ブログパーツ Twitter

« LORO北浜再訪&iPod nano | トップページ | インフルエンザとインフレーションは似ている? »

2007.11.25

CYCLE MODE international 2007 OSAKA

小春日和の名のとおり、あったかい1日でした。
(セーターなんか、着ていくんじゃなかった。)

サイクルモード2007大阪会場に行ってきました。

前回行ったのは2年前

そのときのお目当ては、「Smartcog KAHENSHIKI KOMA」でした。

今回のお目当てですが、どこかのサイトでサイクルモードの紹介をしていた中に写っていた、

ちっちゃなリカンベント

名前もわからなければ、大阪会場に来るのかもわからない。
(タルタルーガは、東京会場だけでしたし。)

でも会えることを信じて、出かけます。

会場の「インテックス大阪」に到着です。

インテックス大阪 外観
(「デュラン」のおっきなポスターがお出迎え。)

当日入場料は1200円でした。

試乗する人は、誓約書に署名します。

試乗に関する誓約書
(そういえば下のアンケートの方ばかり読んでいて、誓約書の内容をほとんど覚えていない。)

誓約書を提出すると、手首に赤い用紙を巻きつけてくれます。
(これが「試乗可」の証明になります。)

なお今回から、試乗時のヘルメット着用が義務付けられました。

持っていない人には貸してくれるのですが、

私は自分のヘルメット(Giro Torrent Ⅱ)を持っていきました。
(「ヘルメットをお持ちの方はぜひ御自身のヘルメットをお持ちください」とあったので。)


さあ、お目当ては「リカンベント」なので、「個性派自転車試乗エリア」に向かいます。

ここで「お目当て」を見つけて、試乗車を返しに行く人の後をついて行けば、

その正体がわかるはずです。

国産リカンベント、「RCB」シリーズを持つスギムラのブースです。

スギムラのブース
(RCBシリーズは「日本人の体型に合ったリカンベント」ということですが、私の脚にはペダルがちと遠い...)

前回お世話になった、スマートコグのブースです。

スマートコグのブース
(ここには写っていませんが、いろんな色のKOMAがありました。)

そしてついに、「お目当て」が置いてあるブースを見つけたのです!

お目当てが置いてあったブース
(紀洋産業と17バイシクルのブース。区切りがないので、1社のブースかと思っていました。)

お目当ての自転車はやはり人気があるようで、試乗から返ってきても、すぐ希望者が現れます。

ここはまず、もうひとつみつけた「ユニークなセミリカンベント」に試乗することに。

前輪が2つあるセミリカンベント
(紀洋産業の「senic type-LW」です。見てのとおり前輪が2つです。)

ところがこいつが曲者でした。

「前輪が2つあるから楽勝!」と思っていたら、大間違い。

まずハンドルが重い
(前輪2つにサスペンションもついているので、当然なのかも。)

そしてなぜか、右へ右へと行こうとする
(おそらくセッティングの問題ではないかと。)

そのため、走り出そうとして、2・3度こけそうになりました。

なんとかコツをつかんで走れるようになりましたが、やはりカーブはしにくい。

後から聞いた話では、「参考出品」だそうで、まだまだ改良しなければならない点があるのでしょう。


この試乗を終えてしばらくしてから、

やっと「お目当て」への試乗の番が回ってきました。

お目当ての自転車(その1)
(17バイシクルの「エス17」です。)

お目当ての自転車(その2)
(本格的なリカンベントに乗るのは初めてなのに、いきなり「下ハンドル」!)

秘かに恐れていた「ペダルまでの遠さ」も問題なし!

寝そべったシートにもたれかかり、走り出します。
(ここでタルタルーガでの経験が生きました。)

予想外(?)のスムーズな発進。

下ハンドルに慣れていないので、多少ふらつきましたが、思っていたほど難しくない。

2・3周走って慣れてくると、これが楽しい!

タルタルーガでも「前方視界が広い」と言われますが、

こいつは「前方に何もない」。

当然ながら試乗中の写真はないので、他の人が乗っているところの写真を。

走行中のエス17
(私の感覚では、この写真の人よりは寝そべっていたと思うのですが...)

試乗コースでは、KOMAやRCBまでも追い抜くという、快挙達成!?
(単にRCBに乗っていた人が、下ハンドルリカンベントに慣れていなかった、だけ。)

もっと乗っていたかったのですが、待っている人もあるだろうからと、返しに行くと...

なんと、試乗待ちの列ができていました。

エス17への試乗を待つ人の列
(エス17は何台かあったので、私の「乗りすぎ」のせいではありません。)

その後は、会場内をぶらっとして、

天ぷらそば(600円)を食べて、会場を後にしました。


いやぁ、お目当ての自転車に乗れたし、

しかもそれが、予想以上に楽しかったし、

もう大満足でした。

来年は、11月の2・3日だそうです。

来年も行けるといいな。

結論:自転車は楽しい!


・11/28 追記

私のマイミクさんの一人も、24日に「エス17」に乗ったそうです。

「意外と安くてびっくり」と書いてあったので、サイトで値段を確認。

> ■予定参考価格(小売価格) ;59,850円(税込み)送料別途

う、うそ...リカンベントでこの価格!

« LORO北浜再訪&iPod nano | トップページ | インフルエンザとインフレーションは似ている? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« LORO北浜再訪&iPod nano | トップページ | インフルエンザとインフレーションは似ている? »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ