ブログパーツ Twitter

« 京阪電車の新色車両を目撃 | トップページ | 「ねんきん特別便」が来た »

2008.05.30

Vistaでブルースクリーン

今日(30日)、Vistaで「恐怖のブルースクリーン」が出ました。

会社に出かける前に、「ニュースでも確認しておくか」と、Vista PCをスリープから復帰させたところ、

カスペルスキー」が、「再起動が必要」とのメッセージを出したのに、
気がつきました。
(「定義データベース」が更新されたのね。)

出かける予定時刻まであと10分ほどあったので、十分間に合うと判断して
再起動。

起動音もして、デスクトップも現れて、「さあ、ニュースを」と思った

その時!


突然画面が、


水色の背景に、


比較的大きな白文字で、


英語らしきアルファベットがずらずらと...


目に映った「Crash」「Dump」などの単語から、

Vistaがクラッシュしていわゆる「ブルースクリーン」になったことがわかりました。


Vistaは自動的に再起動を開始。

「正常にシャットダウンしなかった」ことから、セーフモードなどを選択できる画面が表示されましたが、

Windowsの通常起動」を選択。
(こんな語句だったと思う。)

今度はブルースクリーンになることなく、「正常に」立ち上がりました。

と思ったのもつかの間、

今度は、「ファイアウォールが無効になっている」という警告が出ました。
(「Windows セキュリティ センター」が表示。)

ところがカスペルスキーを確認しても、「ファイアウォールは実行中」との表示が。

ここで「時間切れ」となり、スリープにして、私は会社へ。


帰ってきてスリープから復帰させると、

再びカスペルスキーが、再起動を要望。

ファイアウォールの警告は、カスペルスキーでファイアウォールを停止-起動させたところ、出なくなりました。

「もしかして、また」と思いながら、再起動をかけると...


再びブルースクリーンに!


ただその後は今朝と違って、「ファイアウォール」に異常は出ず。

こうして記事を書いています。

Justのカスペルスキーのサイトを確認してみましたが、

今回のような症状についての記述は見つけられませんでした。
(もちろんカスペルスキーが原因と決まったわけではありませんが。)


Vista導入まで使っていたWindows 2000でも、ブルースクリーンが出たのは数えるほどだったはず。

そのWindows 2000より2世代も進んだ(はず)のVistaで、

まさかこんなに早くお目にかかるとは...

結論:「普段の行い」には問題はない、と思うんだけれどなぁ

« 京阪電車の新色車両を目撃 | トップページ | 「ねんきん特別便」が来た »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京阪電車の新色車両を目撃 | トップページ | 「ねんきん特別便」が来た »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ