ブログパーツ Twitter

« 雑用・雑用・また雑用... | トップページ | 大阪市立美術館に行きました »

2006.09.23

DVDレコーダを買いました

昨日言った「何か」とは、DVDレコーダでした。

東芝の、RD-XS48です。

帰宅すると、届いていました。

XS48の箱
(@NiftyStoreで購入。48,800円(税込み)でした。)

早速設置です。

設置したところ
(これまで使っていたVTR(三菱 HV-MX500の上に設置。)

ところで、なぜ地デジに対応していないRD-XS48にしたのかというと、

1.アナログW録画ができる

コピーワンスのあるデジタル放送に興味はありません。
(デジタル放送の唯一の利点である「美しさ」も、D端子付きTVすら持っていない身には、意味なし。)

アナログなら番組をPCに取り込んで、いろいろ加工したりできます。
(Video iPodなどへ番組を転送したりも簡単。)

でもW録は必須。
(これまで何度涙をのんだことか...)


2.フリーウェアを使用して、XS48からPCへダビング可能

東芝機には、PCとの連携機能が豊富にあるという、
(あくまで他社に比べて、ですが。)

利点があります。

その中の「ネットdeダビング」という機能を使用し、

フリーウェア(Virtual RDなど)と組み合わせれば、

LANを通じてPCへの番組コピーができちゃいます。
(ただし、かなり遅いらしいですが-寝ている間に転送させれば問題なし!?)

DVDメディアを介すれば、他社機でもPCに番組を移せますが、

形式の変換なしに移せるというのは、魅力的。

※あっ、LANをまだ準備していなかった...


残念ながら各社とも、アナログ放送機はどんどん縮小中で、

RD-XS48(姉妹機のXS38も)は、どこを見ても「在庫限り」。

今を逃すと、「アナログW録機」は手に入らなくなってしまいます。
(東芝の直販サイトでも、「カートに入れる」ボタンが表示されなくなっていました。)

アナログ停波まであと5年。

そのころまでには、コピーワンス問題も、我々視聴者側に便利なように改正されていることを期待します。

さあ、どのように録画できているかな?
(現在テスト録画中...)

結論:さあて次は、外付けHDD!かな?

« 雑用・雑用・また雑用... | トップページ | 大阪市立美術館に行きました »

コメント

お、RDですね。うちもXS40からX5へと乗り換えて1年を超えました。チャプター単位の細かな編集ができるのがRDの魅力です。
ここで注意点をひとつ。RDはコンピューターでいうデフラグ機能が装備されていないこともあって、ひんぱんにタイトルやチャプター削除を繰り返すとHDDがフラグメンテーションを起こしてしまいます。
うちのX5が先日この症状に陥って保護がかかり、2百タイトル以上の番組が見られなくなってしまって、泣く泣く初期化せざるを得なくなってしまいました。
LANを通じてコンピューターにデータを退避させるなどして、半年に1回程度の割合でHDDを初期化させるのが安全策のようです。

Jodenさん、コメントありがとうございます。

> ここで注意点をひとつ。RDはコンピューターでいうデフラグ機能が装備されていないこともあって、ひんぱんにタイトルやチャプター削除を繰り返すとHDDがフラグメンテーションを起こしてしまいます。

これは大丈夫のはず?です。
事前に「Kakaku.com」のRD-XS38のクチコミ欄で、たっぷり学習していますので。
XS48のHDDが300Gらしいので、外付けHDDもそれくらいのを考えています-って、いつになるやら?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雑用・雑用・また雑用... | トップページ | 大阪市立美術館に行きました »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

無料ブログはココログ