ブログパーツ Twitter

« ウッチャン結婚 | トップページ | 阪神大勝!(4月1日...) »

2005.03.28

ナイナイに一票

今話題の「ライブドアvsニッポン放送」。
何人ものタレントの方々が

ライブドアがニッポン放送を買収したら、番組を降板する

と言っておられることについて、あの「ナインティナイン」が異議を唱えたというニュースをyahooで読みました。
(こちら。)

まったく同意見です。

「番組を降板する」と言っておられる方々は、これまでリスナーのためではなく、ニッポン放送の現経営陣のために番組をやってこられたのでしょうか?(そのように言っておられる方もいるようですが。)

しかし、「ホリエモンのやり方は汚い!」とそれらの方々は言われるかもしれません。
確かに、法の隙間をつくようなやり方で、ほめられるようなものではありませんでした。

しかその後に、ニッポン放送・フジテレビが打ち出した、「新株予約権」「フジサンケイグループとの取引中止の予告」などはどうでしょうか?
先日の高裁判決でも指摘されていますが、りっぱな違法行為です。

特に「新株予約権」の件は、経済界の方から、「これが認められたら日本は世界からバカにされる」というようなことを言われるようなものだったのです。
いくら相手の手が「汚い」からといって、それをはるかに上回る「違法行為」が許されるわけはないでしょう。
「番組を降板する」と言っておられる方々は、そのあたりのことはどう考えておられるのでしょうか?

もしリスナーの多くから、

ニッポン放送のために番組を降板して

という要望が数多く寄せられていて、それに応えたというのならまだわかりますが、そうではないようですし。

それにこれだけの話題となったことから見ても、ライブドアが買収することで懸念されているようなことがら(単なるマネーゲームではないかなど)を、買収後に本当にやったとしたら、ライブドア、そしてホリエモンの命脈は尽きるでしょう。
まさかそのことがわからないようなホリエモンではありますまい。

そうすると、彼の言う「放送とインターネットの融合」に本気で取り組まざるをえないわけです。
その行き先を見定めて、「やはりこれはリスナーのためにならない」と判断して、降板を決めてもまったく遅くないはずです。

そうであるはずなのに、それを見定めないうちから番組降板を言い出すのは、やはり「ニッポン放送の現経営陣のために番組をやっていたの?」という疑問を抱かざるを得ません。

ですから私はナイナイの言う「リスナーのために続ける」という態度に、全面的に賛成をするわけです。
今後フジサンケイグループから嫌がらせを受けるかもしれないのに、きちんと自分たちの意見を表明した、ナイナイの勇気をも賞賛します。

がんばれナイナイ!

そして、番組降板を言われた方々の多くが、それを撤回することを望みます。

« ウッチャン結婚 | トップページ | 阪神大勝!(4月1日...) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウッチャン結婚 | トップページ | 阪神大勝!(4月1日...) »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ