ブログパーツ Twitter

« 世の中、すっかり「からく」なっちゃって... | トップページ | さらば!職場!! »

2008.05.06

上賀茂神社・下鴨神社 散策

突然思いついて、京都の上賀茂神社下鴨神社に行ってきました。
(昨年の平等院銀閣寺に続く、「GWは近場でGO!」シリーズ?)

まずは、上賀茂神社に到着です。

二ノ鳥居
(「二ノ鳥居」です。こどもの日は過ぎていましたが、横に大きなこいのぼりが。)

立砂と細殿
(「立砂(たてずな)」です。銀閣寺の向月台(こうげつだい)を思い出しました。)

楼門と玉橋
(「楼門」です。)

楼門を入って、「幣殿(へいでん)」で参拝。

あとは境内をぶらぶら見てまわろうかと思っていると、こんな看板が。

本殿特別参拝のおしらせ
(普段は入ることができない御神域に入って、本殿を見学できるチャンス!)

なお、本殿などは写真撮影できないので、写真はありません。

まずは幣殿横の部屋で、神職の方から上賀茂神社のいわれなどの説明を受けます。

その後、部屋の外に出て、本殿・権殿を眺めます。
(権殿とは、式年遷宮のときに本殿から神様を移すための建物で、本殿とまったく同じつくりになっている。)

従来は本殿などは参拝者が観ることができなかったものを、

1年ほど前から、公開するようになったとのこと。

その後、「御神宝」を展示してある「高倉殿」に移動。

期待していたより「ちょっとだけ」だったのには、ちょっとがっかり。


さて、当初は上賀茂神社だけのつもりだったのですが、

天気も体調も上々ということで、

下鴨神社にも行ってみる事に。

「込んでいるんじゃないかな」と危惧していたのですが、

駐車場に空きがあったので、散策に行きました。

世界文化遺産
(上賀茂神社・下鴨神社ともに、「世界文化遺産」です。)

鳥居
(ここから、社殿群がある領域に入っていきます。)

楼門
(「楼門」です。高さ30メートルだそうです。)

「えとの社」と「幣殿」で参拝。
(干支ごとに小さなお社がいくつもあります。)

縁結びの神様という「相生社(あいおいしゃ)」が、楼門のすぐ外にあったので、

(もちろん)拝んでおきました。


上賀茂神社・下鴨神社の由緒を見ていて、ちょっと意外だったことは、

下鴨神社のほうが歴史が古いということ。

上賀茂神社の現在の社殿の基が造営されたのが、西暦678年。

下鴨神社については、webサイト中に「創祀は西暦紀元をはるかに遡るものとみられている」との記載があります。

なんかイメージだけで「上賀茂神社のほうが古い」って思っていましたが、

思い込みってコワイ...

結論:行き帰りに「二条城」と「京都御苑」の横も通ったので、1日に4箇所だ!?

« 世の中、すっかり「からく」なっちゃって... | トップページ | さらば!職場!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世の中、すっかり「からく」なっちゃって... | トップページ | さらば!職場!! »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

無料ブログはココログ