ブログパーツ Twitter

« はっぴぃ、にゅういやぁ~2008 | トップページ | 霧でキリキリ舞い? »

2008.01.06

手帳とVista Media Center

年賀状に書いたイラストが、(一部から)評判が良いようでうれしい。

やっと2008年用の手帳を買いました。

「やばい!手帳を買ってない!」と気づいたのは、2007年の暮れのこと。

で、年が明けての3日に、いつも手帳を買う書店に行ったのですが...

私がほしいタイプのがなかった。

「私がほしいタイプ」の手帳とは、

・見開き2週間
・後半に罫線つきメモのページが、たくさんある
・軽いほうがいい

というもの。

「いつも手帳を買う書店」には、手帳自体はたくさん置いてありました。
(「能○手帳」とか「手帳は○橋」など。)

しかしまず、「見開き2週間」のタイプが見当たりません。

やっと1つ見つけたのですが、「罫線つきメモのページ」がちょっとしかない。

「妥協」の文字がちらつきましたが、それを振り払って、その日は「別の用事」をして帰宅。
(「別の用事」については、後述...)


そして今日、くずはモールの「Loft」に行って、「まあ合格」といえるものを買ってきました。

ダイゴーの「アポイント ベーシック8」です。

昨年に買った、博文館新社の「ウィークリー・ポケットダイアリー [スリム判]」は、これまでで1番理想に近いものでしたが。

今年のダイゴーのは、巻末に余分な「おまけ」がたくさんついていなければ、完璧だったのですけれどね。


で、さきほど述べた「別の用事」ですが、

TSUTAYAでDVDを2本ばかし借りてきました。
(何年ぶりだろう?)

借りたのは、次の2本です。

・サウンド・オブ・ミュージック(The Sound of Music)
・ザッツ・エンターテインメント(That’s Entertainment!)

奇しくも両方ともミュージカル映画ですが、とくにそれを意識して選んだわけではありません。

もちろん「見たい」から借りたのですが、もうひとつ目的が。

VistaのWindows Media Centerとはどのようなものか?

を体験すること。

DVDをPCにセットすると、「Media Playerか?Media Centerか?」などと聞いてくるので、

「Media Center」を選択。

そこでMedia Centerのインストールが始まったのには、ちょっとびっくり。
(当然インストール済だと思っていました。)

インストールはすぐに終了し、再生が始まりました。
(最初は「サウンド・オブ・ミュージック」をセットしました。)

うん?画面がカクカクする?

本編の前に主演のジュリー・アンドリュースの解説のようなものが入るのですが、

動きが滑らかじゃありません。

私のPCのスペックが、DVD再生に足りないはずはないんだけれど...

本編においても、ごく一部ではありますが、映像がギクシャクする部分がありました。

「もしかして...」と思い、今度はWindows Media Playerで再生。

するとどうでしょう、映像は滑らかに再生されました。

Media Centerについては他にも、事前に聞いてはいましたが、

10フィートUIはPCでは使いにくい」を実感。
※10フィートUI:機器の操作を10フィート(約3m)程度離れてリモコンで行うことを想定したユーザーインタフェース。(ビジネス用語辞典より)

今後はMedia Centerをつかうことはないかな?

結論:手帳もMedia Centerも、余分な機能はいらない?

« はっぴぃ、にゅういやぁ~2008 | トップページ | 霧でキリキリ舞い? »

コメント

手帳はお気に入りのものを買いだめしております。

10フィートUI、Macだと使いやすいですよ♪HDDにDVDを変換したのをたくさんいれて、いろいろ見ております。

けいいちさん、コメントありがとうございます。
Macをお使いなのですね。
個人的には、Media Centerをキーボードで操作する方法がわかれば、また評価が変わるかもしれないと思ってはいるのですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はっぴぃ、にゅういやぁ~2008 | トップページ | 霧でキリキリ舞い? »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ