ブログパーツ Twitter

« みかん雑感 | トップページ | 最近調子悪い »

2007.06.07

年金問題がわが身に?

しつこい咳も、だいぶましになってきました...
(ぶり返さなければいいのだけど)

連日ニュースや新聞紙面をにぎわせている「宙に浮いた年金問題」。

私が年金をもらえるようになるのは「まだまだ先」なので、

「そのうち確認すればいいか」

と考えていました。

ところが昨日、「ある記憶」がよみがえってきたのです。


年金番号が統合されたとき、私の元にも新たな「年金証書」が送られてきました。

ただし「2通」も!

統合が正しく行われたのであれば、年金証書は「ひとり1通」のはずです。

つまりこれは、社保庁が私の年金納付記録を、

2人の別個の人間の記録

として処理したということです。

そのときは「これだからお役所は...」などとぼやきながら、

2つの年金証書を1つにまとめる手続きをしました。


これって、1つ間違っていれば、片方の年金記録が「宙に浮いていた」ところだったわけです。

この場合は幸いにも、「2通の年金証書」の郵送先が同一だったために、

少しばかりの手続きで事なきを得ましたが、

もし郵送先が別々だったら...


郵送されてきた「1通の新年金証書」を見て、

「これで無事に統合された」と信じて疑わなかったことでしょう。


「そのうち確認」などと、悠長なことは言っていられなくなったので、

早速「年金個人情報提供サービス」の申し込みを行ってきました。
(「大人気」で受付処理が遅れているらしい...)

と言っている矢先に、「新たな入力漏れが判明」と言うじゃないですか!
(従来の5000万件に加えて、最大1430万件も!)

責任者出て来い!
(故人生幸朗師匠風に。)

結論:1年で年金記録5000万口の名寄せができなかったら、政府は責任をとる気があるのか!


・7月6日追記

IDとパスワードが届きました。
(まだ封筒を開けていませんが、おそらくそれでしょう。)

4週間かかったわけですが...そんなところでしょう。

接続してみるのが怖い。

« みかん雑感 | トップページ | 最近調子悪い »

コメント

実は私も大学時代に親が払っていた年金を就職時に
統合する事をせずに10年間2個の年金番号を持っていた口です。
記録状況を確認するには、今の会社に聞かないと分からないし。
・・・・・めんどくさい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« みかん雑感 | トップページ | 最近調子悪い »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ