ブログパーツ Twitter

« 今年も花粉症 | トップページ | 街中で「おむすび」を見つける »

2007.02.28

Vista PC 本格稼動

今日はまるで春のような陽気でしたね。
(通勤途中でマフラーを外しました。)

先日の記事に書いた、私の父のVista PC。

今日やっと、インターネットに接続できるようになりました

何でそんなに時間がかかったのか?」といいますと、

無線LANがネックになったんですよね。

2003年から11bの無線LAN装置を導入していて、

そのLANにVista PCを参加させようとしたんですが...
(Vista PCは無線LAN子機内蔵。)

アクセスポイントまではつながるのに、その先がつながらない。
(「DNSサーバから返事が返ってこない」というようなエラーが出ていました。)

アクセスポイントにはつながっている様なので、暗号などの設定ミスは考えにくい。
(IPアドレスが取得できているので、アクセスポイントにはつながっていると判断。)

ちなみに有線でアクセスポイントとつなぐと、あっけなくインターネットに接続できました。

私が普段使っているWin2000と全然違うネットワーク関係の画面と格闘しまくること、10日あまり...

設定をいろいろいじりまくってみて、見えてきたのが、

Vistaの売りでもあるIPv6の存在。

どうやら、無線LANのアクセスポイントか、父が加入しているプロパイダが、IPv6にきちんと対応していないような感じ。

Vista PCで、IPv6のチェックボックスをはずして、

PCを完全電源OFFから再起動して、

やっと無線LAN経由で、webサイトを見ることができるようになりました。

ただまだ若干不安定なところがあるので、

もう少し格闘することになりそうです。
(レジストリをいじることになりそう...)

結論:古いものを後生大事に使うのも、ほどほどにすべき、かな?


・2007年03月04日 追記

接続成功!と思っていたのですが、その後も、つながったり、つながらなかったりが続き、

これは「Vista PCと無線LANアクセスポイントとの相性が悪い」と判断し、
(設定ミスなら、まったくつながらない筈)

新しくVista対応を謳っているアクセスポイントを購入しました。
(旧:Aterm WL11AP, 新:Aterm WR6650S)

反対にWin98 PCとの接続に若干手間取ったものの、

両PCから接続できるようになりました。

« 今年も花粉症 | トップページ | 街中で「おむすび」を見つける »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も花粉症 | トップページ | 街中で「おむすび」を見つける »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ