ブログパーツ Twitter

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007.05.31

みかん雑感

「カゼ」は良くなったり悪くなったりを繰り返しています...(咳がなかなか治まらない)

突然ですが、「みかん」の話です。
(おもに「温州みかん」について、です。)

先日、母に「みかん缶を買ってきて」と頼みました。

我が家で最も買われている果物の缶詰といえば、「パイン缶」なのです。
(「自家製ヨーグルトに良く合う」というのがその理由です。)

しかし私の体調不良が続いている中、無性に「食べたい!」と思うようになったので、頼んだのです。

でも母曰く、「3種類見つけたけど、全部中国製だった」とのこと。

最近の「中国製食品の問題多発」を受けて、我が家でも敏感になっています。

でも今日の主題は「中国製」にあるのではなく、「なぜ日本製がこんなにも少ないのか?」ということです。


みかんジュース」に関して、次のような話を読んだことがあります。

以前、ジュースメーカーの人が、みかん農家に「規格外のみかんをジュース用に欲しい」と頼みに行ったところ、

直接人に食べてもらうために作っているのだから、ジュース用なんかには出せない

と、断られたというものです。

ジュース用なんかに」というくらいですから、同様の理由で「缶詰用なんかに」となるのでしょうね。

それくらい自分たちの作っている「みかん」に誇りを持っておられる。

では市場に出回っている「みかん」の味が、その誇りに見合うものかというと、

「?」をつけざるを得ないようなものに、しばしば出会ってきたのが現実です。

幸いにもここ2・3年で、結構改善されてきたようにも思われますが、

それまでは「小ぶりでない」大きさのみかんは、「水っぽくてまずい」ものが大抵でした。
(「みかんを買うときは小さいものを」というのが我が家の常識でした。)

「このみかんを出荷した人は、自分の作るものに対する思い入れが無いのだろうか?」とか、

「こんな味のものを平気で出しているから、外国産の果物に勝てないんだ」と感じてきました。


最近では外国産の果物に対抗するために、「いよかん」や「ぽんかん」などの「高級みかん」にシフトしてきている、という話も耳にします。
(たしかに「いよかん」は、おいしいものが多いと思う。)

でもやっぱり手軽な「温州みかん」も、大切にして欲しい。

おいしいみかん」は、決して「おいしいオレンジ」に負けないと信じています。

でも急がないと、「みかんよりもオレンジの味に慣れ親しんだ世代」が増えてしまうかも知れません。

そのために、生食用だけでなくジュースや缶詰でももっと、

「(オレンジではない)日本のみかんのおいしさ

をアピールするような製品を増やして欲しいと思うのです。

結論:ちょっと季節はずれだったかな?


・6/3追記

「みかん缶の代わり」というわけではないのでしょうが、

母が「マンゴー缶」を買ってきました。
(原産地:タイ)

「マンゴーの缶詰」なんて、今まで食べたことありません。
(「生」もないですけど...)

味については、う~ん、どうなんだろう?

2007.05.24

ニノミヤ廃業

治ったと思った「カゼ」ですが、ぶり返してしまいました(; ;)

家電量販店の「ニノミヤ」が、自主廃業を発表しました。

いやあ、関西資本の家電量販店はどこも業績がよくないということは聞いていましたが、

「ついにニノミヤまでもか!」という感じです。

ニノミヤムセンのころから、何度か利用させてもらっていただけに残念です。
(中・高生時代には、電子工作にはまっていたので。)

唯一残ったジョーシンにはがんばってもらわないと..

結論:抵抗器のカラーコードの読み方なんか、すっかり忘れてしまったなぁ

2007.05.19

New Video Card その後

ようやく「カゼ」が治ってきました。
(いつもの1・2日で治るやつと高をくくっていたら、抗生物質まで動員することになるとは...)

先日購入してインストールした、新Video Card 「GIGABYTE GV-N76G256D-RH」ですが、

じつはちょっとした問題を起こしてくれていました。

PC立ち上げ時に、POST画面の直後に画面が真っ暗になって止まるのです。
(どこが「ちょっとした」や!)
POST:Power On Self Test 電源ON直後の各種ハードウェアテストのこと

インストール時の記事では、「1分弱待つとWindowsが立ち上がった」旨の記述がありますが、
(確かにそのときは、ほおっておくとWindowsが立ち上がった。)

じつはそれはまれなことであって、ほとんどの場合はそのまま「だんまり」に。
(うちのマザーボード(Bioster K8NBP)は、BEEP音がならないタイプみたい。)

ただ不思議なことに、

・画面が真っ暗になってしばらくしてから何かキーをたたくと、Windowsが立ち上がることがある。
(確率低い)

・画面が真っ暗になってから、Ctrl+Alt+Delで再起動させると、正常にWindowsが立ち上がる。
(ほぼ確実)

・POST画面時に、DelキーでBIOSセットアップ画面を出し、設定を何も変更せずにセットアップ画面を終了させると、正常にWindowsが立ち上がる。
(試した数回では、すべてOK)


同様な症状をwebで調べてみましたが、

・PC組み立て時に何らかの配線ミスがあった
-> Video Card交換前までは正常だったので×

・新規に取り付けたパーツに不具合がある
-> 可能性はあるが、旧Video Cardに戻すのはいやだなぁ

・BIOSが最近の製品に対応していない
-> 最新BIOSに交換するのは面倒だ(FDを調達しないといけないし)

・BIOSのPCIカード情報がおかしくなっている
-> BIOS初期化で直る可能性はあるが、動かなくなる可能性もあり

ということで、「Ctrl+Alt+Del」でごまかして使っていました。


しかしある日、「Ctrl+Alt+Delでの再起動時にも止まる」ということが発生。
(2回目のCtrl+Alt+Delで、無事起動しましたが。)

このままでは怖いので、最も手軽にできる「BIOS初期化」をやってみることに。
(もし動かなくなっても、BIOSの設定をいじって動くようにできるという「ささやかな」自信はあったので。)


その結果はいかに?


もしかしてこの記事は「別のPCから書いているのか?」


ということはまったくなく、正常に起動するようになりました。

「旧Video CardとUSB-1394Cardの取り外し」+「新Video Cardの設置」を一度にやったので、

BIOSのPCIカード情報がおかしくなっていたのでしょう。

これでいよいよ残るは「Vista導入」だけになったわけですが、

Vistaの評判もいまひとつのようですから、なんか踏み切れないんですよね。
(しかも導入するとしたら「64Bit版」になる-32Bit版よりさらに評判よくないみたいだし。)

いつになるかは、お楽しみに!
(誰も楽しみにしていないって?)

結論:実はVideo Cardの冷却に不安あり...(Cube型ケースにファンレスだし)

2007.05.14

なんと!D○ L○○○をGet

ひざ痛は、ほぼ直ったものの、こんどは咳と頭重でダウン...

先日の記事の「追伸」で書いた、「奇跡的」なことの話です。

なんと、NINTENDO DS LiteをGetしました!!
(色は「アイスブルー」。)

えっ?これのどこが奇跡的か?ですって?

じつはこれ、Joshin web

人気沸騰・超品薄商品!! ゲーム機本体・特別抽選販売

で当たったものなのです!
(「プレゼント」ではなく、購入する権利が当たった。)

3回目の応募でようやく当たりました。

1・2回目は、「クリスタルホワイト」を狙ったのですが、あえなく撃沈。

3回目はクリスタルホワイトより倍率が低いであろう「アイスブルー」に変更して挑戦。

この作戦がみごとに功を奏し、当選することができました。

発表は11日(金)にあったのですが、

ほとんど当たるとは思っていなかったので、当選番号を見つけたときは、我が目を疑いました。

即購入手続きをして、ものが今日届きました。

届いたもの一式
(DS Lite本体、液晶保護シート、脳を鍛える大人のDSトレーニング、です。※DS Lite本体以外は、追加で購入)

1日遅れてしまいましたが、「母の日」のプレゼントにしました。
(母が前から欲しそうにしていたので。)

「使い方を調べておいて」と頼まれましたが、

最初に書いたように本日はカゼ(?)でダウンしていたので、

明日以降におあずけです。

結論:私自身の「脳年齢」がはっきりするのがコワイ...


・5/15 追記

「お手軽版」の「脳年齢チェック」をやってみました。

結果は、意外(当然?)にも、60歳
(もちろん実年齢は、ずっと下、です。)

これは、まだカゼが続いているからに違いない!うん、そうに違いない!!

2007.05.12

ひざ爆弾、(小)爆発!

今日(11日)、会社の編成替えに伴い、机の位置が変わりました-前の席、気に入っていたのになぁ

2日ほど前から、ひざを痛めてしまっています。

変形性膝関節症」が、ちょっとばかり、ぶり返してしまった...

15年ほど前にあった交通事故の後遺症が、まだ続いているんですよね。
(通勤時に交差点で、一時停止無視の自動車にはねられた。)

「グルコサミン」のサプリメントなんかを飲んで、普段は痛みもないんですけど、

ちょっとひざに変な負荷がかかると、ぶり返しちゃうんですよね。

これまでの経験から、「おかしい」と感じたら、なるべくはやく冷シップを張れば、

2・3日で痛みは治まるはず。
(ちょっと長引いてるようですが-歳のせい?)

シップの上からサポータをはめて、会社には行っています。
(本当は安静にしていたいんだけど、そうも言っていられない。)

この分では、次の日曜(13日)に、タルタルーガ(自転車)に乗るのは無理かもしれない...残念。
(もともとひざ周りの筋肉を鍛えたいというのが、自転車を始めた理由の1つなのにぃ。)

結論:人生はうまくいかなくて当たり前...とは、わかっているんだけどなぁ


・追伸

実は今日(11日)、奇跡的なことがあったのです!
(もちろん「良いこと」で。)

今はまだナイショ。

数日中に、報告できると思います。

2007.05.04

銀閣寺への迷い旅

昨日に引き続き、「GWは近場でGO!」シリーズ第2弾です。
(昨日の「平等院編」はこちら。)

今日は「銀閣寺」を目指すことに。

金閣寺」については、大学時代に仲間と行ったことがあるのですが、
(確か2月か3月ごろで、まだ少し雪が残っていたのを覚えています。)

「銀閣寺」については、これまで何度かチャンスがありながら、行けていませんでした。


京阪電鉄出町柳駅から京都市営バスで、銀閣寺方面へ向かうことに。
(今回は先日購入した「キャメルバックボトル」持参です。)

ところがこの出町柳駅で、考えていた出口と異なる出口から出てしまい、目指すバス停がどれだかわかりません。
(単純に「一番南側の出口から出ればいい」と思っていたのが間違いのもとでした。)

数分間あたりをうろついた後、交番を見つけて銀閣寺行きのバス停の場所を尋ね、やっとバスをGet。
(出町柳から銀閣寺方面に行くバスの系統は、3・17・55・102・201・203です。今回は55系統。)

バスはすいており、約5分ほどで「銀閣寺道」に到着。
(「10分から15分」という情報を事前に得ていたので、早い到着にびっくり!)

ここから進行方向(東)に向かって歩いていけば、銀閣寺に行き当たるはずです。

なんと、「五山の送り火」で有名な「大文字山」が正面に見えます。

大文字山
(送り火のことを、よく「大文字焼き」という人がいますが、間違いです。)

しばらく歩いていくと、道が二股に分かれているところにやってきました。

「どっちに行ったらいいんだ?」と戸惑っていると、視界の隅に

銀閣寺」の文字と「右向き矢印」が見え、

そのまま右手の道を進むことに。
(このとき、もう少し注意深く見ていれば...)

きれいな小川のほとりを「銀閣寺めざして」進んでいきます。

「なかなか着かないなぁ」と思っていると、案内板発見!

どれどれ...ん!


!!!


逆方向を指す案内板
(銀閣寺は、反対方向だって!!)

どうやら小川ばっかり見ていて、銀閣寺への案内板を見落としたようです。

今度はあたりを注意しながら、来た道を戻ります。

2・3の案内板を見つけましたが、いずれも「銀閣寺は来た時の反対方向」を指すものばかり。

そうこうしているうちに、先ほどの二股の箇所に戻ってきてしまいました。

「確かこの案内板に右ってあったんだよなぁ」と思いながら、よくよく見てみると...

見間違えた案内板
(完全に「直進すれば」の文字を見落としていました。)

自分のうかつさを恥じながら、今度は左手の道へ。

土産物屋が軒を連ねる坂道を登っていくと、入り口(総門)が見えてきました。

銀閣寺総門
(人がいっぱい写っていますが、流れはスムーズで、そんなに込んでいるようには見えません。)

ところが中へ入って受付へと進もうとすると、列が止まって動きません。

銀閣寺垣と受付を待つ長い列
(「銀閣寺垣」です。この列の先の「中門」前に、拝観料を支払う場所があります。)

やっとのことで拝観料を支払い、中へと進みますが、

道幅は狭く、のろのろとしか進みません。
(自分のペースで進めないというのは、疲れるんですよね。)

宝処関」という門をくぐると、いよいよ銀閣寺庭園の本番です。

向月台
(「向月台(こうげつだい)」です。予想よりずっと大きくて、びっくりしました。)

銀沙灘
(「銀沙灘(ぎんしゃだん)」です。この模様は波を表しているのでしょうか?)

銀沙灘から向月台を振り返る
(向月台方向を振り返ってみました。※人と比べて向月台の大きさがわかるでしょうか?)

写真を撮るのも難しいほど込んでいる中を、ひたすら前の人の後について進みます。

池と庭園
(なんか幾つか看板が立っていましたが、よくわかりません。)

やがて道が2手に分かれる場所に来て、そのまま前の人についていこうとした時、

そういえば肝心の「銀閣」はどこにあるのだろう?

と気になって、受付でもらったパンフレットを見てみると、





通り過ぎてるじゃん!!!
(向月台や銀沙灘の反対側になるようです。※向月台を振り返った写真に銀閣が写っています。)


あわててパンフレットの境内図を検討した結果、

銀閣を見るには、2手に別れるこの場所から、人の流れの少ない方(右方向)へ行けばよい

と判断し、そちらへ向かいます。
(左方向に行くと、山の上の展望所の方に行くようでした。)

少し行くと、銀閣の正面に出ました。

銀閣正面
(写真などで見慣れたアングルですね。でもどうしてこちらへ来る人が少なかったのか?)

錦鏡池」の周りをめぐりながら、銀閣をじっくり眺めます。

銀閣裏側
(裏側です。よく紹介される正面以外の部分は、痛みが目立つようでした。)


またひとつ、「近くにあるのに行ったことのない場所」を制しました。

これで私のGWのイベントは事実上終了。
(残る土日は、普段の土日と同じ過ごし方の予定。)

来週からは、またあの日々が始まる...

結論:近場であっても楽しめるのは、元気であってこそ!ですね




・番外 UFO?

この記事を書いていると、窓の外に怪しい光が...

U.F.O.?
(なんなんだ!あの発光体は!!※ゆっくりと動いているので、ぶれてしまいました。)


というのはもちろん冗談で、その正体は、

飛行船

でした。
(一目でわかりましたけどね。)

飛び去っていく飛行船
(飛行船なんて見たのは、どのくらいぶりだろうか?)

2007.05.03

宇治平等院を散策する

カレンダーどおりの私にとっては、今日からがGW本番です。

宇治の平等院を見学してきました。
(遠くに出かける予定ははなからないので、近場で済ませます。)


京阪宇治線で、終点の宇治へと向かいます。

京阪電車10000系
(以前から「乗りたい」と熱望していた、京阪10000系に初乗車!)

京阪宇治線に乗ったのは、2005年に黄檗山萬福寺に行ったとき以来です。
(そのときの記事はこちら。)

また終点の宇治駅まで乗ったのは、10年ほど前に、仕事で宇治駅近くの現場に通って以来かな。


宇治川にかかる宇治橋をわたると、おっきな鳥居が目に飛び込んできました。

縣神社の鳥居
(これは縣(あがた)神社の鳥居です。平等院へは、左手への道を進みます。)

さすが茶どころ宇治!平等院表参道の両側には、宇治茶の店が軒を連ね、

いい香りを漂わせていました。
(ぐっと我慢して、平等院を目指します...)

入り口で拝観料を支払い、いよいよ庭園に足を踏み入れます。

まず目に飛び込んできたのは、大きな藤棚

藤棚遠景
(入り口手前にも藤棚がありましたが、こちらの方がずっと大きい。)

藤棚アップ
(「藤ありすぎ!」と突っ込みたくなるほど、びっしりと藤の花が咲いていました。)


さらに奥へと進んでいくと、見えてきました。

平等院鳳凰堂
(鳳凰堂(阿弥陀堂※国宝)です。なぜか朱塗りのイメージがあったので、最初はそれとわかりませんでした。)

以前観光バスの窓から、遠くに見える鳳凰堂を見たことはありましたが、

目の前で見るのは初めてです。

鳳凰堂の周りをぐるっと見て回ることにしました。

・正面
鳳凰堂正面

・向かって右手側
鳳凰堂向かって右手側

・裏
鳳凰堂裏

・向かって左手側
鳳凰堂向かって左手側


一回りして少々疲れたので、併設されている平等院ミュージアム「鳳翔館」を見ていくことにしました。
(座れるところがあるかと期待したので。※追加料金は必要ありません。)

鳳翔館(出口)
(実はこれは出口です。入り口は鳳凰堂左手横にあります(あまり目立ちません)。)

実をいうと、あまり期待していなかったのですが...

おおきな梵鐘が置いてある部屋を抜けて、先へ進んでいくと、

鳳凰堂の名前の由来でもある「鳳凰」が一対、目の前に現れてびっくり!
(残念ながら、中での写真撮影は禁止されているので、写真はありません。)
※5月7日追記
 今日偶然見たNHKの番組によると、「鳳凰堂」の名の由来は、建物を上から見た形を、羽を広げた鳳凰に見立ててのことのようです。

もちろん他にもさまざまな仏像や襖(ふすま)絵などが展示されているのですが、

私にとってはこの鳳凰を間近に見られたことが、予想外の大収穫でした。
(ということは、今屋根に乗っているのは、レプリカ?)

大満足のうちに、平等院を後にすることができました。
(店々から漂ってくる宇治茶のいい香りと戦いながら、ですが。)

結論:近場でも、まだまだ見たことがない名所が、いっぱいある!

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ