ブログパーツ Twitter

« 宇治平等院を散策する | トップページ | ひざ爆弾、(小)爆発! »

2007.05.04

銀閣寺への迷い旅

昨日に引き続き、「GWは近場でGO!」シリーズ第2弾です。
(昨日の「平等院編」はこちら。)

今日は「銀閣寺」を目指すことに。

金閣寺」については、大学時代に仲間と行ったことがあるのですが、
(確か2月か3月ごろで、まだ少し雪が残っていたのを覚えています。)

「銀閣寺」については、これまで何度かチャンスがありながら、行けていませんでした。


京阪電鉄出町柳駅から京都市営バスで、銀閣寺方面へ向かうことに。
(今回は先日購入した「キャメルバックボトル」持参です。)

ところがこの出町柳駅で、考えていた出口と異なる出口から出てしまい、目指すバス停がどれだかわかりません。
(単純に「一番南側の出口から出ればいい」と思っていたのが間違いのもとでした。)

数分間あたりをうろついた後、交番を見つけて銀閣寺行きのバス停の場所を尋ね、やっとバスをGet。
(出町柳から銀閣寺方面に行くバスの系統は、3・17・55・102・201・203です。今回は55系統。)

バスはすいており、約5分ほどで「銀閣寺道」に到着。
(「10分から15分」という情報を事前に得ていたので、早い到着にびっくり!)

ここから進行方向(東)に向かって歩いていけば、銀閣寺に行き当たるはずです。

なんと、「五山の送り火」で有名な「大文字山」が正面に見えます。

大文字山
(送り火のことを、よく「大文字焼き」という人がいますが、間違いです。)

しばらく歩いていくと、道が二股に分かれているところにやってきました。

「どっちに行ったらいいんだ?」と戸惑っていると、視界の隅に

銀閣寺」の文字と「右向き矢印」が見え、

そのまま右手の道を進むことに。
(このとき、もう少し注意深く見ていれば...)

きれいな小川のほとりを「銀閣寺めざして」進んでいきます。

「なかなか着かないなぁ」と思っていると、案内板発見!

どれどれ...ん!


!!!


逆方向を指す案内板
(銀閣寺は、反対方向だって!!)

どうやら小川ばっかり見ていて、銀閣寺への案内板を見落としたようです。

今度はあたりを注意しながら、来た道を戻ります。

2・3の案内板を見つけましたが、いずれも「銀閣寺は来た時の反対方向」を指すものばかり。

そうこうしているうちに、先ほどの二股の箇所に戻ってきてしまいました。

「確かこの案内板に右ってあったんだよなぁ」と思いながら、よくよく見てみると...

見間違えた案内板
(完全に「直進すれば」の文字を見落としていました。)

自分のうかつさを恥じながら、今度は左手の道へ。

土産物屋が軒を連ねる坂道を登っていくと、入り口(総門)が見えてきました。

銀閣寺総門
(人がいっぱい写っていますが、流れはスムーズで、そんなに込んでいるようには見えません。)

ところが中へ入って受付へと進もうとすると、列が止まって動きません。

銀閣寺垣と受付を待つ長い列
(「銀閣寺垣」です。この列の先の「中門」前に、拝観料を支払う場所があります。)

やっとのことで拝観料を支払い、中へと進みますが、

道幅は狭く、のろのろとしか進みません。
(自分のペースで進めないというのは、疲れるんですよね。)

宝処関」という門をくぐると、いよいよ銀閣寺庭園の本番です。

向月台
(「向月台(こうげつだい)」です。予想よりずっと大きくて、びっくりしました。)

銀沙灘
(「銀沙灘(ぎんしゃだん)」です。この模様は波を表しているのでしょうか?)

銀沙灘から向月台を振り返る
(向月台方向を振り返ってみました。※人と比べて向月台の大きさがわかるでしょうか?)

写真を撮るのも難しいほど込んでいる中を、ひたすら前の人の後について進みます。

池と庭園
(なんか幾つか看板が立っていましたが、よくわかりません。)

やがて道が2手に分かれる場所に来て、そのまま前の人についていこうとした時、

そういえば肝心の「銀閣」はどこにあるのだろう?

と気になって、受付でもらったパンフレットを見てみると、





通り過ぎてるじゃん!!!
(向月台や銀沙灘の反対側になるようです。※向月台を振り返った写真に銀閣が写っています。)


あわててパンフレットの境内図を検討した結果、

銀閣を見るには、2手に別れるこの場所から、人の流れの少ない方(右方向)へ行けばよい

と判断し、そちらへ向かいます。
(左方向に行くと、山の上の展望所の方に行くようでした。)

少し行くと、銀閣の正面に出ました。

銀閣正面
(写真などで見慣れたアングルですね。でもどうしてこちらへ来る人が少なかったのか?)

錦鏡池」の周りをめぐりながら、銀閣をじっくり眺めます。

銀閣裏側
(裏側です。よく紹介される正面以外の部分は、痛みが目立つようでした。)


またひとつ、「近くにあるのに行ったことのない場所」を制しました。

これで私のGWのイベントは事実上終了。
(残る土日は、普段の土日と同じ過ごし方の予定。)

来週からは、またあの日々が始まる...

結論:近場であっても楽しめるのは、元気であってこそ!ですね




・番外 UFO?

この記事を書いていると、窓の外に怪しい光が...

U.F.O.?
(なんなんだ!あの発光体は!!※ゆっくりと動いているので、ぶれてしまいました。)


というのはもちろん冗談で、その正体は、

飛行船

でした。
(一目でわかりましたけどね。)

飛び去っていく飛行船
(飛行船なんて見たのは、どのくらいぶりだろうか?)

« 宇治平等院を散策する | トップページ | ひざ爆弾、(小)爆発! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宇治平等院を散策する | トップページ | ひざ爆弾、(小)爆発! »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ