ブログパーツ Twitter

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007.01.30

MY PCはVista導入テストに落第!?

待ちに待った(待たされた?)、Windows Vistaの一般販売が開始されました。

ええ、もちろん、そのうち導入するつもりですよ。

やっと64bitプロセッサが本領発揮できるのですから。
(Athlon 64 3000+マシンを2004年に購入・・・早すぎた?)

ただ、CPUはともかく、現在の構成ではVistaを動かすには非力なことはわかっているので、

能力不足な点の確認のために、Windows Vista Upgrade Advisorでチェックをしようと、

日本語版が公開されるこの日を待っていたのですが...


----- 引用開始 -----

Windows Vista Upgrade Advisor は 32 ビット版の Windows XP と Windows Vista で動作します。 Windows XP より前の Windows については、利用可能なアップグレード オプションを確認てください。

----- 引用終了 -----


あのぅ、現在使っているOS、Windows 2000なんですけれど?

と「がっかり」しているところに、救世主(?)登場!

ATIが公開している、Vista Readiness Assessment Toolです。
(ただし英語版。)

使い方は以下の通りです。
※IEで実行したほうがいいようです (Operaでも動作はしますが、正しい判定結果が得られませんでした)。

1.上記のページ中の「Vista Readiness Advisor」の部分をクリック。

2.ライセンスの同意画面になるので、ページの最下部にある「I AGREE」をクリック。

3.「CAN YOU RUN IT?」の部分をクリック。

これでツールが実行されるので、結果が出るまでしばし待機...
(私の場合は1分もかかりませんでした。)


しばらくすると、「Good」「Better」「Best」の3つのタブを持つ結果画面が表示されます。
※Goodが最小、Betterが標準、Bestが推奨の意味と思われます。

私のPCの場合、予想通り「Goodにも満たない」と言う結果が!
(「your system did not meet the Minimum requirements for Vista」と表示されてしまいました-トホホ。)

ちなみに「Best」の基準と比較して足りない部分というのは、

・グラフィックボードの能力不足
 Video RAMが128MB (BESTは256MB)
 Vertex Shaderのバージョンが2.0 (BESTはVer.3.0)
 Pixel Shaderのバージョンが2.0 (BESTはVer.3.0)

・メインメモリの大きさの不足
 現在512MB (BESTは1GB)

・ハードディスクの総量・空きともに足りない
 BESTは、総量40GB、空き15GB

とまあ、事前に予想した通りなんですけれどね。

まあ、ハードディスクに関しては、内蔵ドライブに40数GBの未フォーマット領域があり、

そこを利用するする予定なので、問題なし!
(Win2000とのデュアルブートにする予定-仕事用にVistaを使うのはまだ不安。)

後は、グラフィックボードとメモリを換装すれば、

晴れてVistaが動くようになる!はず。

換装するのに必要な、「ヒマ」と「○○(先立つもの)」ができるまで、しばし待機!

結論:AGPでファンレスのグラフィックボードのお勧め、どなたか知りませんか?

2007.01.28

石清水八幡宮に参詣

厄払いには、霊験あらたかなところが一番!

ということで、京都の石清水八幡宮に参詣してきました。

石清水八幡宮」といえば、古文を習ったことのある人には、徒然草第52段の「仁和寺にある法師」の一節で知られていますよね。

仁和寺にある法師、年寄るまで、石清水を拝まざりければ...

私は当然、「」に登ってきました。


京阪「八幡市」駅下車後、少し大阪方面に歩いたところにケーブルカーの駅があります。

ケーブルカーの駅
(ここに来るのは20年ぶりくらいなので、ちょっと迷ってしまいました。)

ちょうど出たばかりのようで、駅には私のほか数人が待っているだけでした。

待つこと数分。

ケーブルカーが下りてきました。

やってきたケーブルカー
(2001年7月に更新された新型車両です。この新型に乗るのは初めて。)

さすがにこの時期はすいているだろうと思っていたのですが、

発車までの10分間ほどの間に、座席がほぼ埋まってしまったのにはびっくり。

上までの所要時間は約3分だそうです。

男山山上」駅に到着後、参道を歩き始めたのですが、

あまりにも急な上り坂に、さっそく足が悲鳴をあげ始めました。
(自転車にもしばらく乗っていないし、思っていたより「なまって」しまっていたようです。)

持ってきたお茶を飲みながら、なんとか歩くこと数分、

南総門」前に到着。

南総門前
(思っていたよりも人がいてました。)

南総門の手前にある「手水舎」で両手と口を清めて、本殿へと向かいます。

石清水八幡宮本殿
(「平成の大修造」とかで、足場が組まれていました。)

本来ならばここで、「厄除けのご祈祷」を受けるべきなんでしょうけれども、

疲れてしまったこともあって、今回はパス。
(普通に参拝だけしました。)

ケーブルカーの駅に向かう途中で、ちょっと寄り道。

エジソン記念碑」です。

エジソン記念碑

記念碑のアップ
(わかりにくいですが、白い円の中にはエジソンの胸像が彫られています。)

「エジソン」とは、もちろん「発明王」といわれる、あのエジソンです。

エジソンが電球を完成させるにあたって、フィラメントとして「八幡(やわた)の竹」を使用したというのは、有名な話ですよね。

京阪八幡市駅前にも、エジソンを記念する胸像が立っていました。

八幡市駅前のエジソン像
(実はケーブルカーの駅に行く前に、迷っていて見つけたというのは、ナイショ。)

参拝を済ませて、なんだかさっぱりして、厄年を乗り切っていけそうな気がしてきました。

結論:参拝したときの洗われたような心のままで、日々をすごせたらいいんだけどなぁ

2007.01.21

「あるある」で捏造

「人間は歴史から学ばない」と言ったのは誰だったか...

スーパーなどから納豆が消えたことで話題になった、

関西テレビ:発掘!あるある大事典2 「食べてヤセる!!!食材Xの新事実」

番組内容が「でっちあげ」と言ってよいものだったことが明らかになりました。

納豆ダイエット実験ねつ造…手口悪質、番組打ち切りも
「あるある大事典」の納豆ダイエットで捏造 関西テレビ

「あるある」は、前の「1」のときからよく見ており、少なくとも1のときは比較的信用の置ける番組と思っていました。

ところが「2」になって、1回目で「血液型性格判定」を取り上げたことから、いくらか疑って見るようになってたところでした。
(そういう目で見ると、実験に雑なところがちらほらと。)

ですから今回の問題を聞いたときには、

ああ、やっぱりやっていたんだ

という感想を持ちましたね。

しかし今回の捏造を行った番組制作会社の人たちは、これまでにもあった同様の捏造事件から何を学んでいたのかと思ってしまいます。

同じことは「不二家」の問題についても言えます。
(賞味期限切れの原材料を使用、基準オーバの細菌がいた製品を出荷、などなど。)

その場はしのげても、やがて何倍にもなって返ってくることは、わかりきっていたはずなのに。

正常な判断ができないほどの「激務」状態だったのでしょうか?

もしそのような激務が判断を誤らせた原因のひとつだったとしたら...

経団連さん!これ以上労働者から「しぼりとる」ようなことをもくろんでいるのならば、

めぐりめぐってあなた方自身の首を絞めることになるかも!ですよ。

結論:信じられるのは自分だけ!というのは、ちとさびしい

2007.01.18

超高層の安全性を考える

阪神・淡路大震災から12年目の1月17日がやってきました。

昨年のこのblogの記事では、その日の私の様子をまとめてみました。
(昨年の記事はこちら。)

今年は、超高層ビルの安全性について、思うところを少し書いてみようと思います。


昨日のTV番組で、驚くべき映像を流していました。
(NHK クローズアップ現代同時多発火災にどう備えるか」)

レールに取り付けられた椅子に固定された人(ヘルメット着用)が、4m幅で椅子ごと左右に大きく何度も振られている

というもので、

東海・東南海地震が起きた場合に、30階建て超高層ビルでの、ゆれを体感する装置

なんだそうです。

4m幅で往復3秒」という、猛スピードで振られている映像には、びっくりさせられました。

実際の住宅内でそんなゆれに見舞われたら、部屋中を転げまわることになるのは、必至です。

しかしそのTV番組で指摘していたのは、別のところにありました。

そのような激しい揺れによって、防火扉などの防火施設が損傷して、十分機能しなくなる危険性です。

国による非常階段などの現在の設置基準は、

火災が他の階に延焼しない
(防火扉などが十分に機能することを前提としている)

ものとして決められているのだそうです。

しかしもし防火設備が損傷して、複数階にわたって延焼したら...

超高層での「全館避難」などといった状況には、対応できなくなる恐れが大きくあるのだそうです。
(番組で挙げていた例では、全館避難に1時間を大きく超える時間がかかっていました。)


これまでに建設されてきたさまざまな超高層ビルらは、「柔構造」の採用などで、

地震のゆれでは崩れない

ように建設されているはずです。
(耐震偽装がされていなければ、ですが。)

しかし地震に関する研究はどんどん進んでおり、設計当時には想定すらされていなかった事態が、いくつも知られるようになってきています。

そのような事態にもこれまで超高層が対応できるのか?という点については、「誰にもはっきりとはわかっていない」というのが現実なのではないでしょうか?

しかもその「誰にもはっきりとはわかっていない」ということを理由にして、

国の動きは極めて鈍いのだそうです。


映画「ダイ・ハード」でのブルース・ウィリスじゃないですが、

高いビルには登らない

しか対策がないなんてことには、なってほしくありません。

結論:超高層は実地でテストされたことはない、のです

2007.01.14

フォレオひらかた探訪記

大阪府枚方市に新しいレジャースポットがOPEN!

昨年の12月15日にオープンしたばかりの「フォレオひらかた」を覗いてきました。

フォレオひらかた正面
(すぐ横の大阪側には、ラウンドワン枚方店があります。)

国道一号線「家具団地前」交差点付近に、こんな大きなスペースがあったなんて、

全然知りませんでした。

この施設の最大(?)の売りは、映画館を併設しているところ!

看板のアップ
(見にくいですが、「シネプレックス」の文字があります。)

長年「映画館が近くにあったらなぁ」と思っていたので、念願がかないました。

さっそく建物の中に入ってみます。

映画館とスポーツ用品店があることは知っていたのですが、

それ以外にさまざまな店が入っていてびっくり!
(本屋、靴屋、それにフィットネスクラブまであるなんて!)

肝心の映画館は、1階のもっとも奥にありました。

シネプレックス枚方
(シネプレックス枚方です。全部で8スクリーンあるそうです。)

しかし今回ここを訪れた最大の目的はこの映画館ではなく、こちら。

スポーツ デポ入り口
(スポーツ用品店の「スポーツ デポ」です。※2階にあります。)

中に入ってみると、想像していたよりずっと大きな売り場でした。

だいたいスポーツのジャンルごとに大まかに区分けされており、シューズやサポータなんかのコーナもありました。

そしてついに、目指していたジャンルの売り場を発見!

自転車関係のコーナ
(「Cycling」のコーナです。自転車が所狭しと積み上げられています。)

アクセサリ類も、なかなかの品揃えのようでした。

アクセサリ類の棚
(これでわざわざ大阪市内に出る必要はなくなる!かな?)

これはいいところができたものです。

駐車場や駐輪場も結構な台数が確保されているようですし、
(無料駐車場は、フォレオひらかた940台、ラウンドワン枚方店340台。)

これからしばしば利用させてもらう施設となる、予感?

結論:あとは「あったかくなる」のを待つだけ!?

2007.01.10

Appleから「コンピュータ」が消える!

2007年になっても、更新はマイペースで...

iPhone」の話題で持ちきりの、「Macworld Expo」。

でも個人的には、以前から話題になっていたiPhoneより、こっちにびっくり!

Apple Computerが社名を変更
> 「Apple Computer Inc.」からコンピュータを抜いた「Apple Inc.」に社名が変わった。

真っ先に思ったのは、

ビートルズのApple Corp.との間で、また問題にならないのか?

私が日常的に閲覧しているニュースサイトの中で、この問題に触れていたのは1つだけで、

そこでも「影響は不明」とあるだけでした。

iPhoneについても、商標の問題が解決したのか不明ですし...

でもAppleの株価は上昇したそうで、それほど問題にはならないということでしょうか?

あっ、ちなみに日本法人の名前の変更については、現在のところ未定みたいですね。

結論:Vista用にiBook or Mac Bookを買うのは、アリ?


・1月11日 追記

iPhoneの商標問題が訴訟になったようです。

Apple、「iPhone」商標侵害で訴えられる
AppleとCisco、対立の原因は?

どうなることやら。


・2月23日 追記

iPhoneの商標問題が解決しました。

AppleとCiscoの「iPhone」商標問題が解決

あっ、それから書くのを忘れていましたが、英Apple Corp.との間の名称問題も、解決していましたね。

2007.01.03

お正月!大好き!!

福ちゃん:はっぴぃ、にゅういやぁ~
(「福ちゃん」とは我が家のプリモプエル(Cタイプ)の名前。)

今年も「プエルねた」で開始ですが、

どうかよろしくお願いします。

福ちゃんも、「正月バージョン」にて、皆様にご挨拶。

お飾りをつけた福ちゃん
(「おかざり」を付けてもらったよ!かっこいいでしょ!)

今年の運勢を占うために、近所の神社で初詣がてら、「おみくじ」を引いてみました。
(何年ぶりだろう?)

おみくじを持つ福ちゃん
(これ、「おみくじ」っていうんだって。似合うかな?)

さて、今年の運勢は、どうだったのかというと...

おみくじのアップ
(「小吉」って、ボクみたいに「小さい」のが「よい(吉)」ってことなんだって!) ※ウソです。


今年の正月は、数年ぶりに私の弟(人間)が帰省してきたので、

5人(両親+私+弟+福ちゃん)で迎える初めてのお正月となりました。

今年もみんな元気で、よい1年でありますように。

結論:おみくじに、「女難にことにきをつけなさい」と書いてあったというのは、秘密です!

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り

無料ブログはココログ