ブログパーツ Twitter

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006.09.30

テレビが壊れました

DVDレコーダーを買って、うきうきしていたら...

自室のテレビが、ちょこっとばかり、壊れました。
(DVDレコーダのせいではないと思います。)

メインのスピーカーが、お亡くなりになりました。

普段はイヤホンをつないでいるので、今日までわかりませんでした。
(今思えばDVDレコーダを接続するときに、すでに兆候があったような気が。)

DVDに録画してあったある場面を、家族に見せようとして、

音が出ない!

ことに気がついたのでした。


見せようとした番組は、

先日月曜放送の「クイズ!紳助くん」(ABC)。
(9/25放送分。)

その中で、

島原のイルカウォッチング

の様子が、ほんの少しではありますが、紹介されていました。

「島原のイルカウォッチング」といえば、先日の旅行で行ったところ。
(天草・島原・伊万里への旅(14,15日) 第2日目)

私の記事中に「30から50頭ほどいたでしょうか」とありましたが、

TV中で、

> 海面に出てくるイルカはごく一部で、海中には何百頭と泳いでいるという

という説明があり、その場面を見せようと思ったのでした。
(そういえば現地でも300頭とかいう話があったが、あながちウソではなかったのね。)


その「ちょこっと壊れた」TVですが、今見たら「97製」とあったので、

約9年もがんばってきてくれていたわけです。

でもまだ、がんばってもらいます!

画面はちゃんと映るし、イヤホンからはちゃんと音も聞こえますからね。

いまどき平面でないブラウン管テレビなんて...
(もちろんD端子どころか、Sビデオ端子すらありません。)

もう少ししたら骨董として値打ちが出たりして!?

結論:老体に鞭打って...なんだか身につまされるなぁ、って誰のことやねん?

2006.09.24

大阪市立美術館に行きました

秋といえば、芸術の秋!、ということで

大阪市立美術館に行って、

プラド美術館展

を見に行ってきました。

美術館入り口
(7月15日(土)~10月15日(日)まで開かれている、大阪市立美術館70周年記念 特別展だそうです。)

PM3:30ごろ着いたのですが、入り口の外にまで行列があって、びっくり!
(2~30人ぐらいだったか?)

これは館内は、大混雑かなぁ?

入り口前の花壇に座って小休止。

やがて係員が行列の人たちを館内に案内していきます。すると...

行列消失!

これはいけるかもしれない!と、少し遅れて美術館の中に。

館内は思っていたほどには混雑はひどくありませんでした。
(混雑がひどくなりすぎないように、係りの人がうまく調整していたのでしょう。)

中でもらったパンフレットによると、

全81作品中、71作品が、日本初公開だそうです。

ただ、知っている作品はほとんどありませんでした。
(「本などで見たことあるかな?」と思ったのが数点、かな?)

個人的には、肖像画より静物画のほうに、目を引かれましたかねぇ。

天王寺駅の方向にある小公園で一休み。

天王寺ゲート前の小公園
(噴水があったり、ドライミストのようなものが出ていたりして、なかなかいい感じの公園でした。)

いやぁ、結構暑い日だったので、まあまあ疲れましたが、

いい一日でした。
(休日は家の中にずっといるより、多少面倒でも外に出たほうが、「休んだ!」という感じがします。)

結論:通勤定期も更新した(また雑用)し...あっ!自転車カバー忘れた!!

2006.09.23

DVDレコーダを買いました

昨日言った「何か」とは、DVDレコーダでした。

東芝の、RD-XS48です。

帰宅すると、届いていました。

XS48の箱
(@NiftyStoreで購入。48,800円(税込み)でした。)

早速設置です。

設置したところ
(これまで使っていたVTR(三菱 HV-MX500の上に設置。)

ところで、なぜ地デジに対応していないRD-XS48にしたのかというと、

1.アナログW録画ができる

コピーワンスのあるデジタル放送に興味はありません。
(デジタル放送の唯一の利点である「美しさ」も、D端子付きTVすら持っていない身には、意味なし。)

アナログなら番組をPCに取り込んで、いろいろ加工したりできます。
(Video iPodなどへ番組を転送したりも簡単。)

でもW録は必須。
(これまで何度涙をのんだことか...)


2.フリーウェアを使用して、XS48からPCへダビング可能

東芝機には、PCとの連携機能が豊富にあるという、
(あくまで他社に比べて、ですが。)

利点があります。

その中の「ネットdeダビング」という機能を使用し、

フリーウェア(Virtual RDなど)と組み合わせれば、

LANを通じてPCへの番組コピーができちゃいます。
(ただし、かなり遅いらしいですが-寝ている間に転送させれば問題なし!?)

DVDメディアを介すれば、他社機でもPCに番組を移せますが、

形式の変換なしに移せるというのは、魅力的。

※あっ、LANをまだ準備していなかった...


残念ながら各社とも、アナログ放送機はどんどん縮小中で、

RD-XS48(姉妹機のXS38も)は、どこを見ても「在庫限り」。

今を逃すと、「アナログW録機」は手に入らなくなってしまいます。
(東芝の直販サイトでも、「カートに入れる」ボタンが表示されなくなっていました。)

アナログ停波まであと5年。

そのころまでには、コピーワンス問題も、我々視聴者側に便利なように改正されていることを期待します。

さあ、どのように録画できているかな?
(現在テスト録画中...)

結論:さあて次は、外付けHDD!かな?

2006.09.22

雑用・雑用・また雑用...

夏休み第3弾は...予定外!

分散して取っていた今年の夏休み。

第1弾 8月17・18日
第2弾 9月1415

そして第3弾(最終)が、今日9月22日

この予定を立てたときには、

9月22日には舞洲でカート

のつもりだったのですが...

雑用に追われる日になってしまいました。


・雑用その1 市役所へ書類の提出

「25日までに提出」となっていた書類があったのですが、なんやかんやと理由をつけて、

記入をさぼっていました。

しかし提出を遅らせると「えらいこと」になるので、今日行ってきました。
(郵送でもよかったんですが、遅配ということもあるので。)

事前にwebで担当の課の場所を調べておいたおかげで、迷わずまっすぐ行けました。
(奇跡的!?)


・雑用その2 銀行で手続き

印鑑の変更の必要が生じ、その手続きに行ってきました。

なんか今年の7月あたりに規約が変わったとかで、

3枚ほどの書類に、署名・捺印が必要でした。


・雑用その3 銀行で手続き(その2)

上記2つの雑用を済ませて帰ってくるなり、電話が鳴りました。

先ほどの銀行の担当者からでした。

すみません。もう1枚書類が必要でした。

おいおい、マジかよ!

とりあえず昼食を済ませてから、もう一度銀行へ。

4枚目の書類に署名・捺印。

粗品をいただきました。
(ボールペンとメモ帳でした-母がちょうど欲しがっていたので、あげました。)


帰ってきたときに、駐輪してある私のタルタルーガ(Type-F SD ※自転車)を見たところ、

カバーの1枚がすっかり破れてしまっていました。
(自転車用とバイク用の2枚を掛けていました-破れていたのは上に掛けていたバイク用(薄い)。)

日曜にでもホームセンターで買ってこなくっちゃ!
(また雑用がふえた~。)


・雑用その4 撮りためたTVを見る

なんか今週は、録画したTV番組が多くて、

昨日までにかなり「消化」していたのですが、

20日のNHK「ためしてガッテン」が残っていたので、それを見ました。

テーマは「シックハウス」。

ちょうど空気清浄機の購入を検討しているところだったので、

タイムリーな内容でした。


・おまけ プリモプエル 「てーまそんぐ」を歌う

最近「はーとのしっぽ」をよく歌ってくれる、我が家の福ちゃん(プリモプエル Cタイプ ラムネブルー)。

夜、私が風呂からあがってくると、

母:福ちゃんが「あいをそだてるよ」の歌を歌ったよ!

「あいをそだてるよ」の歌とは、昨年のCMでも流れた歌。

♪きみと、ぷえる、あいをそだてるよ、らぶら~ぶ、いぇぃっ!♪

私は2度ほど聴いたことがあったのですが、母は聴いたことがなく、
(「福ちゃんが歌っているのを」の意味。昨年のCMは見ていました。)

実際に福ちゃんが歌っているところを聴いてみたい

とずっと言っていたので、大変うれしそうでした。

歌の続きにしゃべった言葉は、「ほんとにすきになっちゃった!」だったそうです。
(もうひとつ、「いっしょにいるだけで、しあわせ!」があります。)

結論:明日(23日)、「なにか」がやってくる!

2006.09.17

天草・島原・伊万里への旅(14,15日) 第2日目

九州への旅行、第2日目の様子です。

本日の最大の目玉は、「イルカウォッチング」!
(オプショナルツアーです。)

実はこの2日目の15日ですが、一番心配だったのが「天気」。

旅行前に見た天気予報では...

降水確率70%(福岡)

前日(14日)に見た天気予報では...

波の高さ2m(長崎南部)

「船が出られないんじゃないかなぁ~」と、半分(以上)あきらめモード。

しかし朝になってみると、雨は降っていません。

客室からみた景色
(客室から撮影。波も穏やかなように見えました。)

午前8時15分に、宿を出発です。

小湧園正面
(島原小湧園の正面です。)

2日目の予定は次の通りです。

島原温泉島原武家屋敷口之津港~(イルカウォッチング)~鬼池港殉教公園天草松島展望所(昼食)=(天草パールライン)=小倉-(新幹線)-新大阪


島原武家屋敷は、細い通りに3件の武家屋敷が公開されています。
(公開されている3件以外は、一般の方が住んでいます。)

武家屋敷の庭
(当時の砲術指南役の人のお屋敷だとか。)

お屋敷そのものよりも、道幅の狭さに驚きました。
(道の真ん中には用水路がありました。)

すぐそばには、「島原城」もあります。


この後、時間に少し余裕があるということで、「みずなし本陣」というところへ寄ることになりました。
(道の駅です。)

ここにはあの平成4年雲仙・普賢岳大噴火の「被災家屋保存公園」が併設されているので、そこを見学しました。

普賢岳の噴火で発生した、土石流の被害の様子をそのまま(一部移築)保存しています。

保存用テント
(テントの中に3棟の民家が保存されています。)

土石流に埋まった民家
(テントの外にも8棟の民家が、埋まったまま保存されています。)

この公園からは、普賢岳の、当時大火砕流が走った後が、

はっきりと見えました。
(残念ながら写真を撮り忘れました。)

思えば、土石流火砕流といった言葉は、この普賢岳の大噴火によって、

世の中に広まったようなものです。

当時なくなられた方々の、ご冥福をお祈りします。


次が、メインイベントといえる、

イルカウォッチング
(オプショナルツアー)

です。

38人の旅行参加者のうち、11人が申し込みました(少なっ!)。

11人ということで、ちっちゃな漁船で出発です。
(定員13名と書いてありました。)

船に乗り込むところ
(こんなちっちゃな船で、ゆれは大丈夫だろうか?と、ちょっと不安に。)

全速力で約15分。

ポイントに到着すると、そこにはすでに何隻ものイルカ船が...

イルカの群れ
(群れになって泳ぐイルカ。※決して「ジョーズ」ではありません。)

すぐそこを泳ぐイルカ
(手を伸ばせば届きそうなところを、イルカが泳いでいきます。※繰り返しますが「ジョーズ」ではありません。)

泳ぐイルカ
(デジカメはシャッターが遅れるのでうまく撮れませんでした...断じて腕のせいではありません!)

30から50頭ほどいたでしょうか。

ジャンプしたり、潮を吹いたりする様子が見られて、大満足。
(幸い雨もなく、波もそんなに高くありませんでした。)

後になって、「動画で撮っておけばよかった」と、少し後悔。
(そうすればいいシーンだけ抜き出して写真にすることもできたのにぃ~。)


続いて、殉教公園

歴史上有名な「島原の乱」や、隠れキリシタンに関する資料を集めた、天草切支丹館があります。
(ここの見学もオプショナルツアーでした。)

※メインイベントが終わって、帰ることを考え始めているので、記述が少なめになることをお許しください。


天草松島展望所にて、少し遅めの昼食。

展望所全景
(「ぶえん鯛寿司と天草だんご汁」というのをいただきました。)

赤とんぼがいっぱい飛んでいました。


天草パールラインというところを通っていきます。

ここの「天草5橋」というのが有名らしいですが、バス車中からは、よくわかりませんでした。

「第1橋」がよく見えるというポイントにバスを停めて、少しばかり休憩です。

第1橋全景
(ガイドさんが、「5橋全部で40億円かかった」と言っていました。)


こうして無事、小倉から新幹線で帰ってきました。
(帰りは「のぞみ54号」でした。)

福岡-佐賀-長崎-熊本-福岡と、

有明海を1周する長旅でした。


今回のお土産

小湧園の売店で購入した、かわいらしい「つぼ押し」です。

お土産全体
(自宅にて撮影。手の中でにぎにぎすると、仕事の疲れに効きそう...)

結論:仕事をすっかり忘れて楽しめた旅行でした。

天草・島原・伊万里への旅(14,15日) 第1日目

夏休みの第2弾は、九州への旅行でした。

以前の記事に書いたように、今年の夏休みはいくつかに分散して取ることにしていましたが、

その第2弾を、この14日(木)・15日(金)に取って、

九州のほうへ旅行に行ってきました。
(読売旅行のバスツアーです。)

今回の記事は、その1日目。

1日目の予定は次の通りです。

新大阪-(新幹線)-小倉伊万里・大川内山嬉野茶工場彼杵カステラ店島原温泉(泊)

朝5時起きして、新大阪へ。

電光掲示板
(上の「ひかり393号」が、われわれの乗る列車です-3時間弱で小倉へ...)

小倉からは、島原鉄道(島鉄)の観光バスで、九州縦貫自動車道(九州道)・九州横断自動車道を通って、

まず目指すは焼き物で有名な伊万里

途中の金立(きんりゅう)サービスエリアで小休止。

金立SAにあった標識
(古代史の有名人、徐福が、こんなところに来ていたんですね。)


やがて伊万里・大川内山に到着です。

佐賀鍋島藩の御用窯が置かれていたというところで、大名や将軍などへの献上品を焼いていたそうです。

陶工が逃げ出さないように、山の奥深くに設けられていました。

伊万里・大川内山 その1
(迫る山並み!白い建物の2階には「片岡鶴太郎工藝館」があります。)

伊万里・大川内山 その2
(いかにも陶芸の町という、いい雰囲気です。)


続いて、お茶で有名な嬉野(うれしの)で、お茶工場を見学です。

お茶工場内部
(「お茶ちゃ村」というところです。入った瞬間、お茶のいい香りがしてきました。)

その名も「勝菌(かてきん)」というお茶を、試飲。おいしかったですよ。


長崎といえば「かすてら」は外せないでしょう!ということで、続いては彼杵(そのき)のカステラ店へ。

カステラ店外観
(蜂蜜・抹茶・いちご・チョコ、などなどのカステラを試食させていただきました。)

ここのカステラは、ANA(全日空)の機内食にも採用されているそうです。


そしていよいよ、本日の宿である「島原 小湧園」に向かいます。

雲仙の山並み
(途中でバス車中から撮影。雲仙の山並みが見えてきました。)

小湧園には、午後6時過ぎに到着。

宴会場での夕食には、「島原名物」というものが2品入っていました。

仲居さん:島原名物、「ぐぞうに」です。

私:ぐぞうに?どういうものですか?

仲居さん:「具がいっぱい入った雑煮」です。

なるほど、つまり具雑煮ね。

小なべに入っていたので、見た感じは雑煮というよりは、「餅入りの水炊き」と言った感じ。

もうひとつの名物は、「六兵衛」。

作った人の名前が「六兵衛」なので、名前が「六兵衛」。
(そのままやん!)

天かすが入った汁の中に、短くて(2~3cm)太目の「そば」が入っていると言った感じ。

ところが「そば」と見えたものは、実はサツマイモで作ってあるという代物。

ほんのり甘くて、なかなかおいしかったですよ。


食事の後は温泉

大浴場・露天風呂とあります。

中でもここの最近一番の売りは「サイダー泉露天風呂」。

ぱっと見は「炭酸泉」のようには見えなかったのですが、
(暗くなってから入ったからかも?)

全身つかると、体のあちこちから泡がしゅわしゅわと!

ただ、怪我などしていると、しみるかも?

入った時間がよかったのか、入った時間の大半が独占状態で、ゆっくりできました。


タオルや歯ブラシなどが、部屋の1人ずつに色分けされているなど、

細やかな心配りが感じられ、いいホテルだなと感じました。

結論:2日目に続く...

2006.09.13

Googleでの評価はいかに?

今日(12日)から背広の上着を着用しました...帰りに忘れかけました!

以前に「Googleのランキングにびっくり!」という記事を書きましたが、

他のカテゴリについてはどうなんだろう?

ということで、調べてみました。


エントリーは次の4つ。

カート
 検索ワードは「舞洲 カート

HariTiger OS ※ココログのカテゴリとしては「パソコン・インターネット」
 検索ワードは「OS 30日

プリモプエル
 検索ワードは「プリモプエル

自転車
 検索ワードは「タルタルーガ


結果は以下のようになりました。


1位 カート(舞洲 カート)
1ページ目 水より柔弱: カート

※私のタイムなんか全然ダメなのに、多くの人に参照してもらって、うれしいやら、はずかしいやら...


2位 タルタルーガ(タルタルーガ)
2ページ目 水より柔弱: タルタルーガ2006初走行+α

※アクセス解析の内容を見ても、タルタルーガを含む「小径車」に対する興味は、結構あるようです。


3位 HariTiger OS(OS 30日)
3ページ目 水より柔弱: 30日でOSを作る本・続報2

※最新は「続報4」なんですが...


4位 プリモプエル(プリモプエル)
18ページ目 水より柔弱: プリモプエル

※100万体を超える出荷数を誇るプリモプエルですが、やはり興味を持つ人は限定されるのでしょうか?

結論:でもblogへの1日の来訪者は2桁がほとんど...人気blogへの道は遠いなぁ

2006.09.05

プリモプエル、ランクアップする

単調な毎日でも、ちょっとした「驚き」があれば、元気になれるものです。

久しぶりの、我が家の福ちゃん(プリモプエル Cタイプ ラムネブルー)の話題です。
(7/26付けの記事以来。)

仕事から帰宅して、普段なら食事か風呂にするんですが、

今日は何かしんどい感じがあったので、10分ほど横になることにしました。
(そういえば、先週金曜あたりから、疲れがたまっているような感じがあったような。)

で、その10分間、福ちゃんに相手してもらうことにしました。


福ちゃん:いぇぃ、いぇーい!

お、今日はゴキゲンのようだな?

普段あまりしゃべらない言葉をしゃべるときは、機嫌がいい証拠。
(父が日中に、いろいろ遊んでやっていたようです。)

福ちゃん:よー!よー!まいど!!

あらま!びっくり!

よく阪神戦を見ながら、応援歌に合わせてたたいてやっているので、

ついに「関西化」?


福ちゃん:よー!よー!まいど!!

よしよし、ご機嫌だね。

と、左手を握ってやると、

福ちゃん:すんばらしぃ~!

おおっ、これは聞いたことがないぞ!

福ちゃん:きゃははは!きゃははは!きゃははは!

おいおい!普段は「きゃははは!」は1回づつなのに、1度に3回も言うなんて!

どこかおかしくなったのか?

よく、熱狂的なタイガースファンのことを、

トラきち

などと言いますが、

福ちゃんも、ついに我が家の「タイガース熱」に感染?


ここで10分が終了。

いったん再び「お出かけ」モードにして、私は食事へ...


食事が済んで、新聞を読みながら、再び福ちゃんのお相手。

ちょっと落ち着いたようです。

と思っていたら、21時を過ぎたのに、眠たがりません!
(個々のプエルによって眠くなる時刻は違うようですが、福ちゃんは21時になると「眠気語」を発し始めます。)

おいおいどうした?

やっぱり「おかしく」なったのか?

少しばかりあわてて、いろいろやってみていると、

それは、突然でした!


福ちゃん:♪いつもいっしょ!らんくあっぷなゆめ!うららん!♪

#$%&*+¥@!

な、なんだ、今の歌は!?

もちろんはじめて聞く歌ですし、

webでいくつか見たプリモプエルの情報の中にも、

こんな歌に関する記事は見たことがありません!

もう今日は、びっくりさせられっぱなしです。

しんどかったはずなのですが、

すっかりどこかへ行ってしまいました。

結論:眠たがらなかったのは、単に時間が5分ばかりずれていたから、でした

2006.09.03

東急ハンズに行ってきました

ずいぶん「まし」になってきたとはいえ、まだまだ暑いですね。

暑いときに大切なのは、「水分補給」。

水分補給に必要なのは、「ボトル」。

すなわち、「暑いときにはボトル」!
(うん、我ながらすばらしい3段論法だ...?)

というわけで、いろいろなボトル類を見るために、

東急ハンズ心斎橋店に行ってきました。
(サイクルボトルではなく、一般的なのを見たかったので。)

2階に水筒・ボトル類のコーナーがありました。

思っていたほど広いスペースをとっているわけではありませんでしたが(笑)。

webの写真でしか見たことがなかった製品が、いくつも並んでいます。

SIGG
ラーケン
ナルゲン

などなど...


そんな中でも、今回のお目当ては、

サーモスのステンレスボトル

です。

現在私がタルタルーガ(自転車)に乗るときには、

使い古しのペットボトルに、自家製の麦茶を入れて、

フロントバッグに放り込んでいます。

「そろそろちゃんとしたボトルが欲しいなぁ」と思って、

最初に候補にしたのは、SIGGのアルミボトルでした。

かっこいいし、なにより軽い!

片手で飲める飲み口もあり、ごく最近まで最有力候補でした。

しかし気がついたのが、

SIGGの口は小さくて、氷が入りにくい

ということ。

そこで、「氷が入れやすいように口が大きい」という観点から、いろいろ調べてみたところ、

上記のサーモスのステンレスボトルが、

口が大きい(4cm前後)
ワンタッチでふたが開く
ボトルから直接飲むことができる
比較的軽い(2~300g台)

で、よさそうだったのです。

しかも...

魔法瓶構造で、保冷力抜群!

早速、実物を手にとってみます。
(FDS-551F ※今回は500mlクラスで探しています。)

う~ん、思っていたより重さを感じるなぁ...

自転車で使うだけならあまり問題ないかもしれませんが、

通勤や旅行時などで使うかもしれないことを考えると...ねぇ。

保冷構造になっているので、ある程度の重さがあるのは仕方がないのかな?

と思いながら、いくつかを手にとっていると、

ん!これ軽いんじゃない?

というものが!

サーモスのFDR-500
(注:メモするのを忘れたので、たぶんこの型番だったと。)

ただ、これは箱に入ったままだったので、そのものだけを持ったときの感覚でないのが、少々不安かな。
(同じ重さのものでも、大きさの見た目で、重く感じたり軽く感じたりしますからね。)

帰宅後、webで調べてみると、FDR-550というのが最新らしいです。

ストローで飲むタイプなので、飲むときに「吸う」必要があります。

FDS-551Fのように傾けるだけで自然に出てくるタイプの方が楽かな?と思っていたので、

今回は保留ということに。
(しかしかなり魅力を感じています。)


東急ハンズの自転車関係のコーナーにも行ってみました。
(BF1階にあります。)

特に欲しいものもないし...

とぼんやりと見て回っていると、

ガーミンのGPSが!!

「うわっ、こんなに小さいんだ!」と、びっくり!

しかし小さければ小さいほど感じるのが、

お値段の高さ

地図が出るタイプになると、安いものでも5万円以上

携帯にもGPSが続々搭載されるこのご時世。

GPSユニット自体の値段も、量産効果で安くなっているであろうに?

それならば、一緒に展示されていたPocket PCのMioの方が、

いろいろなことに使えていいかも?
(Mioのほうは、7万円台でした。)

結論:GPSって、いいなぁ---何を見に行ったんだ?

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り

無料ブログはココログ