)の遅さを改善した「NT 3.5」に引っ掛けたもの)

バージョン番号が「7.0」でないことは気にもなりません。

しかし今だに、

「Windowsのバージョンの頭が『6と等しくない』ならばバージョン不足と判定」

というチェック方法をとっているアプリが多いんですかね?
(「『6より小さい』というチェックにして欲しい」とMSはずっと言っていますよね。)


実はこのとき、起動時に問題が発生していたのでした。

※クリックすると拡大します。
ゴミ箱が壊れた
(まだインストールして、たいして日も経っていないのに...)

こんなメッセージ、いままで他のWindowsでは見たことがありません。

幸いにもこのとき、ゴミ箱に入っていたのは、

以前の記事を書くために画面をキャプチャした画像数点のみ。

当然「はい」で続行しましたが、途中で、

$RECYCLE.BINを削除しますか
※メッセージははっきり覚えていません

というメッセージが出たので、「それはあかんやろ」と、

これだけは「いいえ」にしました。

その後、特に問題は起きていないようです。
(「はい」にしていたらどうなっていたのかにも、一抹の興味が...)


さて、またVistaと7の違う点を見つけました。

Vistaと7で、「フォルダ オプション」の設定項目に違いがありました。
※7では「フォルダー オプション」

左がVista、右が7の設定画面です。

※クリックすると拡大します。
フォルダの表示設定の違い
(赤の下線を引いた項目が、それぞれ相手側にはありません。)

一部の項目が「MSがお勧めしない」設定になっていますが、

もちろんわかってやっていますので、ご安心を。

それにしてもVista側にある「各フォルダの表示設定を保存する」チェック。

フォルダで「大アイコン」や「詳細」といった表示設定を「一時的」に変えても、

他に行って戻ってきたら表示が元に戻ることを期待して、チェックをはずしているんです。

しかし効果がないのはなぜなんでしょう。

意味がない項目なので、7ではなくなったのかな?


さて、次はMac OS X

じつはこれから紹介する話題、

著作権法的には「かぎりなく黒にちかい灰色」なんですが...

ネットブックに『Mac OS X』を搭載する方法

1週間以上も前に出た記事なので、すでにご存知の方も多いかも。

少し前まで、「Appleはネットブックを出す?出さない?」が話題でしたが、

いまやすっかり「Jobsの健康状態は?」に話題を奪われた感がありますね。


結論:よく考えたら7は、「ゲーム」と「IE8」以外はそこそこな速度で動いている

2009.01.21

またカゼひいた?

帰宅するまでは、「ちょっとおかしいかな」程度だったのですが、

今は歩くとふらふらします。
(熱はたいしたことない。)

先日から、「Windows 7の続報とMac OS Xに関する話題」を用意していたのですが、
(「7でゴミ箱が壊れた」という、おいしい話があるんですが...)

仕事がしんどかったりして執筆を先延ばしにしているうちに、

このざまです。

眠くなる風邪薬を飲んだので、もう寝ます。

結論:元気があれば何でもできる!のに...

2009.01.12

Windows 7のいろいろ

Windows 7を動かしてみて、気づいたことをいくつか。

まず、日本語化は完全ではないようです。

率は少ないのですが、英語のままのメニューが散見されました。

英語のままのメニュー
(タスクバーで右クリックしたときのメニューです。)

※1/14追記
下にも書いたのですが、日本語サイトからダウンロードしたものは、英語サイトから「Japanese」を指定してダウンロードしたものと日本語表記が一部異なるようです。
そちらではメニューもきちんと日本語化されているのかもしれません(未確認)。


それからやっぱり動作速度ですね。

Virtual PC上で動かしているとはいえ、同様の英語版XP SP3と比べても、

XPがスムーズなのに対して、

7は「もっさり」。

不要なサービスを停止したりして、速度向上を図ったのですが、
(速度向上方法はVista用を参照しました)

「もっさり」感は解消しませんね。

実PCのCPUは、「Athlon 64 3000+ 2.00GHz」のはずなのですが...

システム
(「9 MHz」って、遅すぎ!)
※クリックすると拡大します。

でも逆に、9MHzと判定されるにしてはキビキビと動いている、とも言えるかな。

Virtual PCでAeroが使えないためか、

グラフィックを使用するゲーム類は遅さが際立ちます。
(ゲーム起動時に「ゲームはソフトウエア レンダリング モードで実行中です」のダイアログが出ます。)


コントロールパネルの構成がVistaでガラッと変わって批判の対象になりましたが、

7もVistaのものを基本にしていました。
(XP派の方々、残念でした。)


では、Vistaと変わっているところを2つほど。
(私がwebの記事では見たことがない点を。)

電卓はVistaが出たときに、「XPのと変わらん!」と批判されたものですが、

デザインに加えて機能にも変更点が...

電卓の「モード」
(電卓は4種類に。)
※クリックしても拡大しません(笑)。


ペイントが「リボンインターフェイス」を採用したのは報じられていましたが、これはどうかな?

保存時の形式の初期値が「BMP」ではありませんでした。

ペイントの保存ダイアログ
(ペイントの初期形式が「PNG」に。※BMPも選択肢にあります。)
※クリックすると拡大します。

結論:何度も言いますが、製品ではガラッと変わっている可能性、大...


・1/13追記

「9 MHz」の件、フィードバックしておきました。
(今日表示させると、「8 MHz」に悪化していましたが。)

でもこれはVirtual PC上で動かしているからで、7の問題じゃないかもしれません。


・1/14追記

日本語サイトからもダウンロードできるようになったようです。

マイクロソフト、次期Windows“Windows 7”の日本語ベータ版を一般向けに公開

上記記事中の7の画面で気になったことが...

私の7では、ウインドウ右上の「フィードバックの送信」となっている部分が、

記事の画像では「不具合レポートの送信」になっているのです。

もしかしてこちらが正式な「日本語版」なのかも!

2009.01.11

Windows7ベータ版をインストール

Windows7ベータ版をインストールしました。

先日の記事の追記に書いたように、ダウンロードサイトの言語選択に

「Japanese」

があったので、ダウンロードしてインストールに挑戦しました。
(もちろん、「Virtual PC 2007に」です。)

ADSL12Mなので、ダウンロードにはかなり時間がかかりましたが、無事終了。
(ファイル名に「Ultimate」と付くので、無条件にUltimate版になるようです。)

Virtual PCで仮想PCを、

メモリ1G
ハードディスク40G

で作成し、

※注:Windows7の推奨ハードウェアの最小要件
・1 GHz 32 ビットまたは 64 ビットのプロセッサ
・1 GB のシステム メモリ
・16 GB の空きハード ディスク領域
・128 MB のメモリを搭載した DirectX 9 をサポートするグラフィックス (Aero テーマを有効にする場合に必要)
・DVD-R/W ドライブ
・インターネット アクセス (ベータ版のダウンロードと更新プログラムの入手に必要)

ダウンロードしたISOを仮想CDにセットして、インストール開始!

「Loading Windows」(だったか?)の表示が出て、ワクワクしてきました!

と、突然次のメッセージが!

Windows failed to start.

「何が起こったのか?」と、メッセージをよく見てみると...

エラーメッセージ全体
(黄色の下線を引いた場所に「64-bit applicateion」とあります。 )
※黄色の線は実際の画面にはありません。
※クリックすると拡大します。

いつもの癖で「64bit版」をダウンロードしていたのですね。

実PCはAthlon64で64bitですが、仮想PCは32bitなので

「32bit版」をダウンロードしないといけないのでした。

またまた長い時間をかけて、32bit版をダウンロードし、再度挑戦!

今度はうまくいったようです。

インストール方法の選択
(「カスタム」とあるのが、新規インストール用です。)
※クリックすると拡大します。

これを選択すると、あとはしばらく放置...

最後にコンピュータ名などの情報を入力すると、

無事起動しました。
(ダウンロード開始から起動までに約半日かかりました。)

Windows7の画面
(背景のVistaの表示と比べてください。ゴミ箱がでかい!)
※7側の解像度は小さくしています(896x600)。
※クリックすると拡大します。

動作については、やはり少々「もっさり」なのはしかたないでしょうかね。
(defaultのままなので、速度重視の設定にしてみようかな。)

8月まで遊べるかな?

インストールの説明ページに以下の記述があります。
> Windows 7 ベータ版プログラムは、2009 年 8 月 1 日に機能を停止します。

結論:いつものことですが、製品ではガラッと変わっている可能性、大...

2009.01.09

Windows7へのために...

「カゼ」はすっかりよくなりました。
(インフルエンザではありませんでした。)

さて、Microsoftの次期OSであるWindows 7の、

パブリックベータ版のダウンロードが始まりますね。

英語版が9日からで、日本語版が13日からだそうです。
(英語版のWindows 7のページはこちら。)
※1/11追記
日本語版も同時にダウンロード開始になっています(下の追記を参照)。

もちろん「ベータ版」ですから、普段使用しているPCにインストールなどは、

やらないほうがいいことはわかっています。

でもいじってみたい!

というときに当然考えつくのが、

仮想マシンにインストール

です。

webで調べてみたところ、どうやら「Virtual PC 2007上で7は動く」ようです。
(流出したプレベータ版を動かした報告がいくつか見つかりました。)

そこで私も準備することにしました。

Virtual PC 2007 SP1のインストールです。
※SP1でないVirtual PC 2007は導入済。

「SP1」自体はずいぶん前に出ていることは知っていたのですが、

これまで入れていませんでした。

7の実行にSP1が必須なわけでもないように思いますが、

入れておいたほうがトラブルの可能性は減るだろうと思い、

今回インストールしました。

インストール自体はすぐ済むのですが、途中で、

「保存していない設定が破棄される」旨の警告だの、
(文言ははっきり覚えていません)

「エクスプローラが動いているから止めろ」だの、
(文言ははっきり覚えていません)

メッセージが出ます。

ちなみに、エクスプローラをメッセージ中のプロセスIDを参照して停止すると、

Vistaのタスクバーが消えました...
(シェルのエクスプローラなんか止めさせるなよ!-インストール終了後にCtrl+Alt+Delから再起動してOK。)

今のところ、今までの仮想PC(Win2000)に問題は起きていません。

7のダウンロードですが、おそらく13日にはかなり混雑するでしょうから、

実際に7を試せるのは数日あとになるかな?

個人的には、「フォルダの表示設定をWindowsに勝手に変えられる」のが

改善されていることを期待しています。

結論:VMWareに浮気しようか考え中...


・1/10追記

英語版ダウンロード、予想通り大混雑で、提供延期だそうです。

「Windows 7」β版、アクセス集中でダウンロード提供に遅れ

こりゃ、日本語版も「確実」だな。
(日本語版を待つより、英語版に日本語パックをいれてみようかな。)


・1/11追記

英語版ダウンロードのページが再開されています。

Get the Beta

ダウンロードする言語を選択する部分に、

「Japanese」

があるんですけど...


・1/12追記

ITMediaの記事によると、公開期間・件数に制限があるようです。

Windows 7 β、ようやくダウンロード開始

> Microsoftは当初、β版のダウンロード数が250万件に達したら公開を打ち切る予定だったが、ユーザーの関心の高さを考慮し、向こう2週間(1月24日まで)はダウンロード数が250万件を超えても公開を続けることにしたという。

ダウンロードはお早めに。

2009.01.06

カゼひいた

例年より長い休みでボケたのでしょうか?

カゼをひいてしまったようです。

えらくしんどくて、おまけに寒気もあったので、

先ほど体温を測ってみたところ...

37.9℃!

結論:あったかくして寝るのに限ります

2009.01.03

謹賀新年2009

あけましておめでとうございます。

本年も本ブログに倍旧のご愛顧を賜りますようお願いします。

新年最初は、例年通り「プエルねた」です。
2006年, 2007年, 2008年

福ちゃん(我が家のプリモプエル)から、皆様に新年のご挨拶です。

ごあいさつ
(ことしもよろしくおねがいします!) ※帽子かぶったままでごめんなさい。


さて、初詣に行って、「おみくじ」をひいてきました。
(おみくじを引いたのは昨年までとは別の神社-別に昨年までの神社が悪かったわけじゃないよ。)

1昨年が「小吉」。

昨年が「末吉」で2ランクダウン。
※7段階の場合。

はたして今年は?

今年のおみくじは「吉」
(ことしは「きち」なんだって。まえとデザインがちがうねぇ~。)

やった!末吉より1ランクアップ!!

内容については、良いことばかり!

ではもちろんありませんでした...
(具体的な文言については、「ひぃみつぅ!」)


さて、おめでたいお正月には、

おめでたいものをいただきましょうか。

母:福ちゃん、「あれ」取ってきて。

福ちゃん:はーい。

おまんじゅう大好き!
(とっても「おめでたい」おまんじゅうなんだって!どれがいいかなぁ。)

パッケージに「寿」ってあるだけなんですけど(苦笑)。

皆様にもおめでたさをおすそわけ!

今年も元気でがんばるぞ!!

結論:元気が一番!元気があれば何でもできる!1・2・さぁ~ん(ナベアツ風に)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ