ブログパーツ Twitter

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006.08.31

爆走!珍走?ブラックマヨネーズ

朝日放送さん!3週も待たせるなんて...

舞洲インフィニティーサーキットがTVで紹介されます。

朝日放送(ABC)の「ビーバップ!ハイヒール」(23:17~24:17)です。

舞洲のスタッフさんからは、最初「8月10日」と聞いていたのですが、
(TV局のスタッフからそう聞いたそうです。)

8月10日・・・違う内容
8月17日・・・また違う内容
8月24日・・・またまた違う内容

で、今日(8月31日)です。

新聞のラ・テ欄の内容を見る限り、今日こそは放送されそうですが...

(この続きは放送後に)


えー、無事放送されました。
(5分ほどだったけど...)

ブラックマヨネーズの「ブツブツのほう」(吉田)が、


小学生を相手にして、


見事に!


完敗していました。

3周勝負で20秒もハンデをもらっていたにもかかわらず...です。

相手の小学生というのが、11戦10勝という、まさにチャンピオンですし、

ブラマヨの吉田のほうは、「カートは初めて」と言っていたので、

まあ仕方ないんですけどね。


でも、もしかして...

私が走っている様子を外から見たとしたら...

ブラマヨ吉田と、

大差なかったりして!?

結論:後生恐るべし!

2006.08.26

世界に広げよう!TOMOだちの輪!

TOMO(Tartaruga Owner's Meeting in OSAKA) 3に参加してきました。

とりあえず「スレッド確保」ということで...詳細は後ほど。


体力も回復したので(笑)、詳細です。

まず、「TOMO」を知らない方のために、説明を少しばかり。

TOMOとは、

Tartaruga (タルタルーガ)
Owner's (オーナーズ))
Meeting (ミーティング)
in OSAKA (イン 大阪)

の意味で、私も乗っている「タルタルーガ」という自転車のオーナーが集まって、

交流を深めようというイベントで、今回が3回目です。
(日経新聞の取材のために臨時に開かれたものを含めると、4回目。)

私は今回が初参加となります。

※TOMO関係の過去記事はこちら
TOMO1
TOMO 日経 (注:記事中ではこれをTOMO3と言っています)


で、今回のコースは、次の通り。

北浜LORO~大川~毛馬こう門~なにわ自転車道~モスリン大橋~猪名川自転車道~伊丹スカイパーク~中津 大阪はなび

TOMO3走行図
(mixiのタルタルーガコミュニティより引用 ※クリックすると拡大します)


で早速その模様を...


と思ったのですが、


私は都合で、最後の打ち上げにしか参加できませんでした(泣)。

「大阪はなびに、17時くらいには」ということだったので、おそらく多少は遅れるだろうと想像して、

17時を10分ぐらい過ぎたころに打ち上げ場所の大阪はなびに行ってみると、
(もちろん事前に地図で場所を何度も確認-自称方向音痴)

みなさんもうすでに盛り上がっていました。

皆さんのタルタルーガ(等)
(50km(推定)を走りきってきた、みなさんのタルタルーガ(+その他)です。 ※クリックすると拡大します)

打ち上げ参加者は私を含めて9名。

年齢構成は、下は30台前半から、上は??台まで。

それにしてもタルタルーガ乗りのバイタリティーはすごい!

とても50kmも走り終えてきたばかりには見えません!!

座りづらいはずのビールケースをいす代わりにしているにもかかわらず、

楽しい話は尽きることがありませんでした。


やがて、まったく走っていない私の方が先にダウン。

21時半前で先においとまさせていただきました。
(あの様子では、22時も余裕で超えて行ったのでは???)
※追記:23時半まで続いたそうです。

次回のTOMO4には、なんとか時間を作って、走れるようにしたいものです。
(しかし50kmとは...)

結論:これからいい季節になることだし、エンジン(脚)を鍛えておかなくっちゃ!

2006.08.25

新Item到着!第2弾!

お盆明けに注文していたItemの第2弾が到着しました。

新Item(袋入り)
(なに?かな? ※プリモプエル風に...)

袋から出して、展開すると...

新Item(展開後)
(PACE-WEARのVメッシュサイクリングキャップ、です。)

前回のポタリングの記事には書かなかったのですが、実は、

あやうく熱中症にやられるところだったのです
(念のために濡れタオルを首に巻いていったにもかかわらず-コンビニのアイスに救われました。)

「やはり直射日光を防ぐアイテムが必要だ」というわけで、

汗もよく吸うらしい、このメッシュキャップを購入しました。
(「サイクルベースあさひ」にて購入。)

このキャップを、つばを後ろにして、ヘルメットの下にかぶるつもりです。
(首の後ろが暑くならないようにするため。)

実物をかぶってみると、「サイズフリー」ではありますが、
(ゴムで周囲が伸び縮みします。)

私には少々きつめな感じ。
(+少々派手、かも?)

まあそのうち、ゴムが伸びて、いい感じになることを期待しましょうか。

結論:TOMO(Tartaruga Owner's Meeting in OSAKA)3まで、あと1日...

自転車に乗れれば、ヘリもOK!?

秋来ぬと目にはさやかに見えねども...

今朝の大阪の最低気温は24度

思わず「エアコンを消し忘れて寝てしまったのか?」と思ってしまったほどでした。


で、いきなり閑話休題。

本日の話題はこちら!

自転車感覚で乗れる1人乗りヘリコプター

スペックに関する部分を引用すると、

> 樹脂製のベンチに長さ4mのローターが2本付いただけで、窓はおろか、操縦者を囲うボディすらない、まさにパーソナルなヘリコプターである。
>
> 航空局の許可さえ取れば、無免許で操縦が可能なのが最大の特徴だ。スペックは最大高度1,000m、時速は90km。連続飛行時間は30分。実際には、法規制により、高度5m、時速10km程度の飛行が可能という。
>
> 2枚の羽は回転方向が逆に設定されており、バランスを保つようになっている。動力は、羽の根元に125cc 2気筒水平対向のエンジンを4基搭載。燃料にはレギュラーガソリンを用いる。

おー、なかなかの性能です。

操縦の難易度については、記事によると、

> 2時間ほど練習すれば操縦できます。自転車に初めて乗るときと感覚的には近いでしょうか

とあり、子供のころに「将来の夢」として「ヘリコプターの操縦士」と書いた私には、

夢を実現できるビックチャンス到来!?


なお、気になるお値段のほうは、3,780,000円

ああ、夢が遠ざかっていくぅ...

結論:TOMO(Tartaruga Owner's Meeting in OSAKA)3まで、あと2日...

2006.08.24

アクセスカウンタがつきました

最近「アクセス解析」の結果に一喜一憂している、今日この頃です。

そんな中に、新たな武器が加わりました!

アクセスカウンターです。

いやー、どんどん進歩しているようで、うれしいですねぇ。

でも、初期値を設定していないのに、3900台が表示されて、びっくり!

結論:TOMO(Tartaruga Owner's Meeting in OSAKA)3まで、あと3日...

2006.08.20

ワイヤーロックを買いました

先日予告した「備品」の第1弾が到着しました。

ブリヂストンのワイヤーロック、WL-AD70Sです。

ワイヤーロック全体
(「自転車のトライ」にて購入。※クリックすると拡大します。)

「えっ?YPKセーフマンじゃないの?」と言われるかもしれません。

YPKのケーブルロックはいずれ購入するつもりですが、

今のところ自転車を長時間止めるような予定がないので、

短くても頑丈なもの

を基準に選びました。
(特にワイヤーの素材がステンレスという点が気に入りました。)

これで現在の貧弱なケーブルロック(ホームセンターで購入)にひやひやせずにすみそうです。


で、実際に手にしてみて、webではわからなかった点をいくつか。

・重さは約280g
(なんでどのサイトでもロックの重さを表示していないのだろう?)

・ロックを解除すると、キーが本体から外れない

・差込口の部分(写真でブルーの部分)が回転する


ただ、ロックを自転車本体に取り付ける手段がありません。

フロントバッグに入れてしまうのもひとつの手ですが、

それでは施錠が少々面倒になります。

この点だけなんとか解決しないと。

結論:近日中に「第2弾」が来る!かも?

2006.08.17

夏休みだ!カートだ!激突だ!?

やっと夏休みが取れました。

日数は1週間(実質5日)ですが、いっぺんに取ると仕事に支障が出る恐れがあるので、

8月中に17・18日の2日間、

9月中に残りの3日間(これも1+2日に分ける予定)、

に取ることになりそうです。
(9月の予定はまだ未確定。)

というわけで、今日はうれしいうれしい夏休み第1日目

舞洲インフィニティーサーキットに行ってきました。

前回が5月4日だったので、またまた3ヶ月以上も間が開いてしまいました。

前回は「1時間待ち」といわれるくらいの混雑でしたが、今日はどうなのか?

舞洲インフィニティーサーキットのブログ」によりますと、

> お盆期間に入り、昼間は混雑していますが (以下略)
(8月15日の記事より)

今日(17日)は、まだ「お盆期間」なのかどうか?

台風(10号)が接近中なので、みんな敬遠するんじゃないだろうか?

などといろいろ考えながら、出発。

JR桜島駅から「舞洲アクティブバス」で走行中に雨がぱらぱらと...
(幸いすぐにやみましたが。)

最寄の「ロッジ舞洲前」に着いたときには、空にはどんよりとした雲が広がっていました。

怪しい空模様
(やはり台風の影響か...)

「込んでいませんように」と思いながら、着いてみると、

サーキット全景
(写真ではわかりにくいですが、客は誰もいません-写っているのはスタッフ。)

ほとんど貸しきり状態。

スタッフの人に尋ねてみると、「昨日までは込んでいた」とのこと。

他の人に気兼ねせず、思いっきり走れます。

1回目、10周スタート!

どこかで聞いた

「カーブ時に車体の外側に体重をかけて、内側のタイヤを浮かすようにすると、コーナーを速く回れる」
(手漕ぎボートで方向を変えるときに、曲がる方向と反対側をかくのと同じ原理、らしい。)

を意識して走ってみます。
(実際に浮いたかどうかは...定かではありません。)

前回はバックストレートを全開ではいけなかったのが、今日は全開にしても怖くありません。

でも1度だけ、連続コーナーのところで後輪がズッと滑るのが感じられ、そのときはドキッとしました。

さて、問題のタイムはどうなのか?

1回目のタイム
(3周目の41.77秒は、自己新記録!)

でもライセンスを取るには33秒台が必要らしく、まだまだです。

スタッフの人いわく、

「コーナーを小さく曲がろうとしすぎている、もっとコース幅を使ったほうがいい。」

ということだったので、2回目はスタッフの人に先導してもらって、ラインを覚えることに。

2回目、10周スタート!

いきなり1周目から、「えっ、こんなところ走るの!」とびっくりするようなライン取り。
(基本はアウト-イン-アウト。)

必死にラインをトレースします。

スタッフ車は、しばしば後ろを振り返って車間を確認してくれるので、ぶっちぎられることはありません。

しかし5か6周目で、腕の力が入りにくくなっていることに気づきました。
(3ヶ月ぶりですし、普段あまり腕の力を使うようなこともしていませんから。)

なんとか必死にハンドルを操作します。

そして最終10ラップ目。

最終コーナーの1つ前のコーナーで事件は起こったのです!

ゴールラインのところにチェッカーフラッグを持つスタッフの姿がちらりと見え、

「やったー!最後まで持った!」と思った瞬間、

両腕にはハンドルを回しきるだけの力が残っていませんでした。

「やばい!曲がりきれない!!」

「無理に曲がろうとせず、減速してまっすぐタイヤバリアに突っ込もう」

で、その通りに。

減速が幸いして、少々タイヤバリアを押し込んだ程度で済みました。

手を上げてスタッフに合図。

スタッフの操作でタイヤバリアを無事脱出。

他の人がクラッシュするのは見たことがありますが、自身では始めて。

で、その2回目のタイムがこちら。

2回目のタイム
(左の列が私、右の列が先導したスタッフのものです。)

新記録、とはいきませんでしたが、ラインを覚えるための走行だったので、まあいいかな。

それよりもびっくりしたのが、「Today's best laptimes」欄。

本日のベストタイム欄
(1位と2位に私の名前がぁ!!!)

といっても、私と一緒に走ってくれたスタッフの分を除くと、私以外にはあと1人しかしないので、

ぜんぜん自慢にはなりませんが。

で、ここらで腕も限界なので、退却ぅー。
(またまた「やわらか戦車」風に。)


おまけ

帰りに、京阪特急ダブルデッカー(2階建て車両)の、2階部分にはじめて座れました。

2階窓からの眺め
(2階席窓から撮影。写真ではわかりにくいですかね。)

結論:やっぱり少しずつでも進歩の実感があると、がんばれるタイプです。

2006.08.13

Googleのランキングにびっくり!

暑い!+サイコンのケーブルが切れたまま!なので、ポタリングをサボってしまった...
(TOMO3も近いのに、何やっているんだか。)

この8月から始まった、ココログ・ベーシックでの「アクセス解析」。

検索ワード「タルタルーガ」で、このサイトを訪れてくださる方が、結構いらっしゃるようです。

そこで何気なく、Googleで「タルタルーガ」で検索してみました。
(Googleからこられる方が、最も多いようなので。)

以前ならこのサイトは、20から30何ページ目ぐらいに表示されていたのですが...


なんと!


びっくり!!


玉手箱???


2ページ目に、このサイトが表示されているぅ!!!
(水より柔弱: タルタルーガ2006初走行+α)

いかん!これからは、もっと気合を入れてタルタルーガの記事を更新しなくては!

とりあえずお盆の時期を過ぎたら、いくつか備品を購入するつもりなので、

レポートさせてもらいますね。
(お盆の時期はネットショップも休み。私の夏休みは...いつ?)

結論:全国的に熱中症注意報、発令中!

2006.08.05

Project HariTiger OS・続報4

全国27億4千万人(主催者?発表)のご要望にお答えして!

記事のタイトルも刷新して、いよいよ発表です。
(以前のタイトル:「30日でOSを作る本」、ですね。)

最新の画面
(注:画像は縮小しています。実サイズ640×480。)

縮小された画像だとわかりにくいかもしれませんが、

画面の右下に見えるウインドウは、その名もズバリ

タスクビューワー(taskviewer)

です。

文字通り、現在実行中のタスクを表示する(だけの)ウインドウです。
(1秒ごとに表示を更新させています。)

そのタスクビューワー部分を拡大させたのが、こちらです。

タスクビューワーの表示内容
(現在7つのタスクが動いていることがわかります。)

それぞれのタスクの意味合いは、次の通り。

1.System
 システムのメインのタスク。

2.System Idle Task
 何にもしない(Haltしかしない)タスク。

3.Keybord
 押されたキーの内容を解釈するタスク。

4.Mouse
 マウスの操作内容を解釈するタスク。

5.TaskMenu
 「タスクメニュー」部の操作用タスク。

6.System Clock
 時計表示用のタスク。

7.Task Viewer
 タスクビューワー用のタスク。

これらのうち、前回の記事の時点から新しく作成されたのは、

3・4・7

です。

これからも機能をどんどん「別タスク化」していきますよ。
(あくまで、予定です。念のため。)

そしてそれらのタスクをカーネルモードではなくユーザモードで動くようにすれば...

念願のマイクロカーネル化達成!

しかしまだカーネルモードとはいえ、キーボードとマウスを別タスク化してびっくりしたことがあります。

ウインドウをたくさん作ってもマウスの反応がカクカクしにくい
(これは予想外でした。)

現在のHairiTiger OSは、マウスをクリックしなくても、

マウスポインタがどのウインドウの上にあるかを常に監視させています。
(ポインタがクローズボタンなどの上に来たときに、ボタンの色を変える処理のため。)

そのためか以前のバージョンでは、コンソールを6~7個表示させた状態で、

マウスポインタを左右にすばやく振ってやると、

ポインタの動きがカクカクするように見えていました。
(エミュレータQEMU上での話です。)

しかし、別タスク化した後では、

同様の条件下でも、明らかにポインタの表示がスムーズ!
(多少はカクカクしていますが、違いははっきりわかります。)

おそらく別タスク化したことで、マウスの位置情報をより頻繁に取得できるようになったためでしょう。

・旧
1.マウスの位置情報がメインのメッセージループに取得される
2.位置情報の内容を解釈する
3.表示を更新する
4.メッセージループに戻る

・新
1.マウスの位置情報がメインのメッセージループに取得される
2.マウスタスクに情報を渡す
3.メッセージループに戻る

数字だけ見るとわずか1つの違いですが、処理量としては雲泥の違いがありますからね。

「では今度は何を別タスク化?」

といわれるかもしれませんが、

これからの課題はずばりマルチタスクシステムの改良です。

あまり大きなことを先に言ってしまうと、後で笑われかねないので、詳細は略しますが、

これがうまくいけば、ある意味「某OS(Wで始まるやつね)」にも負けないものになる?かも。

結論:どなたかいいバージョン管理ソフト知りませんか?


・2014年2月20日 追記
雌伏○年を経て、「眠れる虎」が今目覚めます!
2014.02.20 Project HariTiger OS、再起動

2006.08.03

祝!アクセス解析開始!!

私が利用しているココログベーシックに、ついにアクセス解析が導入されました!

導入当日の突然の発表には、びっくりさせられました。

早速ちょっとのぞいてみると...

おっ!予想していた以上の訪問者の数!!
(昨日(8/2)の実績で40人以上)

しかしなんといってもびっくりしたのは、記事別のランキングです。

なんと、HariTiger OS関係の記事が1・2位を独占!

1位:30日でOSを作る本・続報3
2位:30日でOSを作る本・続報2
3位:自転車 (カテゴリー指定?)

このところすっかりご無沙汰してしまっているHariTiger OSの記事ですが、

現状だけでもがんばって記事にしないといけませんね。

では夜も遅いので、退却ぅー。
(またまた「やわらか戦車」風に...)

結論:仕事で「バタンキュー」(死語)にさえならなければ...近日公開?

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ