ブログパーツ Twitter

« アーサー・C・クラーク氏が死去 | トップページ | 4月から変わるもの、変わらないもの »

2008.03.23

Vista SP1への準備

定期を買いに行った帰り、最寄り駅の上空を飛行船が飛んでいった。
(たぶん最近始まった遊覧クルーズの便だと思う。)

Vista SP1がいよいよ一般に公開されましたね。

Windows Updateでの自動ダウンロードはまだ先のようですが、

ぼちぼち準備を始めておこうかな、と思い、いろいろ調べてみました。

Microsoftの

Windows Vista Service Pack 1 (以下、SP1) インストール前の確認チェックポイント

のページによると、

> 5.コンピュータのハード ディスクに、サービス パックをインストールするための十分な空きディスク領域があることを確認します。32 ビットの SP1 では最低 7 GB の空き領域が必要です。64 ビットの SP1 では最低 13 GB の空き領域が必要です

えっ!、Vistaの入っているCドライブの空き、「11G」ほどしかないんですけど...
(Cドライブの容量は、Vistaがインストールできる最低限である40Gしかとってません。)

空きを作らないといけませんが、アンインストールしてよさそうなアプリはなさそうだし。

データは最初から別ドライブに作るようにしているので、削除して空きを増やすことはできないし。

と悩んでいるうちに気がついたのが、「Virtual PCの仮想ドライブ」。
(仕事用のWindows2000をインストールしてあります。)

仮想ドライブを作るとき、フォルダなどを特に指定していなかったので、

Cドライブ中に作成されているはず。

探してみるとそのとおりでした。

そのファイルを、他のデータと同じ別ドライブにコピー。
(万が一を考えて、移動ではなくコピーにしました。)

仮想マシンの設定画面で、仮想ドライブへのパスを、コピー先に変更。

仮想マシンを動かしてみて、正しく動くことと、更新される仮想ドライブのファイルがコピー先のものであることを確認。

旧仮想ドライブファイルを削除して、6Gほど空きを増やしました。

これで「十分な空きディスク領域」についてはOK!

本当はほかに、「ドライバやアプリがSP1に対応しているか」という問題もあるのですが、

それは「問題がある」ことがわかったときに考えることに。

がんばれ!私のPC君!!

結論:買ったときには、こんなに大容量ディスクが必要になるとは思ってもいなかった。

« アーサー・C・クラーク氏が死去 | トップページ | 4月から変わるもの、変わらないもの »

コメント

えーと・・・・
中国語とかのLanguage Packを出来心で当てたりしてないですよね?
英語、仏語、スペイン語、日本語以外を当ててたら事前に削除が必要です。
夫はロシア語とかスロバキア語とかあるもの「全部」当ててたので削除に丸1日かかりました。

郁恵さん、ご無沙汰してます。
> 中国語とかのLanguage Packを出来心で当てたりしてないですよね?
ええ、大丈夫です。
なんせ日本語自体、うまく操れているか怪しいものなのに、外国語なんて...。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アーサー・C・クラーク氏が死去 | トップページ | 4月から変わるもの、変わらないもの »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ