ブログパーツ Twitter

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007.09.27

エアコン復活

旅行が済んだら、ずっと涼しくなりましたね。
(以前の記事で、「暑い日はもうしばらく続いて欲しい」と書いた理由は、「旅行があるため」でした。)

先日の記事で書いたように、自室のエアコンがおかしくなっていたのですが、

今日、修理してもらいました。

先日の記事では、すぐにでも修理を依頼するように書いていましたが、

旅行中に修理に来てもらうわけにも行かないので、

今週に入ってから修理を依頼しました。
(「保証期間が過ぎている」+「販売店がつぶれた」ということで、製造元の三菱重工に依頼。)

今日来てもらったのですが、私は仕事で不在なので、

異常の状況を用紙にまとめて、父親に応対を頼んでおきました。


帰宅して状況を聞いてみると、

外部ユニットの基盤を交換した

とのこと。

修理費の明細は、

・基盤代 16,000円
・交換費 7,400円
・出張料 2,000円
・消費税 1,270円

ということで、合計26,670円でした。
(「出張料だけで6千何百円」と聞いていたので、それが2,000円だったのには、よかった。)

3万円用意しておいたので、それ以内に収まって、一安心。
(父親にお金を出させることになったら、心苦しいですからね。)
※それでも予想していた額よりは少々高かったですが。


これでガンガン!エアコンが使える!!

と言いたいところですが、

最近涼しくなってきたので、出番は激減。

本当に「空気(エア)」を読まないんだから...

結論:想定外の出費!Vista+iPod代を、どこからひねり出すべきか...

2007.09.22

美ヶ原・車山への旅(20,21日) 第2日目

前回に引き続き、信州への旅行の、2日目の様子です。

日の出を見るために、4時半に起床して、ホテルの前で良い場所を探します。

明らむ地平線と明けの明星
(予定時刻は5時半過ぎですが、3時頃から待っている人もいたと聞きました。)

そしていよいよ、太陽が雲海の中から姿を現しました。

御来光
(あのすばらしさを、たった1枚の写真で表すことなど、とてもできません。)

他のお客さんとホテルの人が、

「こんなにきれいにアルプスの山々が見えるのは、ここしばらくなかった」

と話しているのを小耳に挟みながら、夢中でシャッターを切っていました。

そのアルプスの山々と、こちらとの間には、見事な雲海が!

雲海
(「雲上のリゾート」の面目躍如!ですね。)

日の出と雲海を、たっぷり堪能したところで、

王ヶ頭の頂上」を目指します!

と言ってもホテルの裏手なんですけれどね(笑)。

ものの5分もかからずに、山頂を征服していました。

王ヶ頭頂上
(2034mです(自己最高)。これで「日本100名山」の1つを制覇!)

この後の朝食も、なかなかの品揃えで、大満足。
(夕食・朝食とも、レストランでの食事でした。)


さて、このあたりで美ヶ原とはさよならして、次へと向かいます。

2日目の行程です。

美ヶ原高原八島湿原霧ヶ峰高原車山高原諏訪岐阜羽島=(新幹線)=新大阪
※最後の新幹線以外は観光バス(おんたけ交通)


まずは、「八島湿原」。
(「八島ヶ原」と表記しているサイトもあるようです。)

八島湿原看板
(「天然記念物」だなんて、知りませんでした。)

湿原の周りを1周できる遊歩道が整備されており、1時間ほどで1周できるそうです。

しかし1周できるだけの時間は、スケジュールの都合から、取ってもらえませんでした。

八島湿原全景
(季節が良ければ(8月末まで)、花がいっぱい見られるそうです。)


続いて訪れたのは、「霧ヶ峰高原」。

止まっているグライダー
(グライダーを飛ばしていました(写真は駐機中)。離陸を見たのは初めて。)

どこぞのエアコンの名前の元となった場所ですから、さぞかし「涼しい」のだろうと思っていたのですが...

暑い!

高度があることもあって、直射日光が突き刺さるようです。

ここだけでなく、どこもこの日は暑かった!
(地球温暖化の影響?)


その次に訪れたのは、「車山高原」。

ここで昼食を摂りました。

ここでのお目当ては、

展望リフトで標高1925メートル!360度の大パノラマへご案内します!
※旅行のパンフレットより

「展望リフト」って、てっきり「ゴンドラ」のようなものを想像していたのですが...

思いっきり「リフト」(スキー場にあるやつ)だったので、少々ガッカリ。

乗車(?)時間6分のと8分の2つのリフトを乗り継いで、山頂へと向かいます。

展望リフトで山頂へと向かう
(これは「8分」の方。屋根があるように見えますが、思いっきり開いています。)

リフト降り場付近から、下の「白樺湖」方面を臨みます。

白樺湖を望む
(白樺湖周辺も、大変なリゾート地だそうです。)

リフト降り場から、もう少し登ると、気象レーダが設置された山頂へとたどり着くのですが、
(富士山レーダが廃された後、新しいレーダが設定されたのが、この車山だとか。)

「ひざ爆弾」が危険信号を発し始めたので、山頂へ行くことは断念。

少し前にいた「八島湿原」が、遠くに見えました。

八島湿原を望む
(実は八島湿原からも、ここのレーダが見えていました。)

リフトで「降りた」のも、人生初体験!
(そんなに大層なことでもないんですけどね。)


最後の土産物屋に行く途中、諏訪湖の横を通りました。

諏訪湖
(今年の諏訪湖はアオコが発生していて、きれいな状態ではないそうです。)


岐阜羽島から、新幹線「こだま」で大阪へと無事帰ってきました。
(こだまに乗ったのは、人生初!)

電光掲示板
(岐阜羽島からは、「ひかり」だろうと「こだま」だろうと、「各駅停車」なんですね。)


今回の旅行はとても良かったです。

とくに美ヶ原は、ホテルを含めて、また行ってみたい場所の一つになりました。
(また行くなら「花の季節」(5~8月)がよさそう。)

結論:あちこち駆け足で回る旅行より、宿でゆっくりできる旅行の方がいいかも?

美ヶ原・車山への旅(20,21日) 第1日目

夏休み第2弾は、信州へ旅行に行ってきました。

分散して取ることになっている今年の夏休み。

その第2弾は、20(木)・21(金)にかけての、

信州松本方面への旅行でした。
(クラブツーリズムのツアーです。)

今回の記事は、その旅行の1日目の様子です。

1日目の行程は、次の通りです。

大阪=(ワイドビューしなの9号)=松本-(送迎バス)-美ヶ原高原(泊)
※美ヶ原=うつくしがはら

大阪駅8時58分発の「ワイドビューしなの9号」に乗って、松本へと向かいます。

電光掲示板
(我々が乗る「しなの9号」は長野行きなので、寝過ごすと大変なことに...)

しなの9号がやってきました。

しなの9号先頭車両
(先頭車両の独特の形状が、「ワイドビュー」の名前の由来ですね。)

残念ながら先頭車両ではありませんでしたが(先頭はグリーン車)、

景色を堪能し、また「振り子」の動作も感じることができました。
※東海道本線走行中は、振り子は停止されているようです。


名古屋を経由して、4時間で松本に到着です。

駅構内から、北アルプスの山々がよく見えました。

北アルプスの山々
(ガラス越しです。写真にはありませんが「槍ヶ岳」も確認できました。)

ここからホテルの送迎バスで、2000mを超えるところにある「王ヶ頭ホテル」へと向かいます。
※王ヶ頭=おうがとう

2005年の乗鞍スカイラインに勝るとも劣らない急な坂道を登っていきます。

山の頂上にホテルが見えてきました。

山頂に建つホテル
(周りに林立しているのは、NHKや民放の中継アンテナ群です。)

途中で舗装路は終わり、牧場用の未舗装路をガタガタ揺れながら到着です。
(自家用車や観光バスは、舗装路の部分までしか上がれません。上がれるのは送迎バス(+徒歩)だけ。)

午後3時前に到着しました。

王ヶ頭ホテル全景
(※夕刻に撮影した画像を使いました。)

この日は天気が良く、富士山がはっきり見えました。

富士山と八ヶ岳
(富士山(中央)と八ヶ岳(左端)です。生まれて初めて富士山を見ました。)

ホテルの人が、「この時間帯に富士山が見えるのは珍しい(普通は雲に隠れる)」と言っていたほどで、

富士山だけでなく、北・南・中央アルプスがくっきりと見渡せました。

ホテルの前からは、一面の牧場が広がっていました。

ホテル正面からの風景
(パノラマに挑戦してみました。※クリックすると拡大します。)


風呂は温泉かどうかはわかりませんが、大浴場と露天風呂があり、

特に露天風呂は牧場が眺め渡せ、大変気持ちよかったです。
(旅行で1日に2度も風呂に入ったのは、もしかすると始めて?)


食事もすばらしく、前菜から始まって、

岩魚の炭火焼き」、
(骨まで丸かぶり!)

牛肉の朴歯焼き」、

松茸の土瓶蒸し

などを堪能させていただきました。


夜は満天の星!

天頂あたりに「天の川」も見えました。
(天の川を見たのって、何年ぶりだろうか?)

だめもとで写真を撮ってみましたが、やはり私のデジカメでは、

真っ黒にしか写っていませんでした。


ただ1つ残念だったのが、客室

ホテルには南館と東館があり、東館でも東向きの部屋と西向きの部屋があります。

東館の西向きの部屋については、ホテルのサイトのFAQのページに、

> テレビ塔が建っているため、やや眺望が劣ります

とあるのですが、「やや」で済む程度ではありませんでした。

また、客室には「エアコン」がありません。

同じくFAQによると、

> 松本市内の気温よりおよそ8℃~10℃くらい低くなります。

とあり、我々も「寒さ対策」はしていったのですが、

西向きの部屋だけあって、西日が強い!

外気温は「さわやか」なので、外気を取り入れようにも窓が開かない!

入り口を開けっ放しにして、何とかしのぎました。
(もちろん、寝るときは閉めましたが。)


さあ明日は、ホテルでの最大のイベントであろう、

日の出

を見なくてはなりません。
(4時半起き予定。)

天気予報は「晴れ」ですが、山の天気は変わりやすいもの。

はたして!

結論:2日目に続く...

2007.09.17

エアコン故障

最近の天気予報はなぜ当たらないのだろう?
(「雨」の予報で家にいることにしたら、結局1日いい天気だったり。)

昨日(16日)、自室のエアコンが故障しました。
(よりによって、この暑い時期に...)

「なんか吹き出す風が冷たくないなぁ」と感じていたら、突然ランプが点滅しだして停止。

リモコンで、「運転」「停止」を繰り返してみるものも、ランプの点滅は変わらず。

いったん「停止」状態にして、取扱説明書を引っ張り出して調べてみると、

室外ユニットに異常が起きています

しかし私はあわてません。

このエアコンは購入時に、販売店の「5年保障」を付けてもらっているから、大丈夫のはず

「5年保障」の保証書の「ご購入日」を見てみると、

02年7月16日

2カゲツマエニ、キレテイタ...

しかもよく考えてみると、

販売店も数年前につぶれていた...


メーカに説明するため症状を確認しておこうと思って、リモコンで再度「運転」にしたところ、

ランプの点滅が消え、「正常に」動き出しました。

しかし数十分後、再び同じ状態に。

どうやら、停止させて5~10分ほど空けると、動作するようです。

休み明けにメーカに問い合わせるつもりですが、

修理するにせよ、新しく購入するにせよ、

しばらくだましながら使うことになりそうです。

結論:VistaやiPodなんかも買いたいこの時期に、空気を読まないんだから...

2007.09.13

夏休み初日は、カートで「大旋回」!?

今日だけは「さっぱり当たらない天気予報」に感謝・感謝!
(一時は「13・14両日とも雨」なんて言っていましたからね。)

今日はうれしい「夏休み第1日目」。

舞洲インフィニティサーキットに行って来ました!

昨年も「夏休み第1日目」に行っているんですよね。
(昨年の8月17日でした。そのときの記事はこちら。)

で、びっくりすることに、

今日行ったのは、その昨年の8月17日以来だったのですよね。

ご無沙汰にもほどがある!

あまりにもご無沙汰過ぎて、行くまでの間に1つ失敗をしてしまいました。

普通なら、自宅からいく場合、

京阪京橋からJRに乗り換えて、JR桜島で舞洲アクティブバスにて「ロッジ舞洲前」まで

という方法で行くのですが、

京阪で乗り過ごし、終点の淀屋橋まで行ってしまいました。
(「近くのきれいなお姉さんに見とれていた」という説については、ノーコメントです。)

仕方がないので、そこから地下鉄で梅田(大阪)へ出てJRに乗り継ぐという方法をとりました。

その代償はというと...

JR桜島駅を出た私の目に写ったのは、

停留所から出て行く舞洲アクティブバス!

炎天下で20分弱待たされる結果となりました。
(女難の相があるのかも...って、だからノーコメントだって!)

舞洲アクティブバスで向かう途中、全国的に有名になってしまった

大阪市環境局 舞洲工場の横を通ります。

大阪市環境局 舞洲工場
(これをUSJと勘違いする人がいるというのも納得。)

「ロッジ舞洲前」バス停から徒歩2・3分行くと、舞洲インフィニティサーキットです。

サーキット全景
(左中央に見える建物が、新しいクラブハウスです-昨年の写真と比べてみよう。)

ひそかに狙っていた通り、私のほかには客は「」。
(他人と走るのは苦手で...※上の写真で走っているのはスタッフ)

とっくに期限が切れてしまっていた会員証を更新(5000円)して、いよいよスタートです。

1年のブランクはどう出るのか?

※で、毎度のことですが、走行中の写真はありません。

昨年の走行で教えてもらったライン取りを思い出しながら、Gに耐えます。

ストレートでは全開にできるのですが、カーブでは自分でもはっきりわかるほど遅い。

ようやく感覚が戻ってきたかな、というとこらへんで、10周終了。

1回目の走行タイムです。

1回目のタイム
(自己最高の41秒77には及ばないものの、「私としては」好タイム。)

ゲストハウスで小休止。

しかし「調子が出てきているから」ということで、10分も休んだかどうかで、2回目へ。

2回目は「調子に乗って」カーブへの突込みをより激しく!

カーブが遅くなる原因の1つである「ブレーキング」もタイミングを遅らせる!

1.カーブへの進入速度がより速くなる
2.ブレーキングのタイミングがより遅くなる
3.当然、より強いブレーキングが必要
4.その結果は...


スピン!
(もしかして、人生初?)

第1コーナーへの突っ込みのところでやってしまいました。

しかし自称「アグレッシブな走り」は懲りることを知らず、

結局、

・第1コーナーへの突っ込みで、計2回
・バックストレートから第10コーナーへの突っ込みで、計1回

いつもより余計に回っております」状態に。
(「染之助・染太郎」師匠じゃないんだから...)

で、肝心のタイムの方は?

070913d
(なんと1回目を超えた!※たぶん3・5・9周目がスピンした周)

ただ、これまでは来るたびに自己記録を更新していたのに、

今回は自己記録更新がならなかったのが、残念といえば残念。

でも1年のブランクを考えれば、上出来ですよね。
(あくまで「私としては」ですが。)


終了後はいつものように、「ロッジ舞洲」にて遅めの昼食。

窓から見た風景
(窓からバーベキュー場、その向こうに海が見えます。)

今度は1年も空かないようにしなくっちゃ。

結論:スピンのときになぜカウンターを当てられなかったのか、と気づいて、ちょっと悔しい

安部首相が辞任

明日(13日)から、待望の夏休み!です。
(例年のごとく、まとめては取れず、2・2・1日と分散ですが...)

びっくりしましたねぇ。

安部首相が辞任表明

本人は理由をいろいろ言っているようですが、

もうっ!いやっ!!

というのが案外真相なのではないでしょうか?
(「脱税疑惑」というのもあるそうですが。)

しかし辞めるなら辞めるで、もうすこし「方法」があったでしょうに。

たとえば、「緊急入院しておいて、体調不良を理由にする」とか。

そのような工夫があれば、将来「2度目の首相の座」を目指すことも不可能ではなかったかもしれないのに。
(政界では「まだまだ若手」でしょうから-ただし「自民党が政権の座にあり続ければ」...ですがね。)

あくまで私の想像ですが、他人にろくに相談もしていないのでは?
(「他人がなんと言おうと己の信じるところを進む」という安部さんらしいといえば、「らしい」ですかね。)

まあこれで、安部さんの将来においての復活は、ほぼ100%なくなったといっていいでしょう。
(「あの程度の理由で政権を放り出した」前歴は重いでしょうから。)

あの程度の理由で」?
(民主党小沢代表に党首会談を断られた)

これまでの人生、たいした障害にもぶつかったことがなかったのでしょうか?

結論:次になる人は大変だ


・9/13追記

やはりと言うべきか、「実は体調が相当悪い」という報道がさかんに出てきました。

でも「弁解めいて」聞こえるのは私だけでしょうか?

政治家にとって健康問題は命取り」と言われるのは知っていますが、

どうせ出るならやはり、健康問題を辞任の理由にすべきだったのでは?

2007.09.09

Apple Store 心斎橋への道!は遠かった...(いろいろな意味で)

暑い日はもうしばらく続いて欲しいなぁ。
(なぜそう思うのかは、いずれまた。)

Apple Store 心斎橋に行ってきました。

目的はもちろん、「新型iPod nanoの実物を見るため」です。
(webでは、カラーが実物と違って表示されることは、よくありますからね。)

自称「方向音痴」の私ですから、事前に場所もしっかり確認。

心斎橋店のアクセスマップによると、

> 地下鉄 御堂筋線 堀鶴見緑地線をご利用の方: 「心斎橋」 駅を下車後、 7番出口より周防町交差点方面へ徒歩3分

7番出口を南方向に行けばあるのね」と、しっかり記憶して出発。

心斎橋駅までは問題なく到着。

地上へ出て、方位磁石(バイクガイ B-コンパス)で南を確認し、歩き出します。

「徒歩3分」ですから、すぐに「看板など」が見えるはず...

と思っていたのですが、そのようなものは見当たりません。

「もうちょっと行けば見えるだろう」「もうちょっと行けば...」を繰り返しているうちに、

道頓堀橋の手前まで来てしまいました。
(駅出口から約450m先。)

ここでやっと「どこかで間違えた」ことを確信。
(誰が考えても「遅すぎ」ますよね。)

道の反対側にコンビニを見つけたので、そちらへ寄って水分補給。

そのまま今度は北へ向かって歩き出します。

そしてようやくApple Store発見!
(道の反対側にいたので、よく見えました。)

Apple Store 入り口
(思っていたよりずっと大きくてびっくり。)

角にあって、入り口が南を向いていたので、最初に通ったときには気が付かなかったのでした。

だいたい「看板など」があるはずと思っていたのが大きな間違いでしたね。
(スマートなイメージのAppleに、無粋な看板など無用なもの、ですね。)

早速、新型iPod nanoを発見。

新型iPod nano
(PiTaPaカードと大きさを比べてみました。)

「パステル調の柔らかな色調に変わった」というブルーとグリーンですが、

webで見たよりはずっとよい色に思われ、一安心。

動画の方も、「Mac君とパソコン君のCM」などが、思った以上にきれいに見ることができていました。

続いて、iPod Classic

iPod Classic
(これもPiTaPaカードと大きさを比べてみました。やっぱり少し重いかな。)

そして、iPod shuffle

iPod shuffle
(これは小さかった!100円玉と比較してみました。)


「ところで、iPod touchは?」と思われるかもしれませんが、

まだ展示されていませんでした。
(9月28日が出荷予定日ですからね。)


さて、「散々苦労して」ようやく目にすることができたiPod nanoですが、

苦労はまだしばらく続きそうなのです。

実は新型iPodを使うためには、iTunes 7.4以降が必要なのですが、

iTunes 7.4はWindows 2000では使えない

ことがはっきりしてしまったのです。

Appleの「Download iTunes」ページにある、

Windows システム条件」には、

> ・ Windows Vista 32ビット版、Windows XP または 2000 Service Pack 4以降

とあるので、使用できそうですが...

ダウンロードしたiTunesSetup.exeを実行させると、

表示されるエラーメッセージ
(えっ、Windows 2000では使えないの!)

というメッセージが表示され、「OK」を押すと、

インストーラ終了の表示
(Windows 2000で実行させたことが、「エラー」だなんて...)

となってしまい、インストールできませんでした。

※9/12追記
米国のiTunesのDownloadサイトを見てみると、
「Windows システム条件(Windows Requirements)」として、
> ・Windows XP or 32-bit editions of Windows Vista
となっており、「2000」の文字はありません。


このことについて、Apple Storeでスタッフの方に聞いてみたところ、

スタッフの方もこの事実をご存知ありませんでした。
(「Windows システム条件」を見て、iTunes 7.4はWindows 2000で使えると思っていらっしゃいました。)

ただ、iTunesについてはご存じなかったものの、

新型iPod自体がWindows 2000に非対応になった

という事実を教えていただきました。

つまり、私が新型iPodを使いたければ、

Windows Vistaを導入するしかない

ということです。
(思い切ってMacを導入!という可能性も無きにしもあらず、ですが(笑)。)

う~ん、どうすべきか?

実は現PCの、Vistaインストールに使えるハードディスクの空きが、
(Win2000とのデュアルブートにする予定)

40GBちょっとしかないのです。
(Vistaの条件によると、40GBあればインストールできはしますが...)

Vistaのサービスパックも来春に出るそうですし、

「サービスパックが出るまでに考えればいいか」と思っていたのに、いきなり決断の時!だなんて。

苦労&苦悩はまだまだ続く...

結論:結論がそんなにはやく出るわけないでしょっ!


・おまけ

やっぱり思い切って、Mac導入!?

Mac Book 全体
(Mac Bookです。キーボードが特徴ですね。)

う~ん、この小ささは魅力だなぁ...

2007.09.07

New iPod 発表!

♪も~う、い~くつ寝~ると、夏休み...
(まだ取れていません(泣))

5日、予想通りiPodの新型が発表されました。

世間一般の注目はやはり、iPhoneと同様のインターフェースをそなえた、

iPod touch

でしょうが、私個人としては、第3世代になった、

iPod nano

に注目していました。
(事前の情報の中には、nanoの新型が「iPod touch」の名前になるというものもありましたが。)

とにかく軽いのが欲しかったのです。

私が持っている「第2世代iPod 10GB」のデータは、

・2インチ(対角表示領域)白色LEDバックライト付き液晶ディスプレイ
・160×128ピクセル解像度、0.24mmドットピッチ
・高さ:101.6mm
・幅:61.4mm
・厚さ:18.4mm
・重量:185g
・再生時間:10時間(バッテリー完全充電時)

たった「185g」のはずなんですが、鞄に入れると、それだけでかなり重くなったように感じていました。


新しいnanoの方はというと、

・2インチ(対角)液晶ディスプレイ、青白色LEDバックライト付き
・320×240ピクセル解像度、204ppi
・高さ:69.8mm
・幅:52.3mm
・奥行き:6.5mm
・重量:49.2g
・音楽の再生時間:最大24時間(バッテリー完全充電時)

おおっ!ディスプレイのサイズが同じになって、重量は3分の1以下!

再生時間も大幅に伸びて、これなら会社で朝から使っていても電池切れの心配なし!!

ただ、デザインについては、う~ん、どうでしょう?
(事前に流れていた情報どおりでしたね。)

カラーについても、webで見る限り、第2世代の方がきれいだったような気が...
※追記
ブルーとグリーンについては、従来のメタリックな色調から、パステル調の柔らかな色調に変えられたそうです。
(from ITmedia)

でも結局買うことになりそうです。

買ったら、レポートしますね。

結論:そういえば、Zoneって、どこにいったのか?

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り

無料ブログはココログ