ブログパーツ Twitter

« 超高層の安全性を考える | トップページ | 石清水八幡宮に参詣 »

2007.01.21

「あるある」で捏造

「人間は歴史から学ばない」と言ったのは誰だったか...

スーパーなどから納豆が消えたことで話題になった、

関西テレビ:発掘!あるある大事典2 「食べてヤセる!!!食材Xの新事実」

番組内容が「でっちあげ」と言ってよいものだったことが明らかになりました。

納豆ダイエット実験ねつ造…手口悪質、番組打ち切りも
「あるある大事典」の納豆ダイエットで捏造 関西テレビ

「あるある」は、前の「1」のときからよく見ており、少なくとも1のときは比較的信用の置ける番組と思っていました。

ところが「2」になって、1回目で「血液型性格判定」を取り上げたことから、いくらか疑って見るようになってたところでした。
(そういう目で見ると、実験に雑なところがちらほらと。)

ですから今回の問題を聞いたときには、

ああ、やっぱりやっていたんだ

という感想を持ちましたね。

しかし今回の捏造を行った番組制作会社の人たちは、これまでにもあった同様の捏造事件から何を学んでいたのかと思ってしまいます。

同じことは「不二家」の問題についても言えます。
(賞味期限切れの原材料を使用、基準オーバの細菌がいた製品を出荷、などなど。)

その場はしのげても、やがて何倍にもなって返ってくることは、わかりきっていたはずなのに。

正常な判断ができないほどの「激務」状態だったのでしょうか?

もしそのような激務が判断を誤らせた原因のひとつだったとしたら...

経団連さん!これ以上労働者から「しぼりとる」ようなことをもくろんでいるのならば、

めぐりめぐってあなた方自身の首を絞めることになるかも!ですよ。

結論:信じられるのは自分だけ!というのは、ちとさびしい

« 超高層の安全性を考える | トップページ | 石清水八幡宮に参詣 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超高層の安全性を考える | トップページ | 石清水八幡宮に参詣 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ