ブログパーツ Twitter

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008.05.30

Vistaでブルースクリーン

今日(30日)、Vistaで「恐怖のブルースクリーン」が出ました。

会社に出かける前に、「ニュースでも確認しておくか」と、Vista PCをスリープから復帰させたところ、

カスペルスキー」が、「再起動が必要」とのメッセージを出したのに、
気がつきました。
(「定義データベース」が更新されたのね。)

出かける予定時刻まであと10分ほどあったので、十分間に合うと判断して
再起動。

起動音もして、デスクトップも現れて、「さあ、ニュースを」と思った

その時!


突然画面が、


水色の背景に、


比較的大きな白文字で、


英語らしきアルファベットがずらずらと...


目に映った「Crash」「Dump」などの単語から、

Vistaがクラッシュしていわゆる「ブルースクリーン」になったことがわかりました。


Vistaは自動的に再起動を開始。

「正常にシャットダウンしなかった」ことから、セーフモードなどを選択できる画面が表示されましたが、

Windowsの通常起動」を選択。
(こんな語句だったと思う。)

今度はブルースクリーンになることなく、「正常に」立ち上がりました。

と思ったのもつかの間、

今度は、「ファイアウォールが無効になっている」という警告が出ました。
(「Windows セキュリティ センター」が表示。)

ところがカスペルスキーを確認しても、「ファイアウォールは実行中」との表示が。

ここで「時間切れ」となり、スリープにして、私は会社へ。


帰ってきてスリープから復帰させると、

再びカスペルスキーが、再起動を要望。

ファイアウォールの警告は、カスペルスキーでファイアウォールを停止-起動させたところ、出なくなりました。

「もしかして、また」と思いながら、再起動をかけると...


再びブルースクリーンに!


ただその後は今朝と違って、「ファイアウォール」に異常は出ず。

こうして記事を書いています。

Justのカスペルスキーのサイトを確認してみましたが、

今回のような症状についての記述は見つけられませんでした。
(もちろんカスペルスキーが原因と決まったわけではありませんが。)


Vista導入まで使っていたWindows 2000でも、ブルースクリーンが出たのは数えるほどだったはず。

そのWindows 2000より2世代も進んだ(はず)のVistaで、

まさかこんなに早くお目にかかるとは...

結論:「普段の行い」には問題はない、と思うんだけれどなぁ

2008.05.27

京阪電車の新色車両を目撃

新ビルに移って、新たな昼食場所の開拓に余念がない、今日この頃です。
(でも旧ビル(社員食堂)のころに比べて、昼食代は大幅アップ...)

今日(27日)、もうすぐデビュー予定の京阪電車の新色車両が走っているのを見ました。

京阪のサイトでの発表によると、

5月23日(金)、新カラーデザイン車両を初めて営業運転します

とあるので、今日は試運転だったのかも。
※6/1追記
 「23日から営業運転」なのだから、27日に目撃しても不思議じゃないですよね。
 昨日(31日)に友人から指摘されるまで気がつきませんでした。

なかなか鮮やかな色なので、これからが楽しみです。

それにしても「10000系」のカラーはどうなるのだろう?

結論:初物とは縁起がいい!

※鉄道の話題ですが、本人は「鉄ちゃん」ではないつもりです。念のため...

2008.05.19

今日から新ビル

天気予報で「激しく降る」って言っていたのに、大したのに会わずに済んだ。よかった。

昨日の記事に書いたように、今日から職場が移動しました。

まだなれないので、押すべきドアを引いて、

「ドアが開かない!」とあわてたりとか、

角をエレベータがある方向とは逆に曲がって、

しばらく進んでから指摘されて気がついたりとか、

細かい失敗のオンパレードな1日でした。


心配していた「昼食場所」のほうですが、

近くにいくつもあることを確認。

今日はその中でも安そうな定食屋で取りました。

きょうはこのへんで。

結論:そばにいろいろあるようなので、明日から探検かな? (仕事しろ!)

2008.05.16

さらば!職場!!

今日(16日)会社に行くまでの間に、3組も遠足に行く小学生の団体に出会いました。

今日が最後の日でした。

「これまでの場所で働くのは」今日が最後。

「えっ!転職?」と思ったそこのあなた!


ざ・ん・ね・ん・!


じつは本社が移転するのです。

なので、「これまでの場所で働くのは」今日が最後

というわけ。

しかし「移転」といっても、直線距離にしてたった「500m」ほど...

最寄り駅も変わりません。


今の会社に入ってから、本社の場所が移転するのは、これが3回目

最初の場所では「2階」で働き、

2つ目の場所(今日までの場所)は「4階」でした。

来週からの3つ目の場所では、「6階」で働く予定。

うん、順調に「上昇して」いるようだな。
(「なんとかと煙は高いところへ昇る...」って言った人!前へ出なさい!!)


ただ問題が1つ...

昼食をとる店を探さなきゃ。

結論:新たな環境で、気持ちも新たに...なれるかな?

2008.05.06

上賀茂神社・下鴨神社 散策

突然思いついて、京都の上賀茂神社下鴨神社に行ってきました。
(昨年の平等院銀閣寺に続く、「GWは近場でGO!」シリーズ?)

まずは、上賀茂神社に到着です。

二ノ鳥居
(「二ノ鳥居」です。こどもの日は過ぎていましたが、横に大きなこいのぼりが。)

立砂と細殿
(「立砂(たてずな)」です。銀閣寺の向月台(こうげつだい)を思い出しました。)

楼門と玉橋
(「楼門」です。)

楼門を入って、「幣殿(へいでん)」で参拝。

あとは境内をぶらぶら見てまわろうかと思っていると、こんな看板が。

本殿特別参拝のおしらせ
(普段は入ることができない御神域に入って、本殿を見学できるチャンス!)

なお、本殿などは写真撮影できないので、写真はありません。

まずは幣殿横の部屋で、神職の方から上賀茂神社のいわれなどの説明を受けます。

その後、部屋の外に出て、本殿・権殿を眺めます。
(権殿とは、式年遷宮のときに本殿から神様を移すための建物で、本殿とまったく同じつくりになっている。)

従来は本殿などは参拝者が観ることができなかったものを、

1年ほど前から、公開するようになったとのこと。

その後、「御神宝」を展示してある「高倉殿」に移動。

期待していたより「ちょっとだけ」だったのには、ちょっとがっかり。


さて、当初は上賀茂神社だけのつもりだったのですが、

天気も体調も上々ということで、

下鴨神社にも行ってみる事に。

「込んでいるんじゃないかな」と危惧していたのですが、

駐車場に空きがあったので、散策に行きました。

世界文化遺産
(上賀茂神社・下鴨神社ともに、「世界文化遺産」です。)

鳥居
(ここから、社殿群がある領域に入っていきます。)

楼門
(「楼門」です。高さ30メートルだそうです。)

「えとの社」と「幣殿」で参拝。
(干支ごとに小さなお社がいくつもあります。)

縁結びの神様という「相生社(あいおいしゃ)」が、楼門のすぐ外にあったので、

(もちろん)拝んでおきました。


上賀茂神社・下鴨神社の由緒を見ていて、ちょっと意外だったことは、

下鴨神社のほうが歴史が古いということ。

上賀茂神社の現在の社殿の基が造営されたのが、西暦678年。

下鴨神社については、webサイト中に「創祀は西暦紀元をはるかに遡るものとみられている」との記載があります。

なんかイメージだけで「上賀茂神社のほうが古い」って思っていましたが、

思い込みってコワイ...

結論:行き帰りに「二条城」と「京都御苑」の横も通ったので、1日に4箇所だ!?

2008.05.04

世の中、すっかり「からく」なっちゃって...

起きたらPM1:00過ぎていたなんて、いつ以来だか?

久しぶりに、近所のファミレスに行きました。

GW(ゴールデンウイーク)なんだから、たまには母親にも休んでもらわないと。

その近所のファミレスですが、メニューの1つ1つに「カロリー」と「塩分量」が書いてあるのが

特徴の1つ。
(すべての食べ物屋で、そうなればいいのに。)

しかしその中で見つけてしまったのが、

塩分12.7g

確か国は「1日10g以下に」って言っていますよね。

それを「1食で」簡単に超えてしまっています。

「日本人が濃い味を好むようになってきている」という記事を最近読みましたが、

これもその影響でしょうか?


確かに「塩辛い」ものはおいしく感じるものですが、なんでもかんでも塩辛くすればいいというのは、

味を知る機会をのがす、もったいないことだと思うのです。

我が家はもう20年以上も薄味を続けていますが、薄味に慣れてくると、

世の中の出来合いの食品の多くが「辛すぎ」に感じます。

「塩辛さ」で食品本来の味の悪さをごまかしているのでは?と疑いたくなるようなものにも、

時に出会います。

もっと薄味にしましょうよ。

健康のためというわけじゃなく、「物の味を知るため」に。


ちなみにファミレスで私が注文した料理の塩分量は、6.4g

てんぷらのつゆはほとんどが残るし、味噌汁も具は食べるものの汁は2口3口ぐらいしか口をつけないので、

実際の塩分摂取量はもっと少ないはず。

しかもその中にあった「海草サラダ」は、たいへん塩辛く、残してしまいました。

それでも普段の食事よりは、塩分摂取量は多いでしょうね。

その分は、明日以降に取り戻します。

結論:いろんな味を、味わえる喜び

2008.05.02

WindowsXPは遅い?

今日(2日)、会社の近くのガソリンスタンドの価格は、レギュラー158円になっていました。

先日、会社で使っているPCが新しくなりました。

旧: Pentium M 1.7GHz, 1GB RAM, Windows 2000
新: Core 2 Duo U7600 1.2GHz, 2GB RAM, Windows XP

本当は2年ほど前に、XPマシンに入れ替えることになったのですが、

ちょうどそのとき仕事が立て込んでいて、

「入れ替え作業をしている暇がない!」と断ったため、

最近まで2世代も前のWindows 2000マシンを使っていたのでした。

PCの更新にあわせて、外部液晶モニタも「1280×1024」から「1600×1200」と、大型化。

「これで快適に仕事ができる!」と喜んでいたのですが...


なんか「遅い」のです。


これまでと同じような感覚で操作をして、

「ん?反応が返ってこない」ということがしばしば。

さらには、ウィンドウをドラッグすると画面上に「残骸」が残ったりする始末。

いくつかのアニメーション効果を切ったりして、ちょっとでも速くしようとしてみていますが、

満足できる水準にはなっていません。

「これが今『大人気』のWindows XPの実力なの?」と、疑問を持ってしまいます。
(これまでXPを使ったことはありませんでした。)


さらに「がっかり」させられるのが、「Office 2007」。

リボン・インターフェースについては、慣れるしかないのでいいとしても、

これまた輪をかけて「遅い」のです。

これまで使用していた「Office 2003」でちゃっちゃとできていたことが、
(例えば「フィルタをかけて抽出した行だけを削除する」など)

やたらと待たされる、待たされる。

自宅のVistaマシンにも、そのうちOffice 2007を入れるつもりでいたのですが、
(現在はOpen Officeを入れています)

これじゃぁ当分見合わせですね。

XMLフォーマット化の影響でしょうか?


とにかく「処理が遅い」のには困ったものです。

webで「XP高速化」の方法でも調べてみることにしましょうか。

結論:やっぱりCPUは「AMD」じゃないとね!なんてね。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り

無料ブログはココログ