ブログパーツ Twitter

« 突然!CMOSエラー!! | トップページ | 6年7ヶ月ぶりの皆既月食! »

2007.08.23

CMOSバックアップ電池を交換

夏の高校野球は、佐賀北の初優勝で幕を閉じました。
(開幕日が「立秋」だったので、正確には「秋の」大会?)

先日の記事で書いたように、私のPCのCMOSバックアップ電池が切れてしまったようなのです。

バックアップ電池を交換しなければならないのですが、ここで1つ疑問が。

「バックアップ電池って、電源を入れていれば充電されるんじゃなかったっけ?」

実は以前、DELLOPTIPLEX 433/LVで経験していました。

電源に数ヶ月つないでいなかった後、つないでスイッチを入れたが起動しなかった。
(新PCを購入したため、そちらをつかっていた。)
電源につないだまま1日放置した後、スイッチを入れると起動した。

webで「CMOS バックアップ 電池」で検索したところ、

最近のデスクトップPCのバックアップ電池は、市販のボタン電池を使用しているのがほとんど

であることがわかり、納得。
(DELLの話は「前世紀」の出来事でした。)

ただwebの記事中には、「使用されているボタン電池の型番は統一されているわけではない」ともあり、

まずは電池の型番確認が必要。

と、その前にマザー上のどこに電池が付いているのか確認を!

というわけで、日本と海外のBIOSTARのサイトを探したのですが、

マザー「K8NBP」の資料を見つけることはできず...

やっとLostCircuitsというサイトで写真を発見!

電池の位置がわかったので、PCのサイドパネルを開けました。

バックアップ電池発見!
(黄色の丸で囲ってあるのが、バックアップ電池です。)

しかし上方から迫るハードディスクが邪魔をして、型番の確認ができません!

また、たとえ型番がわかったとしても、同じくハードディスクが邪魔をして、電池を外せそうにありません!!

これは前面のコネクタ類のパネルを外すしかなさそう。

PC前面
(黄色で囲った部分を外します。※カバーは外した状態です。)

パネルを外してみると、目の前にバックアップ電池が見えました。

前面パネルの隙間から
(黄色で囲ってある中の、銀色に輝く部分が「電池押さえ」兼「電極」です。)

ここでようやく、電池の型番が「CR2032」であることを確認。

「CR2032ならば、買い置きがあったんじゃなかったっけ?」

ごそごそと探すこと約1分。

買い置きの電池、発見!

これで心置きなく交換作業を進められます。

PCに戻って、「電池押さえ」の部分をドライバーで押してみると、その部分が引っ込んで、ロック解除。

パネルの隙間が狭く、電池をつまめそうにないので、そのまま筐体をひっくり返すと、ぽろっと電池がはずれました。

こちらがその電池。

旧バックアップ電池
(「JAPAN」の文字が、ちょっと意外でした。)

その跡に、新しい電池を滑り込ませるように装着。

そのあとは、PC組み立て-電源投入-BIOS設定-Windows起動-シャットダウン&電源断。


さて、ここからが問題。

電源を入れて、「CMOS checksum error - Defaults loaded」が出なければOK。

もしその表示が出れば、「原因は他にある」ということになります。


はたして?



その結果は??




!!!




あっさりOK


これでまた「3年」使えるかな?

結論:後はVista Ultimate 64bit版を入れるだけ!なんですけどねぇ...

« 突然!CMOSエラー!! | トップページ | 6年7ヶ月ぶりの皆既月食! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 突然!CMOSエラー!! | トップページ | 6年7ヶ月ぶりの皆既月食! »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ