ブログパーツ Twitter

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008.04.29

中山忠彦展に行ってきた

ゴールデンウイーク(GW)は、例年と同じく「カレンダーどおり」です。

京都の高島屋で開催中の、「中山忠彦 永遠の女神展」に行ってきました。

会場入り口の様子
(高島屋京都店7階グランドホールで、4月23日(水)から5月5日(月・祝)まで開催。)

中山忠彦」という名前は寡聞にして知らなかったのですが、

母親がよく知っていて、チケットを入手できたということで、行ってきました。
※ホール内は「写真撮影禁止」だったので、写真はありません。

自身の夫人をモデルに、ずっと作品を発表されている方なんだそうです。
(70歳を超えて現在も現役。)

西洋の貴族が着ていた衣装をまとった作品が大半でした。

このような作品を見るといつも思うのですが、

服のひだなどの感じを、どのようにしたらあのようにうまく描けるのか。

レースが透けた感じなど、見事というほかはありません。

早めに行ったおかげか、思っていたほど込んでいなかったこともあって、

細かい点までじっくりと観ることができました。


ただ、見終わった後、なぜか結構疲れてしまい、

せっかく久しぶりに京都に来たのに、

早々に帰宅せざるを得なかったのは、

ちょっと残念でしたけれど。

結論:GWのイベントは「これだけ」になる可能性、大...

2008.04.27

Perfumeが気になる

「ファンタ ふるふるシェイカー オレンジ」を買ってみました。たしかに「おもしろい」味ですね。
(でものどの渇きを止めるには不向きみたい。一時的な製品でしょうか。)

最近TVで見て知った「Perfume(ぱふゅーむ)」。
(アミューズによる公式サイトはこちら。)

かなり「気になる」存在になってきています。

最初に知ったのは、偶然に見たNHKの「トップランナー」。

そのときの様子を再現すると...

・何か面白そうな番組はないかな(チャンネルを変えていく)。

・あっ、「トップランナー」やってる。

・でもMCが代わったみたい。ほかのにしようかな?

・ゲストがかわいい女の子3人組か。ちょっと見てみようかな。

・なになに、名前は「Perfume」?知らないなぁ。

・でもえらく若いようなのに、「トップランナー」に出るなんて、一体なにもの?

・あっ、番組終わっちゃった。

ということでこのときは、彼女たちの正体はわからず、

「一体なにもの?」という疑問だけが残ったのでした。


ところがいったん気になりだすと、TVやらwebなんかで、やたらと「Perfume」の文字が目に付きだすんですよね。

おそらくはそれ以前にも「目にしてはいた」んでしょうが、

まったく知らなかったので、気にも留めていなかったものと思われます。
(後で「目にしていた」ことがわかります。)


で、わかってきたのは、彼女たちは最近人気急上昇中のグループだということ。

そしてそのジャンルがなんと、テクノ

えっ!「テクノ」?

当方にとって「テクノ」といえば「YMO」。

「テクノポリス」や「ライディーン」に夢中になったものでした。
(後に、一時的にではあるけれどもMIDIにのめりこんだのも、YMOの影響といえなくもない、かな?)

「これは是非とも楽曲を聴いてみなければ!」

と思ったのですが、TVで目にするのはなぜか「トーク」のシーンばかり。

やっと昨日見た「ミュージックフェア21」で、一部ながらその歌声を聴くことができました。
(曲は「チョコレイト・ディスコ」。)


そうするうちに、ある「もしかして」が頭をもたげてきました。

で、Wikipediaで調べてみたところ、「もしかして」は「やっぱり」に変わったのです。

公共広告機構のリサイクルキャンペーンのCMは彼女たちだった!
(曲は「ポリリズム」。)


ここまでくると、もはや彼女たちを、ただの「かわいい女の子3人組」とみなすことはできません。

一時的にちやほやされるだけの存在ではなく、

今後の音楽シーンに、かなりな影響を及ぼす存在となる可能性が感じられます。
(うーん、ちょっとほめすぎの感もあるかな。)

久しぶりに注目したいグループが現れて、ちょっとわくわくしています。

結論:ところが残念ながら、iTunesには入っていないようなんですよね(moraにはある)。

2008.04.20

Vista SP1を入れた

昨日、鼻水に耐えられず花粉症の薬を飲んだら、今日までも1日中眠かった...
(ヒノキ科の花粉は終わりに近づいているってニュースで言っていたのに、なんでだろう?)

Vista SP1をインストールしました。

Microsoft Updateからではなく、

ダウンロードセンターから単体インストール用のファイルをダウンロードして、インストールしました。
(726MBもありました。もちろん64bit用。)

ずっとMicrosoft UpdateにSP1がリストアップされるのを待っていたのですが、

一向に挙がってこなかったのです。

「SP1との互換性に問題があるデバイスドライバがある場合は、リストアップされない」ということだったので、

デバイスマネージャで、入っているドライバが最新であるかをチェックしたりしたのですが、

全部最新なのを確認できただけ。

「何が問題になっているのかを指摘してくれればいいのに!」と、ずっと文句を言っていました。

ついに、

「こうなったらSP1を無理やり入れてみて、それでだめになるドライバを指摘してもらうしかない」

との逆転の発想に至りました。
(半分「やけ」になっていたかも。)


で、結果から言うと...



何が問題だったのかわかりません。


すべてのドライバが「このデバイスは正常に動作しています」になっています。

実を言うとMSのサポートページの情報で、

「どうやらサウンドドライバ(Realtek AC'97 Audio)がクサイ」と思ってはいたのですが、
(「原因 5 に対応する方法」を参照してね)

音もちゃんと出ています。


インストール自体は、1時間半弱ほどかかりました。

念のためネットワークを切り、ウイルス対策ソフトを終了させてから、

ダウンロードしてきたファイルを実行。

2・3度「次へ」ボタンを押した後は、そのまま待つだけ。
(私はインストール作業が開始されたのを確認した後、夕食に行ってしまいました。)

何回か自動的に再起動を繰り返して、無事インストール完了。

現在のところ、まったく問題なし。

しかしどこがよくなったのかも、まったくわかりません。
(ファイル転送が速くなったそうですが、試していません。)

いや逆に、「まったくわからない」でいいのかもしれません。
(XPのSP2のときのような混乱はごめんですからね。)

基本ソフトは「基本」だけに、安定第一!ですね。

結論:でも「Windows 7」が気になる今日この頃、だったりして!


・4/25追記

Vista SP1の自動更新、日本は5月9日から

なんだ、まだ始まってなかったのね。
(「4月中旬から」という話はどこへ行った?)

2008.04.15

コウノエベルト、続報

最寄り駅近くにある、毎年夜桜でにぎわう公園の、「ぼんぼり」がなくなっていました。
(桜の季節も、もう終わりかぁ。)

コウノエベルトをつけ始めて、約2ヶ月になります。
(デサントのコウノエベルトのサイトはこちら。)

以前の記事で書いたように、

ずっとスーツパンツの上からつけていたのですが、

「もう慣れたかな」ということで、

この4月に入ってから、下着の上からつけるように変えました。
(Mサイズを最も短く調整してつけています。)


つけているときには効果があるように感じてはいたのですが、

「もしかして気のせいかも?」と思って、ためしに1日はずして過ごしてみました。

その結果は?

やっぱり気のせいじゃなかった!

電車のいすに腰掛けたときに、背もたれに当たる背中の部分が、

つけたときとそうでないときで違っているのが、はっきりわかりました。

つけたとき:背もたれに背中全体が均等に当たるように感じる。

つけていないとき:背中の一部が丸まっていて、その部分が背もたれに最初に当たるように感じる。


また、階段を下りるときの腰の安定感が違います。

以前にも何度か書いたように、私はひざに「爆弾」を抱えています。
(昔、車にはねられた後遺症。)

ひざが悪い場合、階段はのぼるのより下りるほうが、負担がかかります。

これまでは階段を下りるときに、腰が不安定に上下するような感覚がありました。

ところがコウノエベルトをつけていると、腰が水平に安定したまま、階段を下りていくことができるのです。


ただ、実感している効果は、今のところこれだけ。

猫背が治ることによって、少しでも「背が伸びる」ことを期待しているのですが、

まだ実感できていません。
(めーる・で・あさひ 第187号のコウノエベルトの記事に、「背が伸びた」とあります。)

また肩こりと花粉症には、今のところ効果はないようです。

では、また気が向いたら、報告します。

結論:健康器具でこれだけ続いているものは、もしかして「初」?

2008.04.07

SUZUKIはLet's 4のオイル漏れ欠陥をどうするつもりなのか

ヒノキ花粉のせいか、目は真っ赤で、鼻水たらたら...

もうすっかりおなじみとなった、「SUZUKI Let's 4のオイル漏れ」。

またまた今日、発生しました-実に5回目
(プラグ交換で復活したばかりだというのに、なんてタイミングなんだろう。)

前回(4回目)が昨年の12月末ですから、3ヶ月ちょっと。

その前の3回目が昨年の4月だったので、「4月」というのはオイル漏れが起こりやすいんでしょうか?


このblogにも、「オイル漏れ」や「オイルにガソリンが混ざる」といったキーワードで、やってこられる方がおられます。

そのすべてがLet's 4ではないとしても、同様の症状で困っておられる方が何人もおられるわけです。

4回目の記事でも書きましたが、SUZUKIはLet's 4の初期型にこの欠陥があることを知っています。

私のほうでも前回のオイル漏れ以降、発進時にアクセルをゆっくり開けるように励行してきたつもりです。

それにもかかわらず再びオイル漏れが発生し、このことについてSUZUKIの方からいまだに対策の公表がないことに、

がっかりです。
(せめて「このような事実がある」ことだけでも公表できないんでしょうか?)


こんな1個人のblogで訴えても、状況の改善は望めそうにありませんから、

何か別の手を考える必要があるのかもしれませんね。

結論:いいかげんにしてくれ!

2008.04.06

さくら、さくら、ららららら

はっと目が覚めたら、AM11:00前だった...
(昨日の記事で、注意していたのに...)

予報どおりよい天気になったので、近所の桜を巡ってみました。
(足は、昨日復活したSUZUKI Let's 4。)


まずはこのblogでも何度か言及している、近所のスーパ脇の桜から。

近所の大きな桜
(遠くから見ると、まるで「ピンクの雲」のように見えます。)

ちょっと満開を過ぎているようにも見えましたが、大きくて迫力があります。


続いて、自転車でよく走る川沿いの道へ。

自転車道に咲く桜 その1
(数年前に植えられたばかりなのに、たっぷり花をつけてくれてます。)

自転車道に咲く桜 その2
(対岸から眺めても、桜が連なっているように見えて、たいへんきれい。)


最後に、山田池公園へ。

なんかちょっとご無沙汰している間に、いろいろ変わっているところがあって、ちょっとびっくり。

西入口から入り、周回路を歩いて桜を探します。

管理事務所前の花壇
(桜を撮る目的できたのに、違うもの撮ってるし。)

桜は1本ずつ、ところどころに咲いているようでした。

しばらく歩いて、大き目の桜を発見!

桜とモクレン(?)の紅白の対比がきれいだったので撮ってみたのですが...

桜と(たぶん)モクレン
(すみません。腕が悪くて、私が感じたきれいさを、十分表現できませんでした。)

ちょっと歩いただけなのに、全身汗が吹き出してきました。
(最高気温が20度を超えていたんですってね。)

もう少し奥へ行くと、桜がたくさんあると聞いていたのですが、

持ってきた小さいジュースを飲みきってしまったこともあり、ここで退散。

なんだか桜からエネルギーをもらった気分です。

来年も見れるといいな。

結論:世の中に、たえてさくらのなかりせば、春の心はのどけからまし(在原業平)

2008.04.05

Let's 4 復活

明日の天気予報が「晴れ」になっていた!
(後は昼前まで寝ていないようにしなくっちゃ。)

昨日の記事で書いた「動かなくなったLet's 4」ですが、

今日無事修理されました。


父が販売店に行って症状を説明したところ、
(この段階では現物は持っていかず)

「(点火)プラグでしょう」

と即断。
(以前に似たような症状を見たことがあったとのこと。)

「現物を持ってきましょうか?」と言ったのですが、それを断って、自宅まで来てくれてプラグを交換。
(やっぱり販売店が近くでよかった。)

元通り動くようになりました。
(プラグ代600円だけですみました。)

元からついていたプラグは熱価が「6」で、交換したものは「7」。

販売店の方によると、

・交換するときには「7」を使っている
・プラグは3,000kmごとに交換するのが一般的

とのこと。

走行距離4,000kmを超えたのですから、故障してもおかしくなかったのかも?

結論:まだまだ走ってもらいます。

2008.04.04

Let's 4 故障

また今度の日曜も雨だそうですねぇ...
(今年も花見に行くことなく、散ってしまうのでしょうか?)

私のスクータである、SUZUKI Let's 4が動かなくなりました。

前ぶれもなく、突然でした。

今日の帰宅時、最寄り駅から自宅に向かっているときに、それは起こりました。


自宅まで約100mほどの「最後の交差点」をすっと曲がって、

「さあ、後は(ほぼ)1直線!」とアクセルを開いたのですが、

エンジン音は大きくなりません。

2・3度グリップをまわすも、やはり反応なし。

あわてて道路端に停車。エンジンを停止させました。
(この時点ではたいしたことはないものと思っていました。)

一呼吸置いた後、キーをひねって電源ON。

燃料噴射装置の状態灯や燃料警告灯に異常は見られません。

セルを始動させますが...エンジンはかかりません。

再度セル始動...やはり同じ。

自宅までたいして距離がないこともあり、ここで始動断念。

もしかすると、もう2・3度トライすればかかったのかもしれませんが、

これ以上やって、エンジン内をガソリンでボトボトにすることは避けたかったのです。

自宅まで押して歩いて、無事(?)帰宅。
(道がほとんど平坦でよかった。)


明日土曜も出かけなければならないので、

とりあえず両親用のスクータを借りることに。

そして動かなくなったLet's 4は、

私が出かけている間に、父が購入店にもって行ってくれることになりました。
(購入店が近くでよかった。)

明日中に直ってくれるといいのですが...

結論:スクータでも何でも、出始めたころの製品には、不具合が潜んでいるものなのか?

2008.04.01

4月から変わるもの、変わらないもの

近所のスーパー脇の桜が、もう満開に近い状態になっていました。
(先週土曜日には、朝出かけるときとPM3時ごろに帰ってきたときとで、咲き方がはっきり違っていましたね。)

ついに年度が変わって、ガソリン税の暫定税率廃止で、もちきりですが、

会社の近くのスタンドは、レギュラー150円でした。

通勤の電車内から見えるあるスタンドは、

何日か前から「管理物件」の札のついたロープが張られています。


会社と最寄り駅の間にあった、外車のショールーム。

突然「移転のお知らせ」を張り出して、空っぽになっていました。

マセラッティーなんかを見るのが楽しみだったのになぁ。


出かける前に見ている、朝のNHKのニュースも、構成が変わっていました。

今まで全国のニュースの時間帯だったところが、大阪ローカルになっているなど、
(以前は全国の天気予報をやっていた時間に、近畿の天気をやっていました)

慣れたリズムが狂って戸惑っています。

民放に関しては、WBS土曜版が終わってしまって寂しい。

くりぃむナントカは、ゴールデンに行っても、深夜の「ゆるさ」を本当に維持できるのでしょうか?


先日ニュースで、「自転車専用道、東京JR亀戸駅前に開通」というのがありましたが、

歩行者・自転車の分離というのは、事故防止にどれほど効くのでしょうか?

会社から駅までの間には、歩道とは植え込みで分けられた自転車レーンがあるのですが、

大半の自転車は歩道を走っています。
(幅がもう少しあったら、自転車も走ってくれるのだろうか?)

反対に歩行者が自転車レーンに避難していたりする始末。

この光景は、4月になっても変わっていなかったなぁ...

結論:私自身が変わらなきゃ


・4/3追記
会社の近くのスタンドですが、今日帰宅時に確認したところ、130円になっていました。

1日朝から3日夜の間の、いつ値段を変えたのだろうか?

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り

無料ブログはココログ