ブログパーツ Twitter

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007.11.25

CYCLE MODE international 2007 OSAKA

小春日和の名のとおり、あったかい1日でした。
(セーターなんか、着ていくんじゃなかった。)

サイクルモード2007大阪会場に行ってきました。

前回行ったのは2年前

そのときのお目当ては、「Smartcog KAHENSHIKI KOMA」でした。

今回のお目当てですが、どこかのサイトでサイクルモードの紹介をしていた中に写っていた、

ちっちゃなリカンベント

名前もわからなければ、大阪会場に来るのかもわからない。
(タルタルーガは、東京会場だけでしたし。)

でも会えることを信じて、出かけます。

会場の「インテックス大阪」に到着です。

インテックス大阪 外観
(「デュラン」のおっきなポスターがお出迎え。)

当日入場料は1200円でした。

試乗する人は、誓約書に署名します。

試乗に関する誓約書
(そういえば下のアンケートの方ばかり読んでいて、誓約書の内容をほとんど覚えていない。)

誓約書を提出すると、手首に赤い用紙を巻きつけてくれます。
(これが「試乗可」の証明になります。)

なお今回から、試乗時のヘルメット着用が義務付けられました。

持っていない人には貸してくれるのですが、

私は自分のヘルメット(Giro Torrent Ⅱ)を持っていきました。
(「ヘルメットをお持ちの方はぜひ御自身のヘルメットをお持ちください」とあったので。)


さあ、お目当ては「リカンベント」なので、「個性派自転車試乗エリア」に向かいます。

ここで「お目当て」を見つけて、試乗車を返しに行く人の後をついて行けば、

その正体がわかるはずです。

国産リカンベント、「RCB」シリーズを持つスギムラのブースです。

スギムラのブース
(RCBシリーズは「日本人の体型に合ったリカンベント」ということですが、私の脚にはペダルがちと遠い...)

前回お世話になった、スマートコグのブースです。

スマートコグのブース
(ここには写っていませんが、いろんな色のKOMAがありました。)

そしてついに、「お目当て」が置いてあるブースを見つけたのです!

お目当てが置いてあったブース
(紀洋産業と17バイシクルのブース。区切りがないので、1社のブースかと思っていました。)

お目当ての自転車はやはり人気があるようで、試乗から返ってきても、すぐ希望者が現れます。

ここはまず、もうひとつみつけた「ユニークなセミリカンベント」に試乗することに。

前輪が2つあるセミリカンベント
(紀洋産業の「senic type-LW」です。見てのとおり前輪が2つです。)

ところがこいつが曲者でした。

「前輪が2つあるから楽勝!」と思っていたら、大間違い。

まずハンドルが重い
(前輪2つにサスペンションもついているので、当然なのかも。)

そしてなぜか、右へ右へと行こうとする
(おそらくセッティングの問題ではないかと。)

そのため、走り出そうとして、2・3度こけそうになりました。

なんとかコツをつかんで走れるようになりましたが、やはりカーブはしにくい。

後から聞いた話では、「参考出品」だそうで、まだまだ改良しなければならない点があるのでしょう。


この試乗を終えてしばらくしてから、

やっと「お目当て」への試乗の番が回ってきました。

お目当ての自転車(その1)
(17バイシクルの「エス17」です。)

お目当ての自転車(その2)
(本格的なリカンベントに乗るのは初めてなのに、いきなり「下ハンドル」!)

秘かに恐れていた「ペダルまでの遠さ」も問題なし!

寝そべったシートにもたれかかり、走り出します。
(ここでタルタルーガでの経験が生きました。)

予想外(?)のスムーズな発進。

下ハンドルに慣れていないので、多少ふらつきましたが、思っていたほど難しくない。

2・3周走って慣れてくると、これが楽しい!

タルタルーガでも「前方視界が広い」と言われますが、

こいつは「前方に何もない」。

当然ながら試乗中の写真はないので、他の人が乗っているところの写真を。

走行中のエス17
(私の感覚では、この写真の人よりは寝そべっていたと思うのですが...)

試乗コースでは、KOMAやRCBまでも追い抜くという、快挙達成!?
(単にRCBに乗っていた人が、下ハンドルリカンベントに慣れていなかった、だけ。)

もっと乗っていたかったのですが、待っている人もあるだろうからと、返しに行くと...

なんと、試乗待ちの列ができていました。

エス17への試乗を待つ人の列
(エス17は何台かあったので、私の「乗りすぎ」のせいではありません。)

その後は、会場内をぶらっとして、

天ぷらそば(600円)を食べて、会場を後にしました。


いやぁ、お目当ての自転車に乗れたし、

しかもそれが、予想以上に楽しかったし、

もう大満足でした。

来年は、11月の2・3日だそうです。

来年も行けるといいな。

結論:自転車は楽しい!


・11/28 追記

私のマイミクさんの一人も、24日に「エス17」に乗ったそうです。

「意外と安くてびっくり」と書いてあったので、サイトで値段を確認。

> ■予定参考価格(小売価格) ;59,850円(税込み)送料別途

う、うそ...リカンベントでこの価格!

2007.11.24

LORO北浜再訪&iPod nano

「小春日和」って、今頃の季節のことなんですね。

先日の記事で書いた、「タルタルーガのシートバックのゴム」ですが、

昨日LOROから「入荷した」とのMailをもらったので、

今日、取りに行ってきました。
(21日深夜に注文のMailを出して、23日昼に入荷のMail。早い!)

LORO北浜へ行くのは、輪行袋を買ったとき以来です。

LORO北浜 外観
(正式名は「LORO Cycle Works」(ローロ サイクルワークス)です。)

以前に来たときより、お客さんが多い!

レジの所が空いていなかったので、以前から関心のあった

zweiバックを見たりしながら
(容量が4Lから5Lぐらいのがあったら、即買い!なんだけどなぁ)

待つことしばらく。

「Tartaruga Type F専用シートバックCR」が私の元に。

Tartaruga Type F専用シートバックCR
(直径24mm※実測。)

さて、取り付けはどうしようか...



LOROから帰ってきてみると、Amazonから荷物が届いていました。

箱の中には2つの物体が。

1つめはこちら!

iPod nano
(「iPod nano 8GB グリーン」です。)

私がVistaを導入した最大の理由が、

新しいiPodは、Windows 2000では使えなくなった

ことだったのですから、Vista導入の目的をやっと達成したわけです。

これまで持っていた「第2世代iPod 10GB」と比べてみました。

新旧iPod比較
(重さは185gから49gに小さくなっても、画面サイズは2インチ(対角)で同じです。)

この記事を書いている時点で、iTunesにつなぐどころか、

まだケースから出してもいません。

でもこれで、来週から仕事が少し楽しくなるかも?


ところで、2つ目の物体は?

もうひとつのiPod?
(あれっ?iPodは1つしか買っていないはずだけど...)

これは一体何かというと...




「もうひとつのiPod」の正体
(「Pleiades Biscuits for iPod nano 3G/Ivory White」です。)

iPod用のハードケースです。

「やっぱりケースは要るだろうけど、シリコンケースはぱっとしないしなぁ。」

と思っていろいろ調べていたときに見つけたのが、このケースのブラック。

一目見て「かっこいい!」。

で、さらに調べていくと、ブラックのほかに、白・赤・青・緑・ピンクがあることがわかりました。
(現在は、新製品の「クリスタル」もあるようです。)

「nano本体がグリーンなので、色を合わせようか?」とも考えたのですが、

webでみる「Apple Green」モデルの色はいまいち。

ただnano本体のグリーンも、webではよくなさそうだったのが、実物はきれいだったし...

でも、Amazonの「在庫状況」をみると、グリーンだけ「在庫あり」で、他の色は「通常1-2週間以内に発送」。
(つまりグリーンは人気薄で売れ残っている?)

結局、「iPodといえば、やっぱり白!」ということで、「Ivory White」を、とりあえずショッピングカートへ。

数日後、「1点在庫あり。ご注文はお早めに」の文字をみて、注文ボタンを「ぽちっと」押していました。

これまた、まだケースから出していません。

でもなんだかわくわくしています。

結論:明日は「サイクルモード2007」に行って来ます!

2007.11.18

紅葉を見に行こうと思ったのに...

ファンを交換して、Vistaマシンは快調です。

先日母親が、

近所の公園が、紅葉でいろんな色になっていて、きれいだよ

と言うので、久しぶりにタルタルーガ(私の自転車)で出かけようとしたんです。
(なぜ、「出かけました」ではないのか?)

かけてあるバイクカバーをはずしていると、
(タルは全長が長いので、自転車用でなくバイク用カバーを使用しています。)

カバーと車体との間に油のような粘着物がついているのを発見。

どっかの継ぎ目から油でも染み出したのか?」と思ったのですが、まあたいしたことないだろうと。

さらにカバーをはずしていくと、その原因が姿を現したのです。

溶けたシートバックのゴム
(シートバックの取り付け部分です。黒いゴムみたいだった部分があめ色に溶けています。)

ああ、確かこの部分は、タルタルーガのサイトでも、

消耗品です

と書かれていたような記憶が...。
(購入してから約4年ですから、こうなっても仕方ないのかも。)

このためにシートバックががたがたになってしまっていたのに加えて、

ちょうどこのタイミングで天候が悪くなってきたので、
(東京と近畿で、木枯らし1号が吹いたそうです)

紅葉ポタリングは中止にしました。


来週はいよいよ「サイクルモード2007大阪」があるので、
(昨年は体調不良で行くのを断念。※そのときの記事はこちら。)

そのついでにLOROに寄って、この部品について聞いてみよう。
(「Tartaruga Type F専用シートバックCR」という部品らしい。)

結論:ぜんぜんメンテしていないつけが、ついに来てしまった!のか

2007.11.13

Fanを探して○千里?

CPUファン、無事交換し終わりました。
(実は、ついでにケースファンも交換。)

写真もいろいろとってあるんですが、今日のところは「スレッド確保」ということで、詳しくは後日。



ということで、記事書きます。

実は交換前にBIOSアップデートをおこなったところ、
(BIOS更新で、SpeedFanの表示が改善されるという記事をwebで見たので)

なぜかCPUファンが動き出しました。
(その代わり(?)、電圧を0%にしても、停止しなくなりましたが。)

交換しないで!」という魂の叫び?を無視して、分解します。


PCのサイドパネルを開けたところです。

PCの内部
(中央に問題のCPUファンが見えます。水平に風を送るタイプです。)

CUBE PCなので、メンテナンス性はあまりよくありません。

DVDドライブをはずし、各種コネクタをはずしまくって、

メモリまではずしてようやく、

Fanヒートシンクを取り出せました。

取り出したCPUファンとヒートシンク
(ケースの中で白っぽく見えるのがCPU(AMD Athlon 64 3000+)。)

この際ついでに、ケースファンも交換することに。

取り出したケースファン
(ついている透明な板で、CPUファンからの風を捕らえて排出するしくみ。)

ここで、ファンのサイズを測ってみたところ、

CPUファン:7cm
ケースファン:6cm

と確認。

ヒートシンクには3年分のほこり(誇り?埃?)がびっしりと。

ヒートシンク
(全体の黄色い部分が(たぶん)銅。土台の銀色の部分がアルミ製でしょう。結構重い。)


さて、ファンサイズがわかったのですから、

パーツ店で同じサイズのものを買ってくれば良いわけですが、

念のために、両方のFanとヒートシンクを持っていくことにしました。

お目当ては、静音と風量を考えて、
(Win2000では夏を経験していますが、Vistaでは未経験なので、静音命!にはできません)

回転数3000rpmのもの。
(旧ファンはMAX4000rpmを超えていたので、少しは静かになるかな?)


まず目指したのは、TWOTOP大阪日本橋店。
(このPCを買ったのが、TWOTOPの通販だったので。)

カウンターで物を見せてたずねたところ、

6cmのケースファンのみが出てきました。

店員いわく、

今は7cmは、メーカがほとんど作っていない」。

えっ!え~~~っ!

私のCUBE PCには、市販のヒートシンクが取り付けられないので、

このヒートシンクに合うFanがないとなると...

とりあえず、6cmのファンのみ購入。
(Owltech F5-N15(山洋電気製)。)


続いて、すぐそばのパソコン工房本店へ。

しかしここでも、「ありません」の声が。


「たぶんないだろうな」と思いながら、Faith大阪日本橋店へ。
(TWOTOPとパソコン工房、Faithは同じ会社がやっているので。)

「展示してある分だけです」と言われて、ファンのコーナへ。

すると、あったのです!7cmのファンが!

2500rpmと3000rpmの2種類があったので、3000rpmのほうを購入。
(XINRUILIAN RDL7025NMB30。)


今回買ったものです。

購入物一式
(左上から、6cmファン、7cmファン、シリコングリス、グリス用はけ、です。)

分解とは逆の手順で、組みつけていきます。

ちょっとしたトラブル(グラボの補助電源つなぎ忘れ)もありましたが、無事起動を確認。

70度を超えることもあったCore温度も、30~50度台に収まっています。

ファンの回転数のほうは、ケースファンの旧ファンが最低でも2000rpmほどだったのが、

新ファンは1500rpmを切るほどにできました。

CPUファンの方はというと...

残念ながら旧ファンとあまり変わらない回転数にまでしか下げられませんでした。
(現在2280rpm。)

そしてやっぱり、電圧を0%にしても、回転止まらず...

音の大きさは、あまり変わらないか、こころもち大きくなったかも?

次交換するなら、水冷か!?
(「次交換」はたぶん、ない。新PC購入だろうから。)

結論:これでまた安心して、Vista環境構築に励めるぞ

2007.11.05

CPUファンがお亡くなりに...

左手人差し指の腱鞘炎は、回復に向かっています。

昨日の記事を書き終えて、ふとタスクバーのSpeedFanの温度表示に目をやると...
(BIOSTAR SMARTFANがVistaで動かなかったので、代わりのファンコントロールソフトとして見つけたのが、SpeedFanです。)

71度!

あわててSpeedFanのメイン画面を開きましたが、ファン駆動電圧は、CPU・ケース両ファンとも100%

「なんで71度にも上がるのか?」と思いながら、回転数に目をやると、CPUファンの値は、

0rpm!!

そういえば、起動時になんかおかしな音がしてたっけ...

てっきり「ハードディスクがやられたか!」と思いましたが、カリカリといういつもの音が聞こえているので、

「あぁ、なんだファンか」と、「安心」しちゃったんですよね。
(すぐに「異音」も消えちゃったし。)

あのときすぐにチェックしていれば、ファンを買いに行くこともできたのに...と、

自分の間抜けさ加減にあきれてます。

今日帰ってきてからケースを開けて電源を入れてみると、やはりファンは回っていません。
(ケースファンは動いています。)

今この記事は、消費電力の少ないWindows 2000を使い、

ケースを開けた状態で書いています。
(現在のCPU温度、37度。)

Vistaの環境構築が順調に進んでいただけに、残念です。

今週末は、日本橋行き決定!だな。

結論:CUBEケースに合う、いいファン知りませんか?

2007.11.04

民主小沢党首、辞任表明

左手の腱鞘炎は、一進一退です。
(熱を持って、痛いです。)

小沢さんに対して、私が長年疑問に思っていたことが、今日氷解しました。

自民党時代は、豪腕・策士の名をほしいままにしていた小沢さんが、
自民離党後に打つ策が、ことごとく外れるのはなぜなのか?

私のたどり着いた答えは、

小沢さんの根本に、ある重大な弱点があり、その弱点を自民党に見抜かれていたから

というものです。

では、その重大な弱点とは何か?

「自民党を倒す」という気持ちより、「政権与党側にいたい」という気持ちが強い

「自民党を倒す」という優先順位が比較的低いため、

自由党時代に自民との連立に乗り、また今回も乗ろうとしたんでしょう。

そして自民党も、小沢さんのそんな弱点を承知していたからこそ、

自民党が危機に陥るたびに「連立」を持ちかけて、

結果として小沢さんの力を弱めることに成功していたのでは?


考えてみれば新進党の解党も、単に

他の党員が小沢さんの言うことを聞かなくなった

というよりは、

(自民党を倒す気満々の)他の党員が(自民党を倒す気が比較的低い)小沢さんの言うことを聞かなくなった

というのが、案外真相なのかもしれません。


いやいや、もしかして、

これはうがった見方かもしれませんが、

小沢さんの「健康問題」が、次の衆院選まで持ちそうになくなってきたとか?
(心臓が悪いんでしたよね)

それで「あせり」が出たとか??

もしかして、辞任、即入院???
(似たような話を、最近聞いたような気が...)

結論:どうなる?民主党


11/6追記

小沢さんは説得に応じて、辞任は思いとどまったようです。

2007.11.03

枚方宿ジャズストリート&菊フェスティバル 2007

仕事で張り切りすぎて、左手人差し指付け根を傷めてしまいました
(腱鞘炎?)

今年もこの季節がやってきました。

枚方宿ジャズストリート菊フェスティバルです。
(昨年の記事はこちら。)

まずは枚方宿ジャズストリートから。

今年のポスター
(京阪枚方市駅2階コンコースにて撮影。)

すでにたくさんの人がバンドを取り囲んでいて、撮影できる場所を見つけるのに、一苦労。

枚方市駅2階コンコースの様子
(パンフレットによると、「Sunday Beans Jazz Orch」のようです。)

今日は全部で4箇所の会場で演奏が行われるようですが、

明日(4日)は、9箇所に増えるようです。

もう1箇所「枚方公園駅西口広場」も覗いてみました。

枚方公園駅西口広場の様子
(あらあら、ちょうど演者交代の時間で、準備中...)

ここは周りが住宅街だからでしょうか、去年までより音量を抑えていたように感じられました。

Jazzはいいと思うんですが、曲名を知らないんですよね。
(今日もいくつか知っている曲が演奏されていましたが、曲名がわからない...)

曲名を知らないので、iTunesで注文しにくいんです。

で、ますます聞く機会が少ない->曲名を覚えない...

の悪循環。

TVの通販番組なんかで紹介されている、Jazzの名曲集でも買ってみようかな。


続いては、菊フェスティバル

駅コンコースの総合花壇
(京阪枚方市駅2階コンコースにて。ジャズの観客にすっかり隠れてしまっていました。)

枚方市駅から枚方市役所への間に、何箇所かに分けて花壇が設置されています。

会場の花壇
(うーん、今年も相変わらずみごとだなぁ。)

市民菊人形
(菊人形の今年のテーマは「風林火山」。謙信(Gackt)が激似!)

学校の部
(市内の小中学校生による「学校の部」。こちらもみごとです。)

結論:「菊」と「聞く」をかけているわけではない?


おまけ

えー、もはや「恒例(?)」となった、「こんなところで菊フェスティバル?」です。

昨年は1鉢だけでしたが、今年は4鉢も育てています。

071103h
(「3本立て」と「1本立て」です。※正式にはどう言うのか知りません。)

071103i
(母曰く、「この花はまだまだ大きくなる」、とのことです。)

一番大きい花を、「おなじみの方法」で大きさを見てみました。

PiTaPaカードと大きさを比較
(PiTaPaカードと大きさを比べてみました。大きくて立派!)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ