ブログパーツ Twitter

« SUZUKIはLet's 4のオイル漏れ欠陥をどうするつもりなのか | トップページ | Vista SP1を入れた »

2008.04.15

コウノエベルト、続報

最寄り駅近くにある、毎年夜桜でにぎわう公園の、「ぼんぼり」がなくなっていました。
(桜の季節も、もう終わりかぁ。)

コウノエベルトをつけ始めて、約2ヶ月になります。
(デサントのコウノエベルトのサイトはこちら。)

以前の記事で書いたように、

ずっとスーツパンツの上からつけていたのですが、

「もう慣れたかな」ということで、

この4月に入ってから、下着の上からつけるように変えました。
(Mサイズを最も短く調整してつけています。)


つけているときには効果があるように感じてはいたのですが、

「もしかして気のせいかも?」と思って、ためしに1日はずして過ごしてみました。

その結果は?

やっぱり気のせいじゃなかった!

電車のいすに腰掛けたときに、背もたれに当たる背中の部分が、

つけたときとそうでないときで違っているのが、はっきりわかりました。

つけたとき:背もたれに背中全体が均等に当たるように感じる。

つけていないとき:背中の一部が丸まっていて、その部分が背もたれに最初に当たるように感じる。


また、階段を下りるときの腰の安定感が違います。

以前にも何度か書いたように、私はひざに「爆弾」を抱えています。
(昔、車にはねられた後遺症。)

ひざが悪い場合、階段はのぼるのより下りるほうが、負担がかかります。

これまでは階段を下りるときに、腰が不安定に上下するような感覚がありました。

ところがコウノエベルトをつけていると、腰が水平に安定したまま、階段を下りていくことができるのです。


ただ、実感している効果は、今のところこれだけ。

猫背が治ることによって、少しでも「背が伸びる」ことを期待しているのですが、

まだ実感できていません。
(めーる・で・あさひ 第187号のコウノエベルトの記事に、「背が伸びた」とあります。)

また肩こりと花粉症には、今のところ効果はないようです。

では、また気が向いたら、報告します。

結論:健康器具でこれだけ続いているものは、もしかして「初」?

« SUZUKIはLet's 4のオイル漏れ欠陥をどうするつもりなのか | トップページ | Vista SP1を入れた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SUZUKIはLet's 4のオイル漏れ欠陥をどうするつもりなのか | トップページ | Vista SP1を入れた »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ