ブログパーツ Twitter

« 爆走!珍走?ブラックマヨネーズ | トップページ | プリモプエル、ランクアップする »

2006.09.03

東急ハンズに行ってきました

ずいぶん「まし」になってきたとはいえ、まだまだ暑いですね。

暑いときに大切なのは、「水分補給」。

水分補給に必要なのは、「ボトル」。

すなわち、「暑いときにはボトル」!
(うん、我ながらすばらしい3段論法だ...?)

というわけで、いろいろなボトル類を見るために、

東急ハンズ心斎橋店に行ってきました。
(サイクルボトルではなく、一般的なのを見たかったので。)

2階に水筒・ボトル類のコーナーがありました。

思っていたほど広いスペースをとっているわけではありませんでしたが(笑)。

webの写真でしか見たことがなかった製品が、いくつも並んでいます。

SIGG
ラーケン
ナルゲン

などなど...


そんな中でも、今回のお目当ては、

サーモスのステンレスボトル

です。

現在私がタルタルーガ(自転車)に乗るときには、

使い古しのペットボトルに、自家製の麦茶を入れて、

フロントバッグに放り込んでいます。

「そろそろちゃんとしたボトルが欲しいなぁ」と思って、

最初に候補にしたのは、SIGGのアルミボトルでした。

かっこいいし、なにより軽い!

片手で飲める飲み口もあり、ごく最近まで最有力候補でした。

しかし気がついたのが、

SIGGの口は小さくて、氷が入りにくい

ということ。

そこで、「氷が入れやすいように口が大きい」という観点から、いろいろ調べてみたところ、

上記のサーモスのステンレスボトルが、

口が大きい(4cm前後)
ワンタッチでふたが開く
ボトルから直接飲むことができる
比較的軽い(2~300g台)

で、よさそうだったのです。

しかも...

魔法瓶構造で、保冷力抜群!

早速、実物を手にとってみます。
(FDS-551F ※今回は500mlクラスで探しています。)

う~ん、思っていたより重さを感じるなぁ...

自転車で使うだけならあまり問題ないかもしれませんが、

通勤や旅行時などで使うかもしれないことを考えると...ねぇ。

保冷構造になっているので、ある程度の重さがあるのは仕方がないのかな?

と思いながら、いくつかを手にとっていると、

ん!これ軽いんじゃない?

というものが!

サーモスのFDR-500
(注:メモするのを忘れたので、たぶんこの型番だったと。)

ただ、これは箱に入ったままだったので、そのものだけを持ったときの感覚でないのが、少々不安かな。
(同じ重さのものでも、大きさの見た目で、重く感じたり軽く感じたりしますからね。)

帰宅後、webで調べてみると、FDR-550というのが最新らしいです。

ストローで飲むタイプなので、飲むときに「吸う」必要があります。

FDS-551Fのように傾けるだけで自然に出てくるタイプの方が楽かな?と思っていたので、

今回は保留ということに。
(しかしかなり魅力を感じています。)


東急ハンズの自転車関係のコーナーにも行ってみました。
(BF1階にあります。)

特に欲しいものもないし...

とぼんやりと見て回っていると、

ガーミンのGPSが!!

「うわっ、こんなに小さいんだ!」と、びっくり!

しかし小さければ小さいほど感じるのが、

お値段の高さ

地図が出るタイプになると、安いものでも5万円以上

携帯にもGPSが続々搭載されるこのご時世。

GPSユニット自体の値段も、量産効果で安くなっているであろうに?

それならば、一緒に展示されていたPocket PCのMioの方が、

いろいろなことに使えていいかも?
(Mioのほうは、7万円台でした。)

結論:GPSって、いいなぁ---何を見に行ったんだ?

« 爆走!珍走?ブラックマヨネーズ | トップページ | プリモプエル、ランクアップする »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 爆走!珍走?ブラックマヨネーズ | トップページ | プリモプエル、ランクアップする »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ