ブログパーツ Twitter

« もうすぐプリモプエル1周年! | トップページ | Money2006購入 »

2006.02.11

トリノオリンピック開幕

最近のオリンピックの2年に一度って、せわしすぎるような気が...

といいつつ、ついに始まった「トリノオリンピック」。

楽しみにしています。

とはいえ、開会式は日本時間「午前3時」から。

とても生で見る元気はありません。
(昨晩から、「なんか、だるーい」感もあったことですし。)

夜のNHKでのんびり見ました。

なかなか好感の持てる演出だったのではないでしょうか?

人の集まりで平和の象徴「ハト」を描いたり、

スキージャンパー」を描いた演技には、思わず笑ってしまいました。
(「スキージャンプ・ペア」が正式種目になるのはいつの日か?(笑))

F1が轟音を発して、「爆走」したり...
(「あのタイヤ跡はどうするんだろう?」なんてよけいなことを考えてしまいました。)

でもやっぱり一番ビックリしたのは、「聖火の点火」でしたね。

聖火台は競技場の外にあるのに、点火台は競技場のど真ん中。

点火台にトーチを掲げると、そこから左右に走った花火が、競技場を1周2周、

そしてそのまま炎は一気に聖火台へと駆け上がり、点火。
(五輪史上、最も高い聖火台だそうです)

しかしいろいろ工夫されるのはいいのですが、あれでは本当に「聖火」を点火したことになるのでしょうか?

聖火台にともっている火は、明らかに聖火とは別のものによって点火されていますよね?

バルセロナのときの、「聖火のついた矢で点火」の演出の時も、TVに向かって思わず、

(聖火台に矢が)当たってないやん!

と、突っ込んでしまいましたし...

まあ、選手たちのすばらしい競技をたくさん見られて、大いに元気を分けてもらえるのであれば、

そのような細かい部分は勘弁してあげましょうか。

体調が今ひとつなんだから、寝不足にならないように気をつけなくちゃ。

結論:人を元気にする、スポーツっていいなぁ

« もうすぐプリモプエル1周年! | トップページ | Money2006購入 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もうすぐプリモプエル1周年! | トップページ | Money2006購入 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ