ブログパーツ Twitter

« また、ニュース5題 | トップページ | 口の中が苦い »

2006.01.29

自転車をもっと楽しみたい!

最高気温12度の晴天」となれば、自転車でしょう!

ということで、本日も愛車タルタルーガの出番です。

前回(1/15)と違う点は、

・「スマートチューブ」は使わず
 走りながら水分補給できるのが魅力のスマートチューブですが、
 私の場合「飲み過ぎる」ようなので、
 今回は従来通り「15分ごとに水分補給」でいくことに。

・「B-コンパス」の装着場所決定!?
 ハンドルバーに水平な部分がないので、装着できなかったB-コンパスですが、
 思い切って「グリップ」に付けてみました(最も中央より)。
 きちんと方角も指すし、握る手にも干渉せずいい感じ。

行き先を、「山田池公園」と「北河内サイクルライン」のどちらにしようか、迷ったのですが、

考えている内に、分岐点を「山田池公園」側に進んでしまっており、そのまま決定!

と、そのとき目に飛び込んできたものが...

注意を呼びかける看板
(「まむし」って...こんな所にいるの!)

まあ「気にしない(笑)」ことにして、そのまま山田池公園に向かいます。

やはり「いいお天気の日曜日」だけあって、いつもより人が多い!

「南地区に行けば大丈夫」と進んでいったのですが...

にぎわう南地区
(ひ、人が増えてるぅ...)

うーん、だんだん「よいとこ」であることが、知れ渡ってきたのか?

せっかくの幅の広い道路でも、人をよけるために左右に行ったり来たり。

まあ、小さい子供が周りを見ずに走り回るのは当然なので、それはいいとして、

首ひもを付けていない犬が、突然目の前を横切ろうとしたり、
(飼い主らしき人は、友達とおしゃべりに夢中。)

6・7人のグループが、横一列になって道幅の大半を占拠していたり、
(後ろから「自転車が通ります」と呼びかけても、なかなかよけてくれない。)

絶えず気を遣わなければならず、あまりのんびりすることはできませんでした。

昨年よく行った「北河内サイクルライン」にしても、国土交通省が推進する「大規模自転車道」であるにもかかわらず、

ウオーキング・ジョギングの人が多く、自転車で走るのに快適な道というのには、今ひとつ足りないと思っています。
(枚方大橋以南はまだ行っていないので、そちらの状況はわかりません。)

自転車が、「健康にも良くCO2も出さない乗り物」であることは、皆が一致することでしょう。

年度末が近づくと増える「何のためかわからない道路工事」をするくらいなら、

自転車レーンの整備など、「自転車に乗りやすい町づくり」を進めて欲しいものです。

もちろん自転車に乗る側の人間も、マナーを守った運転をするのは当然のことです。


おっと、話がそれてしまいました。

今回の走行距離は、山田池公園を2周して10.44kmでした。

スマートチューブを使わなかった水分補給ですが、やはりお茶の減るペースが遅いです。

「常にちびちび」より「ときたまゴクン」の方が、満足度が高いような気がしました。

ただ、体への負担という観点からは、「常にちびちび」のほうがいいのかもしれません。

夏になれば、また変わってくるかもしれません。

今回は280mlのペットボトルにお茶を入れていったのですが、行き先をもし「北河内サイクルライン」にしていたら、

間違いなく足りなかったでしょうね。

「北河内サイクルライン」へ行くときは、冬でも500mlペットが必要なようです。

結論:積極的に体を動かして、大いに汗をかこう!

« また、ニュース5題 | トップページ | 口の中が苦い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« また、ニュース5題 | トップページ | 口の中が苦い »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ