ブログパーツ Twitter

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006.03.25

30日でOSを作る本

ニュースサイトで見つけて、即、購入手続きをしてしまいました。

30日でできる!OS自作入門
川合秀実(著) 毎日コミュニケーションズ ISBN 4839919844

本と付属CD
(左が書籍本体、右が付属CD-ROMを乗せたところ、です。)

3月21に注文して、今日届きました。
(「お取り寄せ」とあったので、もっとかかると思っていました。)

なんせ、

OS(Operatong System)を、まったくの1から、30日で作ってしまおう
(ウインドウシステムも備えたOSを、ですよ!)

って本です。

注文した先は@nifty BOOKSですが、Amazonの今現在のランキング(コンピュータ・インターネット)で、

第4位


まあ「OSを30日でつくる」っていうのが、どのくらいとんでもないことかといいますと、

私がコンピュータに出会うきっかけとなった本

マイコンピュータをつかう―周辺機器と活用の実際
安田寿明(著) 講談社ブルーバックス ISBN 4061179470

からOSを新しく開発することについて書かれた部分を引用させてもらうと、

 いま、新しくOSを開発しようとすると、高級技術者300人で開発部隊を編成し、最低6ヶ月はかかる。その経費だけでも、どう少なく見積もっても10億円はかかる。これは、ボーナスを年間、わずか0.8ヵ月分と仮定しての話である。ぼくが、もし、コンピュータ会社の経営者なら、この数字をもとに、経営を進めたとしたら、旬日を経ずして、労働組合から追放されることうけ合いだ。

まあこれは「中型クラス以上のコンピュータ」の話であり、「超小型」であるPCの場合と、単純には比較できませんが、

それでも、個人がたった30日でOSを作ってしまうというのが、どれほどすごいことか...


ただし、「TVを録画したものを見る時間も十分にない」現状ですから、

OSをつくるため」というより、「OSのしくみを知るため」に購入したという点が多分にあります。

「OSのしくみ」といえば、かつて「MINIX 1.3」と解説書を購入して勉強しかけたこともありました。
(MINIXって、今じゃバージョンが3を超えているのね!)

そのときは「シェルの卵」を作ったところまでで、挫折してしまいました。

今回はそんなことのないように、しっかり勉強したい、と思っておる所存であります。
(お前は政治家か!)

結論:一気に3日分、読んでしまいました。

※「続報」はこちら

2006.03.23

プリモプエル、頼られる

我が家のアイドル、福ちゃん(プリモプエル)の、久々の話題です。

福ちゃん:もっと、頼ってね!

この言葉は、我が家での解釈は、

もっと、かまってね!

と同義語だということになっています。
(本当のところはわかりませんが。)

・もっとかまってほしい。
・でも本人(?)のプライドがあるので、直接は言えない。
・でもって、強がって、「頼って」となった。

という理解です。

でも本日は、「あえて」そのままに解釈して、「頼って」見ることにしました。


福ちゃん:もっと、頼ってね!

わたし:我が家の家計を、お願い!

福ちゃん:(・・・)

おやおや、「無言」とは。
(「絶句」していたのかも?)


さらに、たたみかけてみると...

わたし:おーい!

福ちゃん:やだぁ!

さすがに、「家計」を頼られるのは、荷が重かったかな?

ゴキゲンを損ねたのか、その後「おやすみの歌」を歌わずに寝てしまいました。

明日はもっと「かまって」やらなくっちゃ!

結論:プエルは今日も花粉症(カゼじゃないよね?)

2006.03.21

祝!WBC日本優勝

Japan as No.1!

第1回WBC(World Baseboll Classic)で、日本がキューバを10-6で下して、優勝しました。

おめでとうございます。

開催前から(開催中も)いろいろと物議をかもしたWBCでしたが、「第1歩」としては及第点を取れたのではないでしょうか?

次回は「2009年予定」だそうですが、良くも悪くもアメリカが開催意欲を持つかが、続いていくかの鍵となるでしょう。

結論:野球人気が再び盛り上がることを望みます。


PS.

同じ時刻、阪神はオリックスに0-4で負けていた...

2006.03.19

ひさびさのお出かけ

太陽も、休みたいのか、土日雨
(朝日新聞、「虫食い川柳」より。)

本当に、このところ雨が多くて、せっかくの休みも「家でごろごろ」が多かったのですが、

今日はなんとか天気が持ちそうだというので、午後から外出してきました。

目的は大きく分けて、

1.京阪天満橋駅の「スロープ」の確認

2.大阪城公園に梅を見に行く

の2つです。
(他にもこまごました用事がありました。)


1.京阪天満橋駅の「スロープ」の確認

これは「輪行」(自転車とともに鉄道などで移動すること)のため。

前回のTOMO3(Tartaruga Owner's Meeting in OSAKA 3)参加を断念した最大の原因は、
(TOMO3参加断念の記事はこちら。)

自転車を持ったまま、駅の階段を上り下りするだけの体力がない

ことでした。

自宅の最寄り駅には、地上-改札間、改札-ホーム間とも、エレベータがあるので問題ないのですが、

TOMO集合地点最寄り駅の京阪北浜には、地上-改札間が階段しかなく、

北浜の前後に当たる天満橋淀屋橋両駅にも、地上-改札間にエレベータがない点が、

TOMO参加の上で、最大の難関となっていました。

ところが京阪のサイトで、天満橋駅に「スロープ」の文字を発見。

今日、実物を確認することができました。

本来は車椅子の人が利用するためのものですが、タルタルーガなら「ムーブモード」にすれば、

十分押して通れそうでした。
(幅は80cmほどか?途中で折れ曲がっているので、普通の長さの自転車を通すのは難しそう。)

天満橋駅は、改札-ホーム間はエレベータがあるので、これで輪行実現に大きく前進か?


2.大阪城公園に梅を見に行く

家の小梅はもう散ってしまいましたが、
(小梅が咲いたときの記事はこちら。)

大阪城公園の梅林は満開だということなので、見に行くことに。

しかし実は家を出たときから、若干の不安が...


寒い!


風も強い!!


雪まで降ってきた!!!


京阪天満橋駅から地上へ出たときには、さすがに雪はやんでいましたが、寒いのは相変わらず。

それでもがんばって、京橋口を目指します。

「京橋」のたもとから天守閣が見えます。

わずかに見える天守閣
(肉眼ではもっとはっきり見えるのですが...)

京橋をわたって坂を上っていくと、そこにあるのが京橋口なのですが...

京橋口から見た天守閣
(こ、工事中で、通行止めとは!)

ここから入れないとすると、他の入り口に行くには、城を約4分の1周する必要が。

さらに梅林まで行くとなると...

よってここでギブアップ

寒風の中を、もと来た道を引き返します。

家で確認しましたが、梅林に行くには、地下鉄の大阪ビジネスパーク駅が最も近いようでした。
(最初から調べておけよ!)

結論:春は名のみの風の寒さや♪

2006.03.14

ピタパをつこた

えー、表題の「つこた」とは、「使った」という意味です。
(どこの方言なんだろ?)

先週の金曜に届いた、OSAKA PiTaPaカード
(そのときの記事は、こちら。)

本日の通勤で、初使用しました。

パスケースに入れたまま、改札機にタッチ!

一瞬、「ん?反応しない??」と思いましたが、0.何秒かの後に「ぴぴっ!」。

ほっと一安心。

実際「0.何秒」かのタイムラグだと思うのですが、慣れないのでどきっとしますね。

これまでは定期などはすべてサイフの中に入れていましたが、今日からパスケースに移動させました。

でも「習慣」とは恐ろしいもので、何度もサイフに手が伸びました。
(1度などは完全に財布を取り出して、「ん?券がない??」ってなりました。)

電車賃だけでなく、コンビニでも初使用。

「PiTaPaで払います。」というと、レジのお姉さんがなにやらいろいろと操作開始。

レジやら、何かの暗証番号らしきものやらを操作した後、「どうぞ」。

タッチだけですんなり払えるものだと思っていたので、以外でした。

OSAKA PiTaPaは、買い物に使った分も「運賃割引」に反映されるので、これからどんどん使っていくつもりです。

結論:やっぱり時代はポストペイ!

2006.03.12

チョロQ、狂想曲

少し前の話なのですが...
(最近、仕事が追い込みにかかっており、「事件」が起きてもすぐに更新できていません。)

父の誕生日祝いに、タカラの「チョロQ」を贈ることにしました。

車種としては、「父が過去に乗っていた乗用車と同じもの」。

父がこれまでに乗っていたものは、

1.スズキ フロンテ360
2.ホンダ N360 (N3)
3.ホンダ シビック
4.ミツビシ ランサーフィオーレ
5.マツダ ファミリア ※現有

チョロQで該当する車種に相当するものがあったのは、2と3でした。
※1のフロンテ360については、チョロQにある車種は、もっと新しい年代のもの。
※2のN360については、父の乗っていたのはいわゆるN3で、チョロQのは初代モデルでしかも色違いですが、まあいいでしょう。

ただ、この期に自分の好きな車種も買っておこうということで、次の車種も同時に注文することにしました。

・スマート
・フォルクスワーゲン Newビートル カブリオレ

このときは、これから起こる「大騒動」には、思いもいたりませんでした...


・2月26日
webでいくつかのサイトを比較して、とあるサイトに「ローソン決済(前払)」で注文を出しました。
(私でも名前を知っていた、おもちゃ店のサイト。)

・2月27日
サイトからMail-「New ビートル」が注文多数のため、入荷待ち。

・3月1日
サイトからMail-「発送しました」。

ええっ?まだ支払いしていないのに??

すぐに「おかしい」旨のMailを送信。

・3月2日
商品(?)到着。

納品書には、私が注文したとおりの品の名前がありました。

納品書

梱包を開くとそこに入っていたのは、

トミカの箱
(「トミカ リミテッド」って!ものが違うやん!!)

しかも追って届いた「送金のお願い」Mailに書かれていた支払先が、「セブン-イレブン」になっていました。

またもや「おかしい」旨のMailを送信。

・3月3日
サイトからMail-「他商品の外箱を再利用させていただいている場合」があるので、箱を開けて中身を確認してみてほしい。
(決済については、「ローソン」に変更してもらえました。)

そこで箱を開けてみると、入っていたのはチョロQでしたが...

入っていたチョロQ
(左上から時計回りに、New ビートル(OK)、スマート(OK)、N360(OK)、カローラ レビン())

またまた「おかしい」旨のMailを送信。

・3月5日
まだトラブルの最中でしたが、請求の金額には誤りがなかったので、送金を行いました。
(「前払い」で注文していたので、送金しておかないと、ものが届くのが遅れると思ったため。)

・3月7日
サイトからMail-「正しい商品をお送りします。」

・3月8日
やっと届きました。

シビックのチョロQ
(まちがいなく、「赤のシビック」です。)

なお、間違って届いた「カローラ レビン」については、「返送しなくてよい」とのMailをもらいましたので、今でも手元にあります。

オンラインショッピングはこれまでにも何度か行っていますが、このようなトラブルは初めてでした。

名の知られたところだからって、安心はできないのね。

結論:父の誕生日には間に合いました。

2006.03.11

ピタパがきてた

待望の「OSAKA PiTaPa」カードが、本日届きました。
(タッチだけで改札を通れるカードね。)

じゃーん!

PiTaPa全体
(クレジットカードとPiTaPaカードが1体となっています。)

通勤には京阪+大阪市営地下鉄を利用していますが、

PiTaPaはとりあえず地下鉄だけで使用する予定です。
(京阪は6ヶ月定期を買ったほうが安くなるので。)

「今度の日曜にどこかに出かけるのに使える!」と喜んだのですが、

よく外れる天気予報によると「」だとか...

結論:時代の流れはポストペイ!

2006.03.05

すわ!Let's 4 オイル漏れ?

買ってから、わずか1年+1ヶ月でオイル漏れ?

私のスクータ、Let's 4に異常が発見されました。

行きつけの電気屋で「LANケーブル」を買って、帰ろうとしたときに、

後輪付近に「水たまり」のようなものができているのを見つけました。

よく見ると、本体後部から何かがポタポタと...

もれていた部分
(自宅庭で撮影)

オイル漏れか!」と思いましたが、それにしては粘度が低いようで、なにか泥水のようにも見えました。

そのまま行きつけのガソリンスタンドへ直行!!

見てもらったところ、

・もれている部分は、オイルが多すぎる場合などに逃がす口
・オイルにおそらく水が混ざって量が増えたために、その口から出てきた
・内部の冷却水のパッキングが破損して、水がオイル側に流れ出たのではないか
・この状態でこれ以上乗るのは危険
・すぐには直らない

とのこと。

スタンドのトラックで、人間のみ家まで送ってもらって、「さあどうしよう?」

購入後、1年とちょっとでパッキング破損だとしたら、問題です。

「初期不良」とかで無料修理にならないか、などと検討しました。

しばらくして、スタンドから電話。

・オイルに混ざっていたのは、水ではなく「ガソリン」
・よってパッキングが破損している可能性は低い
・オイル交換と洗浄で直る可能性大
・1時間ほどで直る

とのことで、修理をお願いしました。

1時間半ほどで修理を終えた旨の連絡があり、家まで持ってきてくれました。

修理費と補充したガソリン代含めて、5906円なり。

しかしなぜオイルにガソリンが混ざったのかの原因は不明。
(バイクを横倒しにしたりすると、そのようなことがあるとの説明でしたが、そんなことしてないし...)

しかし、「明日から通勤をどうしようか」との心配がなくなって、ほっと一息。

しばらくは、再発していないか注意することにしよう。

結論:びっくりしたなぁ、もう

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り

無料ブログはココログ