ブログパーツ Twitter

« 足を痛めてしまいました | トップページ | 阪神百貨店でプエル&プエラに会う »

2006.10.26

ありがとう新庄!君こそ「記憶に残る」選手だ!

北海道日本ハムファイターズが日本シリーズを制覇しました!
(阪神ファンの私が、日ハムの優勝記事を書こうとは、blog開始時には夢にも思っていませんでした。)

おめでとうございます。

そしてこの試合が、新庄剛選手のラストゲームとなりました。

いやぁ、あんな優勝胴上げシーンを見たことはありません。

場所がセンター前
お互いに抱き合う姿が続き、胴上げがなかなか始まらない
そして最初に胴上げされたのは監督ではなく新庄!


私が子供のころよく聞いた言葉に、

記録の王、記憶の長嶋

というのがありますが、どうしても理解できませんでした。

記録あってのプロ。記録を残さない名選手なんてありえない

と思っていたからです。

しかし新庄を見ていて、今でははっきりとわかります。

これが「記憶に残るプレーヤ」なんだと。
(長嶋ファンの方々は比べられて怒るかもしれませんね。すみません、長嶋さんの選手時代の記憶がないもので。)


阪神時代はあくまで「阪神の新庄」でした。

それが驚愕のメッツ移籍を経て、

今やだれもが愛するプレーヤになったと言えるでしょう。


キャラクターだけではありません。

阪神時代は、それこそ素質・センスだけでプレーするようなイメージがありました。
(あくまで私の「イメージ」です、念のため。)

それが最近では、相手打者によって、外野守備陣に細かく守備位置の指示をしていたそうですね。

野村克也さんのID野球の血が、きっちり受け継がれていた!
(と言ったら、野村さんが怒るかな?)


その新庄が引退します。

今私が見ているTV画面には、ビールかけの中インタビューされる新庄が映っています。

おめでとう。

そしてありがとう。


でもあの「新庄」のことです。

かならずや、我々をあっと言わせるような形で、

再び現れてくれることでしょう。

結論:結論なんて彼には必要ない!

« 足を痛めてしまいました | トップページ | 阪神百貨店でプエル&プエラに会う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 足を痛めてしまいました | トップページ | 阪神百貨店でプエル&プエラに会う »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ