ブログパーツ Twitter

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008.09.27

自転車2題

昨日(26日)は夏休み第3弾でしたが、またもや「雨」...
(計5日の夏休みのうち、晴れたのは旅行に行った2日(8月28日,同29日)だけとは。)

このところずっと週末は、仕事の疲れをとるのに精一杯で、

外出して楽しむようなことは何もできていません。
(自転車、カート、など。)

その代わりとはとてもいえませんが、webで見つけた「自転車」に関する話題を2つほど。


1.自転車の世界最高記録を更新

以前、「自転車で目指そう130km/h!」という記事で、

『ワールド・ヒューマン・パワード・スピード・チャレンジ』(WHPSC)というイベントを紹介しましたが、

今年の同大会で新記録が誕生したようです。

時速132キロメートル:自転車の世界最高記録を達成

2ページ目に動画(8秒)があるのですが、

私の環境では回線の性能(ADSL12M)のためか、残念ながら少々ギクシャクしてしまっており、

スピード感がいまひとつ感じられませんでした。

しかし記事中にある、

> 気温が高い方が大気の密度が薄くなるので、空気抵抗が減る

は、「目からうろこ」でしたね。

私なんか1時間あまり走っての平均速度は「10km」切ってるし...

いつぞやには「気温の高さ」に熱射病になりかかったこともあるし...
(たしかこのときだったかと。)

「間逆な世界」だけにあこがれるのかな?


2.日経系のサイトにタルタルーガの紹介記事が!

「タルタルーガ」というのは、私も愛用している自転車のブランドです。
(「愛用」といっても、故障もあって、今年はまったく乗れていない。)

ゴルフに行かない休日はミニベロを積んで出かけよう

5種類のミニベロ(※いわゆる小径車のこと)が紹介されています。

4台目に私も持っている「TARTARUGA TYPE-F」が紹介されています。
(紹介されているのはおそらく「ver.1.55」。私の持っているのは「ver1.0 2004年モデル」。)

ちなみに5台目に紹介されている「ストライダ」に関しては、以前に以下の記事で触れています。
街中で「おむすび」を見つける
CYCLE MODE international 2005 OSAKA

結論:今年のサイクルモード大阪は、11月2日・3日。

2008.09.21

VirtualPCにインストールしたのは...

夏休み第2弾(18,19)は、台風のためどこへも行けませんでした。
(残るは26日(金)のみ。)

さて次の画面は、なんのOSでしょう?

Windows XP?
(あれ?これはVistaでもWindows 2000でもないですねぇ。)

Virtual PCにインストール
(VirtualPCにXPをインストールしたのでした。)

ところでアイコンの名前や「スタート」ボタンが英語になっている訳はいったい...


もちろん英語版だからです。


MicrosoftがXP英語版のVirtualPC用イメージファイルを無料でダウンロード可能にしているのです。
(ここからダウンロードできます。)
※ただし、ダウンロードページに「This VPC image will expire in January, 2009.」とあるように、期限付きです。

ただこのXP、IEの新版をテストしてもらう目的で公開されているからか、

ゲームなんかは入っていません(笑)。

とりあえずwebの情報を参照して、日本語を使えるようにはしました。
(日本語が入力・表示できるというレベルで、OS自体は英語版のまま。)

これで何をしようとしているのかについては、もうすこししてから。

結論:VirtualPCを使っていると、大きなディスプレイが欲しくなる。

2008.09.13

CPUファン復活!

まだまだ「しんどさ」は続いています。
(もう少ししたら、夏休み第2弾の予定。)

先日の記事で書いた、CPUファンを交換したのに回らなかった件ですが、
(マザーのファン電源用の配線が切れることがあるらしいですね)

応急措置を施しました。

CPUファンのコネクタを、ケースファン用の電源コネクタに接続したのです。

付け替えた後の様子
(左の○内の線がCPUファン用、右の○内の線がはずしたケースファン用です。)

付け替えに、ちょっと苦労しましたけれど、
(CPUファンのコネクタが、なかなか抜けなかった)

電源を投入してファンが回ることを確認。

さあて、気になる温度は?

下がった温度表示
(SpeedFanの数値が劇的に下がりました。)

おおっ!思っていた以上の効果!!

しかも、フル回転でもそんなにうるさくありません。
(SpeedFanの表示で2800rpm。)

ただし、CPUファンの代わりにケースファンが回らなくなったわけですから、

熱暴走の危険が完全に解消したわけではありません。

しばらくこのままで様子を見ていくつもりですが、

すでにAmazonでファンの電源ケーブルを2つに分岐させるためのケーブルを見つけています。

しかし、もしこのPCがメーカ製だったら、

ここまで「いじれた」かどうか...

やっぱり自分で作るっていいですね!
(といいながら、実は「ショップブランド」なんですが。)

結論:手がかかる子ほどかわいいって言うし...

2008.09.07

CPUファンは来たけれど...

ここ数日、調子がよくありません。
(旅行の疲れにしては出るの遅すぎだし、やはり仕事疲れ?)

CPUファンを購入しました。

購入したCPUファン
(ワイドワーク T&T製70角ファン超静音タイプ 7010L12S です。Amazonにて購入。)

今回は幸いにも、Amazonに70mm幅のファンがあったので、

前回のように日本橋を探し回ることなく、手に入れることができました。

前回のファンとの比較をば。

・XINRUILIAN RDL7025(NMB30)
サイズ/ 70x70x25mm
軸受け/ 2ボール(NMB)
回転数/ 3000rpm
騒音値/ 23.65dB(A)
最大風量/ 26.30CFM
長尾製作所のサイトより転載。
※数値はRDL7025B(30NMB)の値

・ワイドワーク T&T製 7010L12S
サイズ/ 70x70x10mm
軸受け/ スリーブベアリング
回転数/ 2600rpmm
騒音値/ 25db(A)
最大風量/ 18.94CFM
ワイドワークのサイトより転載。

う~ん。最大風量は減っているのに、騒音値は高いんですよねぇ。
(Vistaの発熱を考えると、もう少し風量が欲しかったのですが、そうすると「4000rpm」のとかしかなかった。)

新旧ファンの厚さの比較です。

厚さの比較
(左が旧ファン、右が新ファンです。)

前回は、光学ドライブをはずしたりと大変でしたが、

コツがわかった今回は、ケース横を開けたところのすぐ手前にある、

メモリをはずすだけで交換できました。

交換完了
(交換完了です。)


早速電源をONにしてみると...

080907d
(ケース後ろ(写真右側)のファンは回っているのに、CPUファンが回りません。)

ええ~っ!CPUファンが回っていない!

ということはつまり、

原因はファンじゃなくて、マザーボードから電源が来ていないってこと?
(コネクタ部の断線、とか。)

だとしたら、お手上げじゃないですか!


今のPCを購入したのは2004年の8月。

何とか来年まではがんばって欲しいと思っていたのですが、
(そう思って昨年はバックアップ電池も交換したし)

これは本格的に、新PCを検討しなければいけなくなりましたか。

データ移行の手間を思うと、気が乗らないなぁ。
(同じPC上で、Win2000からVistaへ環境を移行させるのでも、結構苦労したのに...)

結論:MacBookかiBookの新型はまだ出ないのか!

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ