ブログパーツ Twitter

« 枚方宿ジャズストリート&菊フェスティバル 2007 | トップページ | CPUファンがお亡くなりに... »

2007.11.04

民主小沢党首、辞任表明

左手の腱鞘炎は、一進一退です。
(熱を持って、痛いです。)

小沢さんに対して、私が長年疑問に思っていたことが、今日氷解しました。

自民党時代は、豪腕・策士の名をほしいままにしていた小沢さんが、
自民離党後に打つ策が、ことごとく外れるのはなぜなのか?

私のたどり着いた答えは、

小沢さんの根本に、ある重大な弱点があり、その弱点を自民党に見抜かれていたから

というものです。

では、その重大な弱点とは何か?

「自民党を倒す」という気持ちより、「政権与党側にいたい」という気持ちが強い

「自民党を倒す」という優先順位が比較的低いため、

自由党時代に自民との連立に乗り、また今回も乗ろうとしたんでしょう。

そして自民党も、小沢さんのそんな弱点を承知していたからこそ、

自民党が危機に陥るたびに「連立」を持ちかけて、

結果として小沢さんの力を弱めることに成功していたのでは?


考えてみれば新進党の解党も、単に

他の党員が小沢さんの言うことを聞かなくなった

というよりは、

(自民党を倒す気満々の)他の党員が(自民党を倒す気が比較的低い)小沢さんの言うことを聞かなくなった

というのが、案外真相なのかもしれません。


いやいや、もしかして、

これはうがった見方かもしれませんが、

小沢さんの「健康問題」が、次の衆院選まで持ちそうになくなってきたとか?
(心臓が悪いんでしたよね)

それで「あせり」が出たとか??

もしかして、辞任、即入院???
(似たような話を、最近聞いたような気が...)

結論:どうなる?民主党


11/6追記

小沢さんは説得に応じて、辞任は思いとどまったようです。

« 枚方宿ジャズストリート&菊フェスティバル 2007 | トップページ | CPUファンがお亡くなりに... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 枚方宿ジャズストリート&菊フェスティバル 2007 | トップページ | CPUファンがお亡くなりに... »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ