ブログパーツ Twitter

« 宮崎・鹿児島への旅(28,29日) 第1日目 | トップページ | CPUファンは来たけれど... »

2008.08.31

宮崎・鹿児島への旅(28,29日) 第2日目

前回に引き続き、旅行の2日目の様子です。

前日、満腹&疲れから、大浴場に行くのを断念しましたが、

「やはり体は洗いたい」ということで、部屋付きの浴室を使うことに。

部屋つきの浴室
(いやぁ、朝風呂はきもちいいですねぇ。)

2日目の朝食です。

2日目の朝食
(バイキングではなく、和定食です。)

地味なメニューのようにも見えますが、実は目玉は別にあります。

龍神釜飯」です。

龍神釜飯
(龍神露天風呂と同じ湯を使って炊き上げた釜飯です。)

しかし、昨日の夕飯の「満腹感」がまだ残っているようで、

残念ながら全部食べきることはできませんでした。


ホテルの窓から見えた桜島です。
※朝食時のレストランからは桜島は見えません。

朝の桜島
(朝の桜島は、少し霧がかかっていました。)

実は昨日のニュースで、「桜島の危険度が、レベル3から2に下がった」と言っていました。

いよいよ、出発です。

ホテル外観
(ホテルの外観です。幸い(?)にも、この日もいい天気でした。)

さて、2日目の日程です。

宿桜島港~<桜島フェリー>~鹿児島港=◎仙巌園(せんがんえん)=◎知覧・特攻平和公園=○池田湖=○開聞岳(かいもんだけ)=◎今和泉(いまいずみ)=鹿児島空港->伊丹(大阪)空港
※◎下車観光 ○車窓観光

桜島港から、フェリーで鹿児島港へと渡ります。

フェリーで鹿児島市内へ
(フェリーに乗ったことはありますが、車で乗ったのは初めて。)


まずは、薩摩島津家の別邸があった、仙巌園(せんがんえん)へと向かいます。

島津家別邸 仙巌園
(単なる庭園ではなく、「反射炉跡」や「発電用ダム跡」なんかもあります。)

ガイドさん曰く、「日本3名園になりそこねた」場所だそうです。

NHK大河ドラマ「篤姫」のロケも、この庭園内の4箇所で行われたそうです。

自由散策時に、庭園内にある「薩摩切子ギャラリー」を見学しました。

しかし早くも、暑さで参りはじめます。


続いて、知覧特攻平和公園へと向かいます。

途中で、西郷隆盛が最後を遂げた地である、城山のそばを通過します。

西郷隆盛最期の地 城山
(「山」って言うから、もっと大きなものを想像していました。)

付近の石垣には、西南戦争の時の銃弾痕が、まだ多数残っていました。

平和公園に到着し、特攻平和会館というところへ歩いて向かいます。

知覧特攻平和会館
(知覧特攻平和会館です。)

ここにきて、暑さでなかばダウン。

知覧パラダイスというところで、昼食です。

2日目の昼食
(この旅行3度目の「豚しゃぶ」です。)

豚しゃぶも2日で3度となると、「もう結構」という感じですし、

全体的に味が濃い目で、いまひとつという感じでした。


ここから、「篤姫」ゆかりの今和泉(いまいずみ)へ向かいます。

その途中で、開聞岳(かいもんだけ)と池田湖を車窓観光です。

開聞岳
(開聞岳です。)

池田湖
(九州最大の湖、池田湖です。)

池田湖では「イッシー」にも遭遇。
(もちろん模型です。)

今和泉に到着し、駐車場から少しばかり歩いて、今和泉島津家の屋敷跡へと向かいます。

今和泉島津家 屋敷跡
(今は小学校が建っています。手水鉢などが残っているそうです。)

写真手前の石段は幼少の篤姫が駆け下りた(かもしれない)石段です。
(19才まで篤姫がどこに住んでいたのかの記録がないので、「かもしれない」がつくのです。)

ここでついに、ガイドさんについて行くのを断念。

写真の石段で休憩し、一行が帰ってくるのを待つ羽目に。
(軽い熱中症だったのかも。)


さて、先に挙げた日程では、これで観光は終わって後は「鹿児島空港」ですが、

鹿児島空港近くの3箇所をまわります。

まずは、「屋久杉工芸館」です。
(写真はありません。)

屋久杉製の人形の首に「輪っか」が付いているのですが、

それは後からはめたものではなく、人形本体から削りだしたものだということで、

その削りだしの様子を実演していましたが、見事なものでした。

続いて「西郷公園」です。

西郷公園
(西郷像の頭だけで1mもあるそうです。)

おおっ!この風景は、HTV「水曜どうでしょう」の「対決列島」の、白熊最終決戦の場面。

最後は、西郷公園からバスで1分のところにある、「焼酎工場」です。

焼酎工場入り口
(焼酎工場の入り口です。)

焼酎や、麹を使った飲料の試飲をさせてもらいました。
(回数無制限!)


これで観光は終わりです。

鹿児島空港にて解散です。
(来るときと同じように「各自で大阪空港に向かってください」ということ。)

さて、鹿児島空港では、ぜひ見ておきたいものが...

白熊750ml
(本物の白熊(750ml)です。一目見て、「うわっ!でかいっ!!」って思いました。)

白熊(750ml)を鹿児島空港で売っているのは「夏季限定」であることは、先に触れた「水曜どうでしょう」からの知識。

私ではとても、これを「5分そこそこ」で食べきることはできないでしょう。


そして再び機上の人に。

鹿児島空港から帰阪
(鹿児島空港から乗ったのは、ボーイング767でした。)

帰りも大いに揺れるし、窓からは雷がきらめくし、
(大きな飛行機だから揺れは少ないかな、と期待していたのですが...)

機長から「大阪付近の天候が悪い」旨のアナウンスが入るしで、

天候が心配だったのですが、

大阪空港に着いてみると雨は止んでいました。
(自宅の最寄り駅から自宅までは、小降りでした。)

無事に帰ってこれて、よかった、よかった。

結論:九州の観光地に外れなし?これで3戦3勝。


・追記

翌朝(30日)のニュースで、「鹿児島-大阪空港の便が欠航」と言っていました。
(原因は聞き逃しました。)

あぶなかった?

« 宮崎・鹿児島への旅(28,29日) 第1日目 | トップページ | CPUファンは来たけれど... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宮崎・鹿児島への旅(28,29日) 第1日目 | トップページ | CPUファンは来たけれど... »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ